fc2ブログ

アレキサンダ-大王(古代地中海世界) 前356年~323年

第五回目は、古代世界の大英雄、アレキサンダー大王の偉業と、
彼の資質の欠陥について考察してみます。
∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠
第五回 ~自己制御力~
 アレキサンダ-大王(古代地中海世界) 前356年~323年
∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠

トランプの中の4つのキングには、実在のモデルがいる
ということをご存知でしょうか?

それは、カール大帝、ダビデ王、この連載でも取り上げたカエサル、
そして、アレキサンダー大王です。
これは、この4人が、ヨーロッパ(地中海世界)の歴史の中でも
抜きん出た存在として見られている証拠ではないでしょうか。


そのうちの一人、アレキサンダー大王は、ギリシアのマケドニアを
母国とし、ペルシアからさらに東、遥かインドまで遠征を行い、
当時の地中海世界で知られていた地図の範囲の大半を征服する
という、その時代においては、人知を超えた存在でありました。

また、独創的な戦術により、4~5万の兵力で、
その10倍におよぶペルシア軍を打ち破るなど、近代の軍人が、
その戦術を研究対象とするほどの軍事的天才でもあります。

父が暗殺されたために、彼は若くしてマケドニアの王に
即位することになりました。そのとき、彼は弱冠20歳。
そして25歳でペルシアを征服してしまいました。
当時のペルシアは、現在のトルコやエジプトのあたりから
インダス川の周辺までを支配する一大帝国です。

アレキサンダーは現在のイラクの地で、敵である
ペルシア王ダレイオス3世を破り、ペルシア帝国を
事実上の崩壊に追い込むと、その後も東征を続け、
実に10年間に及ぶ遠征を行ったのでした。

しかし、その遠征の途中、彼は33歳の若さで
熱病におかされ、短い生涯を終えてしまったのです。

彼には深酒をするクセがあり、死の直前も連夜の宴会を開き、
酒を飲みつづけたため、体を壊してしまい、それがもとで、
病気にかかってしまったのでした。


イギリスの歴史家トインビーはこう言っています。

「彼が病気から回復していたら、インドを征服した後、
 中国に攻め入り、旧世界全域を統一し、そして現代の
 世界はアレキサンダー35世の支配下で安泰である」

しかしこれは決して実現することはありませんでした。


イタリアの高校の歴史教科書にはこう書かれているようです。

「指導者に求められる資質は、次の5つである。」
 
 ◇知力
 ◇説得力
 ◇肉体上の耐久力
 ◇自己制御の能力
 ◇持続する意思


アレキサンダーには独創的な戦術を生み出す「知力」や、
10年間も遠征を「持続させる意思」はありました。
しかし、彼にもっと「自己制御の能力」が
備わっていたとしたらどうだったでしょうか?


彼の死後、マケドニア王国は、征服した広大な領土を
効率的に統治するシステムを構築していなかったため、
混乱が生じてしまいます。
配下の武将達によって戦争が勃発し、領土はいくつかの
国に分裂してしまったのです。
さらに彼の妻子はこの戦争の中で殺されてしまいました。

もし彼に自分を制御する能力があれば、
トランプの4人のキングの一人ではなく、
もっと遥かに大きな存在になっていたかもしれません。


人生というものは、成功をつかみかけて油断した瞬間に、
大きな落とし穴にはまってしまうことがよくあります。
そこで求められるのが、自己制御の能力です。

それは、欲望を抑えることかもしれませんし、
健康を厳しく管理することかもしれません。
あるいは強い倫理観を持つことでもあるでしょう。

また、事業が上り調子にある中で、もし経営者の身に
何か起こってしまったらどうでしょうか。
その人自身に悔いは残らないでしょうか。
残された人々のことはどうなるのでしょうか。

もしあなたが真のアントレプレナーならば、
夢を実現させるために、自分を厳しく制御することを
当然のこととして考える必要があるかもしれません。

それは自分自身のためであると同時に、周りの人のためでも
あるといえるのではないでしょうか。


◎ここで、歴史は皆さんに問いかけます・・・。

 是非、少し時間をとって考えてみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ・あなたにもしものことがあった場合、どのような人に、
  どのような影響が及ぶでしょうか?


 ・あなたが制御しなければならない自分の弱点は何ですか?


 ・あなたは、自分を制御することを当然と思えるために、
  アレキサンダー大王から何を学びますか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*参考文献:
・『アレクサンドロス大王 「世界征服者」の虚像と実像』
 (森谷公俊、講談社選書メチエ)
・『大遠征 アレキサンダーの野望』
 (マイケル・ウッド、ニュートンプレス)
・『痛快!ローマ学』(塩野七生、集英社インターナショナル)



この文章は大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールが発行するメルマガ【情熱DNA】(まぐまぐ殿堂入り)にて配信した内容です。ご登録いただければ毎週水曜日、お手元に届きます。こちらから

スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://abscommunity.blog37.fc2.com/tb.php/102-96de6159

Template Designed by DW99