fc2ブログ

サイエンスパーク株式会社代表取締役 小路 幸市郎さん(ABS5期受講)Vol.2

今回も引き続き、サイエンスパーク株式会社
代表取締役 小路 幸市郎さん
   (ABS5期受講、今から7年ほど前に受講)

    http://sciencepark.co.jp/

事業内容は、「デバイスドライバー関連の開発」です。
ドライバでの高度な技術力を通じて、企業や社会技術革新を
もたらし、ビジネス機会の創出、新テクノロジー開発、新プロダクト
新サービスの創造に貢献し、これからのマーケットをリードしていく
と思われます。

起業して、11年半たった今、ドライバで情報漏えいを防ぐ
「4thEye」の発想は、国内のみならず、米空軍に認められこれから、
さらに世界に向けて躍進していきそうな企業です。

それでは、
既成概念を打ち破り、突き進む、小路さんのストーリーを紐解こう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q、なぜABS行こうと考えられたのですか?

A、知人に誘われて、サンシャインで開催されていたベンチャーの
  セミナーに機会あって行きました。沢山のベンチャー企業が
  来ていたのですが、あるブースにABSがありました。

創業から4期迎えた当時まで、私は事業計画というものを書いた
  ことがありませんでした。
これから、日本一のデバイスの開発企業を目指すにあたって、
夢をより具体的にする必要があると考えていましたので、
事業計画の書き方を教えくれるというABSの魅力に引き込まれました。
  また、講師の方々が、元マッキンゼー出身の方が多かったので、
  信頼できたということも受講を決めた理由のひとつです。
  
  ------------------------------

Q、実際に受講されてみてどうでしたか?

A、様々なバックグラウンドをもつ受講生がいたのですが、
  特に外資系企業で働いていらっしゃる方のプレゼンには
  驚かされました。今でも印象に残っています。
  
  私の場合は、ほかの受講生と違い、受講と並行しながら、
  会社の経営をやっていたため、講座で習った翌日から、
  実際の経営というところでそれらのスキルを生かすことができました。
   
  また、事業計画の書き方を習ったことは、
  今でも、私の経営に生かされていて、実際に事業計画を何度
  も考え直し、今の会社を作りあげてきたと考えています。
  これから、世界を狙う弊社にとって、この事業計画なしに
  実現は考えられません。

   ------------------------------
Q、話は変わりますが、どうして現在扱われている商品「4thEye」の
  開発をされたのですか?

A、お付き合いのある大学の先生が『情報漏洩の91%は内部犯行だった。』
  という海外のレポートを見せてくれました。
  そのとき、”日本でもそうなるだろうな”と直感し、それを信じて、
  商品開発を進めました。

  作った当初は、
  「お前は馬鹿か!社員を疑うシステムなんか導入できるわけがない、
   組合に何言われるかわからない」
  と言われていました。

  しかしそんな中、ある大手銀行が、採用しくれたんです。
  銀行というのは、もともと行員を疑う文化じゃないですか。
  そして金融庁の指導で、厳しくしろという通達も出ていましたし。
  それで、採用に至ったわけです。

   ------------------------------

Q、その受け入れられにくい土壌で、どうやって今の状況まで
  発展させることができたのですか?

A、ラッキーなことに個人情報保護法が施行されることになった
  ことが追い風になったんです。特に大きなきっかけになった
  のは某ポータル企業と某大手通信販売企業の情報漏洩が現実に
  起こったことですね。市場が後付ながら形成されていきました。

  あの時に、社員は、疑ってはいけないという文化だったけど、
  そんなこと言ってられない。野放しにしていたら、会社が潰れかねない。
  とみんなが考えるようになったのです。

  こうして「内部犯行監視するというビジネス」が、出来上がったのです。
  
   ------------------------------

Q、なかなか耳慣れない業界になると思うのですが、どのような業界構造
  になるのでしょうか?

A、初期時点では、業界トップでした。なぜなら、市場がないところに、
  もの作って、そして市場が、できたのですから。今は自社製品で業界7位と

  8位とかですね。すべてのITベンダーが参入してきました。

  しかし我々は、大手企業のプロダクトにOEMをしてますから、
  実際のところ隠れ2位とかになります。

  だいたいこういうプロダクトは、始め市場がなくて、少しだけ動きが
  出てきて、市場ができ、最終的にドーンといくものなんです。
  そして、またそれが淘汰されていて、残ったものがブレイクする
  という感じになるのです。

  突然市場できるところには、人海戦術で、人を集めてきて、
  一気に広げるというのは、大企業は得意です。

  ドーンと、市場ができると思っていたら、じわじわとしか
  伸びないようなところは大企業は苦手なんですね。

  そういう意味では、私は始まりとしていいところをついたなと思います。
  今後は最後まで残ってブレイクしないといけませんね。


   ------------------------------

Q、現在競合も多く現れ、社会的認知も高まった現状で生き残っていく
  策とはどのようなものでしょうか?

A、大手企業で残る製品はあると思うんですよ。日立とかのように。
  で、他に残るのはもう一社くらいだろうと考えています。

  アンチウィルスを見てもトレンドマイクロとシマンテックと
  マカフィーくらいであとは”ちょろちょろ”といった感じですね。
  上の三つに入らないといけないわけじゃないですか。

  そこで自分の業界でどうやって生き残るかを考えたときに、
  行き当たったのが「共生」ということだったんです。
  そして大事なエンジン部分を大手にOEM供給したんです。

  彼らはもう10万クライアントとか売ってるわけですよ。
  トータルで40万くらいになります。それらの会社は
  自社ブランドとしてそれだけ売ってますからサポートを
  続けなければならなくなります。またOSが代わると
  バージョンアップしなければならなくなります。

  そうするとサイエンスパークがなくなると困るでしょう。
  こういう会社が現在10社あるんです。10社に支えられているから
  僕らは生き残ると考えているんです。
 
  自社だけで勝負できるようなものを作れと言われることもありますが
  今の商品がプラットフォームとして定着しているので、
  次の商品で勝負をかけたいなというところです。

   (この記事は対象企業へ取材し、作成しております。松澤)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*起業家志望の読者の皆様が、ここでご紹介する方の起業していく
 プロセスを知ることで、追体験していただくことが目的です。

 結果的にロールモデルを作ることで、より成果が出やすい
 発想や行動に 切り替わることきっかけとなることを思います!


 いずれにしても是非、一緒に応援してあげて下さい!
  ⇒「サイエンスパーク」 http://sciencepark.co.jp/


この文章は大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールが発行するメルマガ【情熱DNA】(まぐまぐ殿堂入り)にて配信した内容です。ご登録いただければ毎週水曜日、お手元に届きます。こちらから
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://abscommunity.blog37.fc2.com/tb.php/78-a08e6bc0

Template Designed by DW99