fc2ブログ

「女性脳の時代!?」に生きるあなたへ【第二回】

前回の金曜版メルマガで、ABSの女性受講生増加の要因について
ABS『感性マーケティング講座』講師の黒川伊保子さん
http://www.attackers-school.com/site/dnakansei0908.htmlの考察を紹介するとお伝えしていました。

今回からその考察の内容について詳しくお届けしていきたいと
思います。これまでにビジネススクールやMBAで教えてきたこと
とは全く異なるアプローチからの分析です。そしてこれが今後の
スタンダードになりうるものかもしれません!?

それでは以下ご覧下さい。


-女性受講生の増加について、景気の回復にともなう所得の上昇や
 人材の売り手市場によるリスクの軽減と言ったグローバル&マクロ経済
 や消費者トレンドといった分析手法で、ある程度の仮説はたちますが、
 どうもしっくりきません。この点についてどうお考えでしょうか?

黒川氏(以降K):この流れはマクロ経済論、言わば王道の考え方では
  なかなか紐解けない、『感性』が物語るトレンド、すなわち
  『感性トレンド』が大きく影響をしているんです。

  ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

-そもそも感性とはどういったもの(考え方)なのでしょうか?

K:感性とは、他人や自分の「脳の気分」を顕在化する力です。
  たとえば、ターゲット市場の「脳の気分」を汲み取れる
  プロデューサーはヒット商品を生み出しますし、デザイナーなら
  ライバルが「やられた!」と唸るようなデザインを出してきます。
  当然、彼らは、周囲から「感性豊か」と言われますよね。

  この「脳の気分」は、脳細胞の使い方の癖やホルモンバランス
  などによって生じるもの。従来、天才的なプロデューサーや
  デザイナーが直感的に感じ取ってきた市場の「脳の気分」ですが、
  脳科学の発達に伴って、ターゲット市場の性別や年齢が絞れれば、
  天才でなくても、科学的に算出できることがわかってきました。

  ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

-では、その『感性トレンド』とは何のことですか?

K:「脳の気分」を作り出す要素のうち、脳細胞の使い方の癖には
  周期があるのです。実は、その周期が、情報網を共有する「大衆」
  の単位で揃ってしまうことが確認されています。

  大衆全体が、7年ごとに段階的に気分を変え、28年周期の大きな
  気分のうねりを作っている。これが『感性トレンド』です。

  ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

-もっと詳しくお聞かせいただけますか?

K:脳神経細胞ニューロンは、軸索(じくさく)と呼ばれる腕を
  持っていて、複数のニューロンとダイナミックにつながっています。

  長い軸索は・・・



今回はここまでです。

何となく感覚でとらえるようなものと思っていた「感性」が
科学的、理論的に説明できる、という驚きの内容ですよね!
次回はより深く掘り下げていかれますよ。

ぜひ、続きをお楽しみに!


      ◆興味をもたれた方は↓↓コチラ↓↓◆
 http://www.attackers-school.com/site/dnakansei0908.html



この文章は大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールが発行するメルマガ【情熱DNA】(まぐまぐ殿堂入り)にて配信した内容です。ご登録いただければ毎週水曜日、お手元に届きます。こちらから
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://abscommunity.blog37.fc2.com/tb.php/154-6c73ca92

Template Designed by DW99