fc2ブログ

魏徴 中国唐王朝  580年~643年

第二回目は、中国の歴代王朝の中でも、最高の政治と評される
唐王朝初期の「貞観の治」を支えた魏徴について取り上げます。

    第ニ回 ~人生意気に感ず~

∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠
    魏徴 中国唐王朝  580年~643年
∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠

「人生意気に感ず 功名誰か復た論ぜん」

(人生は人間同士の意気に感じて事を為すのだ。
              功名などは問題ではない)


これは中国唐代の詩集『唐詩選』の第一番目にある『述懐』
という日本でも有名な詩の最後の一句です。


この詩の作者である魏徴は、彼が仕えた唐の皇帝太宗に対しても、
正しいと思った事はひるまず意見する人でした。
太宗もこれをよく聞き入れ、彼の時代は「貞観の治」と呼ばれ、
理想の政治として後世に伝わっています。

魏徴は、はじめ、太宗の父(高祖)の敵に仕えていました。
その後、主君ともども高祖の軍門に下ると、魏徴は、
残存勢力の説得を任せてもらうよう願い出ました。

しかし、これは高祖にとって、魏徴は元の主君とともに、
残存勢力と連絡を取り再び寝返ってしまう危険がありました。

それでも高祖は、魏徴を信用し、その仕事を任せることにしました。
魏徴は、このことにいたく感激し、見事にその任を果たしたのです。
冒頭の詩は、この時の気持ちを「述懐」したものです。


その後、太宗とその兄弟で後継者争いが始まったときも、
魏徴は太宗の兄の側近となっていました。
争いに勝利した太宗は敵方として捕らえられた魏徴を強く責めると、
魏徴は堂々とこう言い放ちました。

「もしすぐに私の意見が通っていたら、こんな身にはなっていない」

魏徴の意見とは当然、”太宗を殺してしまえ!”ということです。

しかし、太宗は死を恐れず正しいと信ずることを述べる魏徴の
人物に惚れ込み、彼を赦し、高官の位に抜擢しました。

魏徴もまた、自分を認めてくれた太宗の度量に惚れ込み、
まさに「意気に感じて」、太宗によく仕えることとなったのです。

自分の人生の価値を「意気に感じる」ことに置いていた魏徴は、
その価値を信じていたからこそ、それを地で行く人生を送りました。

自分を認めたくれた人のためには、時には死をも恐れず
時には堂々と意見し、誠心誠意仕えました。
それが結果として「貞観の治」につながったのです。


◎ここで、歴史は皆さんに問いかけます・・・。
是非、少し時間をとって考えてみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・あなたにとって、「意気に感ずる」とはどんな行動ですか?

・あなたがこれまで”意気に感じた”人はどんな人ですか?
  例:お客様、パートナー、従業員、上司、出資者、親類など

・あなたにとって、人からの信頼を獲得するために
大切にしている価値観はなんですか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参考文献:『英雄詩伝 漢詩で読むリーダーの生き方』
       (福島良治著 日本経済新聞社出版局)
     『中国の歴史 7 隋唐興亡』(陳舜臣著 平凡社)


この文章は大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールが発行するメルマガ【情熱DNA】(まぐまぐ殿堂入り)にて配信した内容です。ご登録いただければ毎週水曜日、お手元に届きます。こちらから


スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://abscommunity.blog37.fc2.com/tb.php/69-8bf8d35c

Template Designed by DW99