FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベンチャー事業創造講座」 最終講義レポート 

■「ベンチャー事業創造講座」

ビジネスアイデアを理論立てて形にするのが基礎編なら、それを磨き上げ
事業の成功確度を高めていくのが実践編。この数ヶ月間、伊藤良二氏と
伊藤正宏氏両講師は、ビジネスの優位性や実現可能性、継続性等、あらゆる
角度から、ビジネスモデルの穴を丁寧に指摘し、問題解決のヒントを
与え続けてくれました。

これからは変化するのが当たり前の時代。たとえ今が追い風であっても、
数年後まで市場を予測すること。変化するのは市場だけでない。
今後の経済や政策いかんで、顧客企業ばかりでなくコンシューマーにおいても、
販売環境がガラリと変わる可能性がある。

最終回のテーマは「軌道修正」。
講座で磨き上げてきた事業計画書でも、目まぐるしく変わる環境の中では
足りないことが次々と発生するだろう。ベンチャー経営者は、都度捨てる
覚悟をもって、変化に応じていかなければいけない。
伊藤良二講師はその対応を、現在と将来における成長フェーズ毎に
解説してくださった。

受講生は “ゼロ”地点 ⇒ 新しいビジネスモデルを探していたり、
そこから1歩踏み出そうとしている段階で、数年後なんてとてもイメージ
できない、というのが思いがあったかもしれない。

でも、伊藤講師は最後の授業で、中長期のイメージを描かせ「軌道修正」
することを説明した。これまでの授業では、事業計画を練り上げてきた。
それがどんなに完璧で思い入れがあっても、今は変化する時代だ。
状況によって変えなければいけない。

生まれたてでまだ信用が無いベンチャーを、小さなエンジンで離陸させ、
変化の波にどうやってのせるのか、どんな風を選び目的地へと近付けるのか。
操縦の基本は変わらない。でも中長期でみると、機体の大きさやシステム、
旅客数によっては、判断する視点が異なってくる。
伊藤講師が伝えたいのは、こういうことではないかと考えた。


  ↓「ベンチャー事業創造講座」の内容はこちら↓
 http://www.attackers-school.com/site/as23ob_b.html
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。