FC2ブログ

これからのリーダーが国民に説くべき「世界ビジョン」-後編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『これからのリーダーが国民に説くべき「世界ビジョン」-後編』 

※本内容はSAPIO(2011年11月16日号)に掲載されたものを
 特別編集しました。内容の転記等はご遠慮ください。
─────────────────────────────────

――少子化でも世界トップクラス経済を維持
  「移民&投資先進国」シンガポールに学べ

前回はサイバー社会の出現と産業のデジタル化によって、
北の先進国が低迷する一方で南の途上国から経済成長する新興国が
次々に登場して「南北関係」が逆転し始めている。
そういう歴史的転換期の中で日本は「失われた20年」から脱却できず、
返済のメドが立たない国債を発行し続けている。
このままいくと、国債のデフォルト(債務不履行)とハイパーインフレだ
と指摘した。

さらにもう一つ、日本経済にとって極めてシリアスな未来予想がある。
少子高齢化で2055年の日本は、最も人口の多い年齢が
男女とも80歳を超えると予想されている。
15~64歳の「生産年齢人口」、すなわち「働く人」は、
当の昔にピークアウトし、これから減少する一方だ。
このままでは日本は国力が著しく低下し、社会の安全・安心も
大きく損なわれるのは間違いない。
少子高齢化による破局の危機が、刻一刻と日本に迫っているのだ。

...続きを読む

スポンサーサイト



これからのリーダーが国民に説くべき「世界ビジョン」-前編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『これからのリーダーが国民に説くべき「世界ビジョン」-前編』 

※本内容は大前研一通信(2011年10月号)ならびに
 SAPIO(2011年10月26日号)に掲載されたものを
 特別編集しました。内容の転記等はご遠慮ください。
─────────────────────────────────

――今問われているのは「南北逆転」を生き抜く
  新しい「反映の方程式」である

いま我々は、新たな歴史認識、世界史観を持たねばならない時期にきている。
これまで「南北問題」どころかいまや両者の関係は逆転し始めている。
この10年ぐらいの間に北の先進国がことごとく低迷するようになり、
南の途上国の中から経済成長する新興国が続々と登場しているのだ。
もしかすると、これはある意味で「西欧の終わりの始まり」かもしれない。

インターネットやPC、形態電話などの普及により、
南の途上国に生まれ育っても世界中の情報を直接入手できるし、
努力しだいで北の国の人々と同じような能力・スキルを身につけられる
ようになった。

その同じような能力を身に付けた南の国の人々が、
コストは北の国の10分の1程度で雇えるから、企業が大量に
南の国(中国も含む)へと移っていったのである。

しかも、南北逆転は予想をはるかに上回るスピードでおきている。
ゴールドマン・サックスが2003年に出した
『BRICsと共に見る2050年への夢(Dreaming with BRICs:The Path to 2050)』
という投資家向けレポートで、未来の世界経済勢力図を
次のように予測していた。

...続きを読む

Template Designed by DW99