fc2ブログ

株式会社ワークアウトワールド・ジャパン 代表取締役 増田秀俊さん vol.2

前回に引き続き、ご紹介するのは、

◆株式会社ワークアウトワールド・ジャパン 代表取締役
 増田秀俊さん
    http://www.wowd.jp/

 ▼事業内容
  ⇒ジム・スタジオタイプのフィットネスクラブの経営。

    
増田さんは、初期設備投資のかかる業界にあって、新しい形態の
フィットネスクラブを展開し、特に女性層のハートをつかむことに
成功しています。

ABSで事業計画書の作成方法を学び、それを元に資金調達を行い、
現在では計画書以上のペースで出店を行うなど、ABSで得たものを
しっかりと事業にも具体的に役立てていらっしゃいます。


それでは、
 既成概念を打ち破り、突き進む、
  増田さんのストーリーを紐解こう!

★今回は、『事業の実際』まで。
 ⇒今回のポイントは、

  ▼なぜ、事業が計画通りいかなかった部分があったのか?
  ▼事業を進める上でのボトルネックには何があるか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●出店による認知度の向上とともに、集客もアップ

Q、アタッカーズでお作りになった事業計画で、うまくいった点と
  うまくいかなかった点はなんですか?


A、計画通りなのは、出店のスピードですね。これは当初計画して
  いたよりも若干上回るようになってきていますね。売上利益計画
  で見ると、出店もしましたが、だいぶ赤字も出しましたので、
  そういった意味では利益的には計画通りにはいかなかったですね。

  当初立てた仮説どおりの売り上げが出なかったですし、
  フィットネスクラブは1店2店では、市場の認知が得られません
  ので、最初はなかなかお客さんが入ってくれないんですね。

  10店舗を超えて、旗艦店としての渋谷店を出して初めて期待値が
  上がってくるんですね。だから当初は立ち上がりはうまくいかず
  思うような集客ができなかったというのが計画の誤算ですね。
  ただ、それを克服して、現状では、逆に当初のシミュレーション
  よりも上回っているような状況になっています。

●管理費の読み間違い

  あと計画書と違っていたのは、管理費ですね。これは小さな
  本部管理費で行こうと思っていたのですが、なかなかうまく
  いかず、当初予定していた何倍もの費用がかかりました。
  店の売り上げに 関してはやってみないとわからないですね。

  いままでと違うビジネスモデルですし、一店一店違う
  ロケーションで出店してきましたから、トラッキングレコードが
  ない中で出店していますので、計画通りいく訳ないんですね。

  管理費に関しては、大手企業の会社にいてある程度の規模の
  事業を展開していたらわかるんでしょうが、私自身、中小事業しか
  経験がないものですから、勘所がなかったんですね。まして公開を
  目指すとなると管理費が非常にかかるんですね。その部分は当時は
  分からなかったですね。

  ------------------------------

●計画は世界一を見据えて

Q、今後の事業の目標は何ですか?


A、いま、計画では2008年の6月には株式を公開したいと考えています。
  その後、10年後の2016年には日本一になりたいと、そして、2026年
  には世界一になりたいという目標を立ててやっております。

  その目標の達成方法は、きわめて単純でして、ただ店を出す、
  ということですね。当社のビジネスモデルは、どんどん出店できる
  モデルなんですね。それで、今のモデルを多数出していって、
  売り上げは店舗数の掛け算ですから、店舗数×売り上げ・利益で
  日本一になることを考えています。

  世界一ということは、海外展開も考えています。いま、世界一は
  年商で一千億円ぐらいなんですね。そこを早く超えたいと考えて
  います。これを2026年までに達成したいですね。もちろん相手も
  伸びていますから、なかなか簡単ではないんですが。

  ------------------------------

●いつになっても資金調達が重要

Q、事業の中での苦労された事というのは何ですか?


A、資金ですね。当社の場合、店一軒出すのに、4億円ぐらいかかる
  ビジネスなんですね。非常に資金がかかるビジネスなので、常に
  資金調達がボトルネックになりますね。これはもう、創業以来、
  常にお金を集めているという感じですね。そのかわり集客は、
  いまではノウハウをつんできていますので、その点に関しては
  あまり苦労はないですね。

  人材に関してはもちろん大変ですけど、これは事業の根幹です
  から、大変といっている場合ではなく、常にいい人材を採用して、
  教育していくことは必要ですね。実際には、この業界はわりと
  志望者が多いので、そんなに人材に苦労しているという実感は
  ないですけどね。

●スタートアップ期は事業基盤を作ること

  苦労する点は、スタートアップ期、拡大期などのフェーズに
  よっても、ぜんぜん違いますよね。スタートアップ期は
  とりあえずメシを食う、ひとつの事業の基盤を作るというところ
  から始まりました。

  はじめから上場企業を目指してやっていたわけではないので、
  まずはしっかり生活の基盤をつくり、そこから拡大しようと
  思っていましたから。最初はわりと狭い範囲で限定的な
  ビジネスをやっていたということですね。

  通常、事業で一番困るのはセールスなんですね。でも私は営業
  は得意なんですね。ですから売上げをつくることは苦労した
  ことはありません。割とスタートアップ期から順調でしたね。
  最初はアメフトの防具の輸入販売をやっていましたので、
  やはり一番苦労したのは資金ですよね。売れるとまた
  仕入れ資金が必要になってしまうんですね。

●事業が不安定になる要因

  それとアメフトの防具の製造元がアメリカですとすぐ買収
  されてしまうんです。そうすると輸入の権利がなくなって
  しまうんですね。アメフトの防具は3年で買収されてしまい
  ましたし、トレーニングマシーンも10年もたなかったですね。
  7~8年で買収されてしまいました。そう簡単に別の製造先
  を探すこともできないので、事業の土台を作ったものが
  なくなってしまうということを2回経験しました。
  
  ただ、私はアメフトの防具がなくなった段階で、アメフトの
  ビジネスをやめましたし、トレーニングマシーンが売れなく
  なった段階で、そのビジネスには見切りをつけたんですね。
  基本的に私は特殊なものしかやらないと決めているので、
  色んなマシーンがありますけど、他と同じマシーンを扱っても
  意味がないので、それはやる気はなかったんですね。

  これは私がビジネスをやる上で決めていることでして、
  「人と違うことをやる」と。そういうことで色々な要因もあり、
  輸入販売は非常に不安定だったというのはありますね。


●次回はいよいよ最終回です。
 『志、理念』をお届けします。お楽しみに!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*起業家志望の読者の皆様が、ここでご紹介する方の起業していく
 プロセスを知ることで、追体験していただくことが目的です。

 結果的にロールモデルを作ることで、より成果が出やすい
 発想や行動に 切り替わることきっかけとなることを思います!


 いずれにしても是非、一緒に応援してあげて下さい!
  ⇒ワークアウトワールド・ジャパン http://www.wowd.jp/





この文章は大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールが発行するメルマガ【情熱DNA】(まぐまぐ殿堂入り)にて配信した内容です。ご登録いただければ毎週水曜日、お手元に届きます。こちらから
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://abscommunity.blog37.fc2.com/tb.php/142-bfe8a6c0

Template Designed by DW99