fc2ブログ

リアル・パートナーズ株式会社 代表取締役、e-マネジメント株式会社 取締役/COO 山本敦浩さん(ABS12期受講) vol.1

今回ご紹介するのは、

リアル・パートナーズ株式会社 代表取締役
e-マネジメント株式会社 取締役/COO
山本敦浩さん(ABS12期受講)

   http://www.emanagement.co.jp/

事業内容は、
○リアル・パートナーズ株式会社
 ⇒事業コンサルティング
○e-マネジメント株式会社
 ⇒会員制の「ビジネス系情報マッチング型ポータルサイト」サービス。
  「経営mapx(マップクロス)」 http://www.emanagement.co.jp
  会員サイト:http://www.keiei-mapx.com
    

中部地区では大きい事業会社であった家業の倒産、自身の自己破産と
大変な苦難を経験しながらも、ABSを一つのきっかけとして
再起を果たされ、現在は経営者として事業を行われています。

つらく苦しい時期における出会いや考えたことを現在の事業の核と
しておられ、現在は新しいサービスを大々的に仕掛けていらっしゃる
真っ最中です。


それでは、
既成概念を打ち破り、突き進む、山本さんのストーリーを紐解こう!

今回は、『ABS入塾』まで。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Q、それではまず今行われている事業の概要についてお話いただけ
ますか?


A、今現在2社の経営に携わっています。

  まずリアル・パートナーズ株式会社についてですが、これは私が
立ち上げ代表を務めております、ビジネスコンサルの会社です。
  コンサルティングの領域としては一部大企業のコンサルティングも
  やっておりますが、主に、中小、零細企業の経営がうまくいくように
  事業戦略の構築、資金調達、再建などビジネス周りのことであれば
  案件ベースでお手伝いさせていただく、まだ生まれたばかりの
  事業コンサルの会社になります。

  e-マネジメント株式会社は、より多くの「良い経営」を支援したい、
  という思いのもと、立ち上げた会社です。コンサルをしているだけでは、
  ごく限られた経営のお手伝いしか出来ません。現経営陣と出会い、
  「経営mapx(マップクロス)」を展開するビジネスモデルを構築し、
  実業として取り組むことに決めました。インターネットを活用する
  ことにより、全ての事業者にお使いいただける安価で良質な経営支援
  サービスを展開してまいります。

  現在は、「経営mapx」会員企業および「転職mapx」の求職者を増やす
  ことに注力をしております。メルマガ読者の皆さまにも会員登録に
  ご協力いただければ幸いです。

  経営mapx(マップクロス)の概要をご説明いたしますと、これは、
  2006年7月1日に正式オープンする、会員制の  
  「ビジネス系情報マッチング型ポータルサイト」サービスです。
  「経営」に必要な「ヒト、モノ、カネ、その他情報」と会員企業
  との出会いを実現するマッチングサイトを、mapxシリーズとして、
  順次リリースしてまいります。

  その第1弾として、求人求職サイト「転職mapx」をすでにリリース
  しております。こちらのサイトは、「人材採用の価格破壊」を
  目指したものです。


  ◆経営mapx(マップクロス)
   ・サービスURL: http://www.keiei-mapx.com
   ・入会金:10,000円 会費:5,000円
    ※オープン記念につき、期間限定無料お試しキャンペーン中


  ◆「転職mapx」
   ・サービスURL:http://www.tenshoku-mapx.com
    ※オープン記念につき、求職者プレゼントキャンペーン中
  
  ------------------------------

Q、それでは今の会社を始めたきっかけを教えていただけますか?


