fc2ブログ

サイエンスパーク株式会社代表取締役 小路 幸市郎さん(ABS5期受講、今から7年ほど前に受講)vol.1

今回ご紹介するのは、サイエンスパーク株式会社
代表取締役 小路 幸市郎さん
   (ABS5期受講、今から7年ほど前に受講)

    http://sciencepark.co.jp/

事業内容は、「デバイスドライバー関連の開発」です。

ドライバでの高度な技術力を通じて、企業や社会技術革新を
もたらし、ビジネス機会の創出、新テクノロジー開発、新プロダクト
新サービスの創造に貢献し、これからのマーケットをリードしていく
と思われます。

起業して、11年半たった今、ドライバで情報漏えいを防ぐ
「4thEye」の発想は、国内のみならず、米空軍に認められこれから、
さらに世界に向けて躍進していきそうな企業です。


それでは、
既成概念を打ち破り、突き進む、小路さんのストーリーを紐解こう!

今回は、起業まで。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q、起業を目指し、最初に職につかれるまでについて聞かせてください。


A、私は、高校卒業後、以前の労働省管轄の職業訓練大学校に
  進学しました。その後は大学院進学を考えていたのですが、
  大学4年在学中に、父が亡くなったため、一時は進学を
  あきらめていました。しかし、技術員制度というものを
  利用することで、給料を貰いながら都内の私立大学にて
  学べることになりました。

  職業訓練校在学時から、もともと起業を考えてはいましたが、
  技術員時代に、自分を見つめ直した際、改めて私は自分が
  起業したいのだという思いを強くしました。

  そして、当時、起業したばかりのロボットを作っている
  社員3人の小さなベンチャー企業に就職しました。
  
  ------------------------------

Q、どういった基準で、就職先を選ばれたのですか?


A、大学卒業後は、将来起業するといったことを意識していたため、
  「会社がどういう風に動くか」ということに身近に接することが
  できる会社への就職を考えました。会社の運営から、財務、
  技術的なこと、営業と全てを見ることが出来る小さな会社を選びました。

  また、技術者として、早い段階で、エンジニアのプロになりたい
  と考えていました。そういった発想の中で、ロボットを作る
  ということは、様々な技術の結晶であると考えていたため、
  ロボット関連の開発を行っている会社を選びました。

  ------------------------------

Q、入社されてその後はどのようなキャリアをつまれたのですか?


A、入社後、5年ほどで、会社は、従業員数100人を抱える規模へと
  成長しましたが、残念ながらその会社は土地事業に失敗したことで、
  社員の心が離れ、次々にやめていき、ついに倒産してしまいました。

  その後、起業するために、早くエンジニアとして一人前に
  なりたかった私は倒産した前職の下請け企業に再就職しました。
  バブル後でも、儲かっていたこの会社でも、
  私は、自らの起業のために着実に準備することができました。
  しかし、入社して5年ほど経つと、この会社も経営状態が悪化し、
  社員が離れていきました。

  私自身も、ギリギリまで金銭的に追い詰められていたため、
  1994年5月起業へと踏み切りました。

  初めは、今までの経験を生かして、顧客の要望に合わせて、
  ソフトを作り、売り、サポートするといった仕事をしました。

  ------------------------------

Q、上記、2つの会社からは、教訓として何を学ばれ
  また、今のサイエンスパークのどんな面でそれらが生きていますか?


A、まず、一番思ったことは小さくても
  堅実で、強い会社を作ろうと心がけていることです。
  2つの会社での経験から、
  実態がないのに大きく見せる虚業は避けたいと考えてました。
  
  また、2つの会社経営者は財務のことができませんでした。
  だから、私は、財務面の勉強をし、今の経営に役立てています。
  

(この記事は対象企業へ取材し、作成しております。松澤)

●次回は『ABSでの経験』と『ヒット商品』についてお伝え致します。
 ご期待ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*起業家志望の読者の皆様が、ここでご紹介する方の起業していく
 プロセスを知ることで、追体験していただくことが目的です。

 結果的にロールモデルを作ることで、より成果が出やすい
 発想や行動に 切り替わることきっかけとなることを思います!


 いずれにしても是非、一緒に応援してあげて下さい!
  ⇒「サイエンスパーク」 http://sciencepark.co.jp/



この文章は大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールが発行するメルマガ【情熱DNA】(まぐまぐ殿堂入り)にて配信した内容です。ご登録いただければ毎週水曜日、お手元に届きます。こちらから
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://abscommunity.blog37.fc2.com/tb.php/73-cc8dfef4

Template Designed by DW99