FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大前研一の提言!【議論する力】』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3◆ 大前研一の提言
     ~【議論する力】「傾聴」「質問」「説明」この三つの力を磨け
   ※THE21 11月号に大前研一が寄稿した記事を編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「世界で通用する人材」になってもらいたい。それには、なんと
いってもコミュニケーション力を身につけることが不可欠なので
ある。どんなに優れたスキルやアイデアをもっていたも、自分の
意思を伝え、人を動かしていくことができなければ、それを活か
すことはできない。

ただし、「I love you.」といわれたら、「So I love you,too.」
と即座にいえることがコミュニケーション力だと思ったら大間違
いだ。スピーチ、プレゼンテーション、会議、部下のマネジメン
ト、顧客の説得といったさまざまな局面で、正しい意思決定をし
、それを相手に伝え、合意形成を図り、なおかつ行動を起こさせ
る、これがビジネスにおけるコミュニケーション力なのである。
たんに英語で感情が伝えられるという程度では、まったく話にな
らないのだ。

アメリカ人なら誰でも出来る程度の英語なら、二束三文である。
結果を出せてナンボ、のコミュニケーションを日本語でも英語で
も同じ程度にできなくてはいけない。今回は、まずコミュニケー
ション力のなかでも、もっとも日本人が苦手とする「議論する力
」を採り上げてみたい。


●「議論を詰める力」が圧倒的に不足している

相手を言い負かし、自分の主張を通すことが議論の目的だと思っ
ている人がいるが、それは違う。議論の真の目的は、ある議題(
テーマ)について相互に主張と反論を交わしながら理解を深め合
い、合意に達することなのだ。

議論はまた、「問題解決のための最善解」を見出すために行うも
のである。だから議論の結果、当初の自分の主張と異なる結論に
至ったとしても、よりよい問題解決策が見つかったならば、その
議論は十分に成功したといえる。実際、日本マクドナルドの創業
者である故・藤田田氏は、日ごろから「議論のベストウェイはつ
ねに(自分と相手の主張とは)別のところにある」とよく口にし
ていた。

では、どうすればそのような議論ができるようになるのか。それ
を次に考えてみよう。

そもそも、「議論する力」というのは、
①相手の意見や主張に積極的に耳を傾け、それを正しく理解する
「聴く力」、
②相手の意見や主張に効果的な質問を投げかけ、曖昧な点や疑問
点をクリアにする「質問する力」、
③自分の主張や反論を相手に伝える「説明する力」
の三つから成る。いずれも重要だが、議論の基本はなんといって
も「聴く力」と「質問する力」だ。当然のことだが、相手の言っ
ていることを正確に理解できていなければ、相手の意見に同意な
のか反対なのかを述べることすらできない。

まずは相手の意見に耳を澄ます。そして、正しく理解できたかど
うかを確認するために、「要するに、あなたの言っていることは
こういうことですね」と、サマリーをつくって質問してみる。そ
れで間違いないとなったら、次は相手の主張を分解して、どこが
自分の主張と同じでどこが異なるかを頭のなかで整理する。その
うえで、「私とあなたの意見が一致しているのは、この点とこの
点です。反対に意見が異なるのは○○の部分です。○○の部分を
重点的に話し合いましょう」といって、より狭い範囲に限定して
お互いの合意点を探っていく。

このように、「相手の意見を整理・分解し、議論を詰めていく力
」は、議論を実りあるものにするうえで絶対に不可欠なもの。実
際、世界のリーダーやトップビジネスマンは、みんなこれがじつ
にうまい。私が十八年にわたってアドバイザーを務めたマハティ
ール前マレーシア首相も、「いま私たちの国はこういう問題を抱
えていて、そのうち大前さんの力を必要としているのはこの領域
です。なかでも、このポイントについて今日は意見を聞かせてく
ださい」というように、話を始める前にいつも議論のポイントが
明確になっていた。だから短い時間であっても、濃密な議論がで
きたのである。

一方、日本のビジネスマンには、この力が決定的に欠けていると
いわざるを得ない。政治家も同様だ。歴代首相でも、「議論を詰
める力」をもっていたのは中曽根康弘くらいではないだろうか。
中曽根氏は会うと必ず、「大前さん、この問題についてどう思い
ますか」と向こうから質問してきた。私がそれに対し答えると、
すかさずそれを自分でメモして、「要するに、大前さんのいって
いるのはこういうことですね」と確認する。そのとき私が、「ち
ょっと違います」というと、「どこが違いますか」とさらに質問
が飛んできて、自分が納得するまでこれを繰り返すのだ。

中曽根氏は、小泉純一郎氏など足許にも及ばない理解力の持ち主
だったが、それは日ごろから相手の意見を整理し、要約する訓練
を怠らなかったからに違いない。本誌の読者も、ぜひこの訓練を
習慣化しよう。新聞を読んでいるとき、会議で相手の話を聞いて
いるとき、ほかにもあらゆる場面で「ひと言で言うとどういうこ
となのか?」という問いを自分に発し続けるのだ。


ここまで。


続きは次号でご紹介いたします!
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。