A、私はABSを卒塾して3年ほどサラリーマンを経験して起業したの
  ですが、そもそもABSに入塾したきっかけ、その後の経緯で
  随分と挫折を味わっておりました。

  ABSに来る前にやっていた事業でなかなかうまくいかなくて、
  一時は公園での路上生活者のような時期もありました。しかし、
  そんな私にもある程度の社会的立場をいただいたり、支えてくれる
  仲間ができたりしてビジネスをやっていくことができるという
  経験をしました。

  そういう経験を通して仲間というのは本当にいいものだと思うように
  なりました。そして信念とか、目的とか、人間関係さえ大切にする
  ことができれば、どんな立場、年齢、境遇の人もやり直しできたり、
  成長できるのがビジネスのフィールドなんだなと感じました。

  ビジネス上で仲間と呼べる人をどれだけ作れるかということが
  ビジネスをやっていく上で本当に大切なことなんだなということを
  学んだのです。

  そういう考えの基、仲間が集う場を作りたいと思うようになりました。
  集まってくれた人がお互い仲間だと呼び合えるようなフィールドが
  できれば、そこから必ず事業上プラスのことが生まれ続けると考えて
  おり、それを具現化したのがリアル・パートナーズということに
  なります。

  こういったことが起業のきっかけですね。

  ------------------------------

Q、今のお話の中で挫折を味わったと言われましたが、その状況から
  どのように立ち直っていかれたのか教えてもらえますか?


A、そうですね。まず何があったのかというところからお話します。
  私の実家は名古屋で、祖父の代から続けている会社がありました。
  私は20代後半もビジネスマンではなくて、大学卒業後も科学者を
  やっていたんですが、どうも親父の事業が思わしくないという
  ことで何か手助けできないかと考えていました。そこで名古屋に
  戻り家業を手伝うことにしました。

  売上10億、社員100名くらいの小さい会社ではありましたが、
  ビジネスが何たるかもわからないまま思いだけで、三年強、
  いわゆる「経営」というものをやりました。

  しかし、実力がないとどうしようもなく、どうしても苦境から
  脱することができなくて最終的には倒産ということになりました。
 
  家業の倒産となると多額の負債を背負うことになり、連帯保証の
  関係で、私個人も30億ほどの借金を抱えることになりました。
  とても返せる額ではないので個人的にも自己破産をし、今後
  どうしようかなと途方に暮れていました。


  そんな時、大学が東京だったこともあり、東京だったらなじみの
  土地で、根拠はないんですけど、何となくやり直せるかもしれない
  という思いがあり、東京に出てきました。しかし、東京に出てきた
  ものの何の当てもなく、これからの人生を考えたときにお金もないし、
  一度経営者になった身というプライドがあり、簡単にサラリーマン
  にもなれないでいました。

  そこでとりあえずどこかに籍だけ置いて、のんびり今後のことを
  考えたいと思っていました。その中で見つけたうちの一つが
  ABSだったんです。

  上京以前、名古屋での説明会に参加したときに松澤さんとお会い
  したのですけれども、無責任に私のことを煽ったんですね(笑)。
  私は「自己破産者で一円もない」
  って言っているのに
  「それでもやる気のある人はお金を集めて受講する」
  と言われたのを覚えています。

  受講するか迷ったのですが、大前研一さんが塾長ということもあり、
  大前研一のところで勉強してると言えば箔もつくかなと思い
  受講を決意しました。

  しかしながら受講料と東京で生活するためのお金を貯めなければ
  なりません。2000年の11月に会社が倒産したのですけれども、
  2001年10月にABS12期が始まるのということで、それまでに
  倒産の処理を終わらせ、お金を貯めようと思い、日雇いのバイト
  などをやってお金を貯めました。

  それまでは会社をもたせることだけで頭がいっぱいだったんです。
  事業は前向きに経営を考えられるような状況ではなかったですし、
  自分のことを考えるような時間は全くなかったので、ABSを
  身の置き場にして、やり直しの第一歩を歩み始めたという感じです。


●次回は『起業』についてお伝え致します。
 ご期待ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*起業家志望の読者の皆様が、ここでご紹介する方の起業していく
 プロセスを知ることで、追体験していただくことが目的です。

 結果的にロールモデルを作ることで、より成果が出やすい
 発想や行動に 切り替わることきっかけとなることを思います!


 いずれにしても是非、一緒に応援してあげて下さい!
  ⇒「e-マネジメント」http://www.emanagement.co.jp/



この文章は大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールが発行するメルマガ【情熱DNA】(まぐまぐ殿堂入り)にて配信した内容です。ご登録いただければ毎週水曜日、お手元に届きます。こちらから
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://abscommunity.blog37.fc2.com/tb.php/132-9b6686fc

Template Designed by DW99