FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 大前研一塾長の提言! ≪ 安藤忠雄 ≫ × ≪ 大前研一 ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 大前研一塾長の提言! ≪ 安藤忠雄 ≫ × ≪ 大前研一 ≫

 『 戦国武将の競争の精神に学べ! 
    ~  世界に名を馳せる二人が見ている日本とは? 』

 ※「VOICE」2010年4月号に掲載された記事を編集したものです
──────────────────────────────────

■繁栄するアジア、置き去りの日本

安藤:ここ20年くらい、欧米での仕事が多かったのですが、
   4~5年前から、中国、韓国、台湾、アブダビ(UAE)、
   バーレーンといった国からの依頼が徐々に増えてきて、
   昨年4月頃からはとくに多くなっています。

   しかし一方、日本からはこの1年間、依頼があまり
   ありません。秋田県で藤田嗣治作品を展示する県立
   美術館、以前上野でつくった国立国際子ども図書館の
   増築をするくらい。世界が猛スピードでエネルギッシュ
   に変わっていくなかで、日本だけが止まっている印象を
   受けてしまいます。

大前:1970年代には日本にもスピード感があって、アメリカ
   から「やがて追いつかれる」と怒られたほどでした。
   ところが90年代に入って経済成長が止まる。それから
   15年間、GDP(国内総生産)の伸びは完全に平らです。
   あらゆる統計を見ても、国としての日本のピークは95
   年。それ以降、平均所得は下がりつづけ、GDPも円高の
   状況下、ドル換算でも伸びていません。これは先進国
   に共通の現象化と思いきや、アメリカやヨーロッパの
   国々はこの間も成長を続けている。原因をきちんと
   分析・把握して政策を考えなければなりませんが、
   日本の政治家にはそれができていません。

安藤:当時の日本の勢いは大変なもので、同じようなエネル
   ギーを司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』からも感じます。
   あるいは敗戦から5年くらいたって日本へ来た外国人も、
   「この国は必ず復活する。日本人はとてもよく働き、
   そして子供の目は輝いている」といったそうです。
   しかし平成の日本を見てみると、大人はほどほどにしか
   働かず、完全に目標を見失っている。

   たしかにまだ建築設計や土木技術において、日本は世界
   有数のレベルを保っています。ところが社会としての
   勢いがないから、その優秀さを生かしきれていない。
   私の事務所が担当する日本の建築現場には中国や韓国、
   台湾の人たちがよく視察に来ますが、現場で「そっちに
   行ってはいけませんよ」というと、逆に必ずその方向へ
   行こうとする(笑)。
   「何か隠しているのではないか」「面白いものがあるの
   ではないか」というわけです。

   ところが日本人に同じことをいっても、まったく反応が
   ありません。いわれたとおり、整然と歩くだけ。よく躾
   られていて、感覚が大人なのかもしれませんが、とかく
   パワーを感じられない。
   おそらくまだ日本人の多く、とくに50代以上の人は、
   わが国はアジアのトップクラスに位置していて、指導的
   立場にあると思っているのでしょう。しかし実際にアジア
   で仕事をしていると、日本だけが置き去りにされている
   ことを痛いほど感じるのです。


■道州制でこの国を目覚めさせよ

大前:もはやこの国がスペインやポルトガルのように何百年にも
   わたって長期衰退する道を避けるためには、人々や社会の
   エネルギーを開放するかたちに統治機構を変えるしかない
   でしょうね。

   そこで重要になるのが「競争」です。そして、ここでも
   「なぜ中国はこれほど元気なのか」を考えることがヒント
   になります。中国の政治体制はいまだ完全に中央独裁ですが、
   経済運営についてはその全権限が市長に委ねられている。
   先ほど98年以降、中国が大きく変わった、と述べたのは、
   当時の首相である朱鎔基が「8パーセント以上成長すること」
   「暴動など社会不安を起こさないこと」「腐敗をしないこと」
   という「三つの約束」を果たすかぎり、
   経済運営に関する全政権を市長に委譲する、としたからです。

   その結果、よい意味で市長同士が競争するようになった。
   安藤さんが中国で引っ張りだこなのは、「安藤忠雄の作品が
   欲しい」とA市長がいえば、「われも負けじ」と他が追随
   するからです。私もいま中国の11の市長から「経済顧問に
   なってほしい」と頼まれれていますが、私が大連市のソフト
   パーク化で8万人の雇用を創出した、という中央電視台
   (CCTV)の番組を見て、そのような声が一斉に掛かるわけです。

   土地の使用法も含めて、市長の権限はほぼ無限です。
   外国からのお金も、市民からの税金も、国ではなく市に入る。
   市長はそれを使ってより競争力を高めるかたちでインフラや
   ハコモノをつくる。この仕組みこそ、98年からわずか12年で
   中国経済がここまで成長したいちばんの理由です。

   翻って日本の場合、すべて中央が物事を決めようとして、
   結果的にがんじがらめになっている。地方分権といいながら、
   その地方には財源も、権限もない。そう考えればやはり
   「道州制を導入せよ」が結論となります。

安藤:ちょうど私も先日、韓国の財閥系企業から、済州島で美術館
   をつくってほしい、という依頼を受けました。
   そのダイナミックさを目の当たりにすると、やはり中国や
   韓国や台湾は「生きている」という印象を受けます。
   一方で何度もいいますが、日本は眠っている。もう30年以上
   眠りつづけているわけです。さすがにもうそろそろ、目覚め
   なければいけません。そのためにも道州制の実施は一つの
   切り札になるでしょうね。

大前:このような話をすると、「では戦いに勝てなかった道州はどう
   なるんだ」という話が出てくる。日本ではいつも、弱者救済の
   話が先に立つわけです。しかしそうやって負けたものばかりを
   助けていくうち、真に勝つものが出てこないために国全体が
   没落する。受け取るお金の競争ではなく、自分がどういう経営
   をしたいか、どのようにして世界から富を呼び込んだか、と
   いうことを競わせる、日本に残された道はこれしかありません。

   そういう意味で、安藤さんは先ほど理想として『坂の上の雲』
   の明治時代を挙げられましたが、私は日本がいちばん元気の
   よかった時代は戦国時代だと思っています。当時はもちろん建築
   基準法などありませんでしたから、戦国武将は思い思いに
   それぞれの城をつくることができた。織田信長の安土桃山時代の
   原図を見れば、治水や山のかたち、敵の襲来などを考えた非常に
   優れたものだとわかります。そうやって文字どおり、生死を懸け
   た競争を行ったからこそ、当時の日本の建築技術は世界最高の
   水準を誇った。姫路城などはいまでも世界から礼賛されている。

   江戸時代以降は日本はずっと中央集権のままですから、めざす
   べきはやはり戦国時代でしょう。そしてまさにいま、中国の
   各市長はこのような群雄割拠の戦いを繰り広げているわけです。

安藤:そうですね、中国などの会議に出ると、たとえその場にトップが
   いても、設備技術者、構造技術者、法律家などがガンガン議論を
   戦わせます。闘争的な会議をしながら物事を前に進めていく
   わけですね。日本の場合はトップがいると、その人に遠慮して
   会議にすらならない。そういう心理的な意味でも、戦国時代、と
   いう言い方がぴったりくる。

   いまこそかつての「活力ある日本」を取り戻すにはどうするか、
   エネルギーのある中国、韓国、台湾などのアジア諸国とどう
   関わり、そのパワーをいかに取り込んでいくかを議論しなければ
   ならないでしょう。残された時間はもうあまりないのですから。



                           ここまで。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。