FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業立上げに特化した特別講座 情報

┏━■ 事業立上げに特化した特別講座 情報
┃1┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
┗━┛『 800を超える事業がこの講座から立上がった!
     ~ 起業、社内新規事業、事業イノベーションのノウハウが満載 』
  説明会 ⇒ http://www.attackers-school.com/site/102db6_g.html
  --------------------------------------------------------------------

 定員はわずか12名で、参加者される方すべての事業プランを立ち上げる
 ことを目的にしている実践的な講座です。

  ・将来の起業を決めている方
  ・社内新規事業を立上げなければならない方
  ・事業立上ノウハウをマスターしたい方
  ・事業経営者の方

■『 ベンチャー事業創造講座 』
 大前研一が認めた事業立ち上げのプロ中のプロである講師陣が
 あなたのプランに直接コンサルテーションもします。

 このスクールの出身者から、実際に800を超える企業が立上がっています。
 時代や時勢をしっかりと見据え、教科書を遥かに超えた実践型の講義です。

  ▽講師:伊藤良二氏 松本孝利氏 谷口正和氏 伊藤政宏氏
  ▽日程:2010年7月23日~2010年12月19日 
  ▽募集人数:12人限定
  ▽価格:47.25万円(税込み)
   ※初めて受講される方は入学金が別途31,500円かかります。

 詳細は⇒http://www.attackers-school.com/site/102db7_bo.html
 
 ★無料説明会はこちら↓
     http://www.attackers-school.com/site/102db7_g.html
スポンサーサイト

BBT新企画! 「こころ」と「からだ」作りセミナー

┏━■ BBT新企画! 「こころ」と「からだ」作りセミナー
┃2┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
┗━┛『 ビジネス力を底上げする!?
     ~「こころ」と「からだ」のケアーステーション!!』
  http://www.attackers-school.com/site/102db7_klp.html
──────────────────────────────────

ビジネスでパフォーマンスをあげる、自身をさらに成長させるには、
知識やスキルが必要なことは言うまでもありませんが、あくまで、
それをコントロールできるのは「自分自身」でしかありません。

◆感情に左右されることないブレない「こころ」、
◆アクティブに立ち向かうための強い「からだ」は、
ご自分の能力をさらに発展させるための大切な要素だと思います。

心と体の「健康」はあって当たり前だと考えがちで、失った時に、
その大切さに気がつきます。
しかし、あって当たり前の「健康」ではなく、よりポジティブに行
動できる、より成果に繋がる、ビジネスに限らず自分の人生をより
前進させるためのツールだとしたら、いかがでしょう?

健康を超える、健全な「こころ」と「からだ」を保つことは、この
時代を生き抜くビジネスパーソンにとって必要不可欠な要素になっ
てくると考えています。


今回、弊社、株式会社ビジネス・ブレークスルーの新たな取り組み
として、ビジネスに役立たせる、ビジネスパーソンのための
『健全な「こころ」と「からだ」を作る』ためのコンテンツを
ご提供して参ります。


【歌手】【エグゼクティブのトレーナー】【心理学者】【治療家】
【研究家】など、人生を謳歌されている多彩な講師の方々がビジネ
スパーソンに向けて、より充実した取り組みをできるようになるた
めの考え方や方法論、そして健康術をお伝えしていきます!

      開催セミナーの詳細は↓をご覧ください。
  http://www.attackers-school.com/site/102db7_klp.html


■7月 6日(火)19:30~21:30
 『ベストセラー「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」著者
  ~山本ケイイチ氏が送る成功体質の作り方 』

■7月13日(火)19:30~21:30
 『心のフィットネス! 頭で考えても心は誤魔化せない
  ~しなやかさ精神と耐性を保つ"ストレス対処"の考え 』

■7月23日(金)19:30~21:30
 『日々の"姿勢"が変われば人生が変わる!
  ~ノートPCユーザー必見! 業務中の姿勢テクニック 』

■7月27日(火)19:30~21:30
 『 笑いと生きる意欲
  ~開運・笑いという名の処方箋! 』

【3】『 大前研一特別講義 (5月23日) 「講義録(後編)」

┏━■ 
┃3┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
┗━┛『 大前研一特別講義 (5月23日)「講義録(後編)」
     ~ これからの日本!私たちの手でどう変えられるか? 』 
 
  ※5月23日(日)に開催された講義の内容を抜粋したものです。
   また、週間ポスト「ビジネス新大陸」の歩き方5月28日号からも
   一部抜粋しています。複写・転用はご遠慮ください。
  ----------------------------------------------------------------

■構想力について

東京はシンボル的なものがない。例えば、シドニーではオペラハウス、フランスは凱旋門
、ニューヨークは自由の女神に該当するものである。旅行は大半が「雑誌等で見た、○○
を見に行きたい」という確認旅行である。それゆえ、シンボリックなものがないのは問題
ということで築地の再開発を観光庁に提案した。結局、提案は通らなかったが、とにかく
構想力がある人が少ない。

MM21という横浜の再開発も構想力の良い例である。MM21の初期の開発ではコンセプトがな
い状態でビルを建ててしまったが、今後、羽田が国際化ハブになりMM21まで15分で行って
しまうということで、新たに私が再開発の構想を練って山下埠頭、新山下を現在総合的に
開発を行っている。完成時には職住接近の一等地となるだろう。

これは、世界中のインナーハーバーを見ると、例えば、サンフランシスコのフィッシャー
マンズワーフ、シドニーのシドニーハーバー、ロンドンのカナリーワーフ等のインナーハ
ーバーは職住接近で繁栄していることからわかる。職住接近にするのは人が住んでいない
と大手町のようにゴーストタウンになってしまうからである。

では、どのようにしたら構想力がつくのか?まず、構想力とは見えないものを見る力と定
義している。例えば、勝ち鬨橋に行って現存はしていないけど、何が見えるのか?を考え
る。現在は物流倉庫になっていてもったいない。”さて、君なら何を描くだろう?”この
ように構想力は、ある場所に立って、自分ならどのようなものを作るのか?を考えたり、
自分の頭にどのように景色が浮かぶかを考えることにより、トレーニングできる。これを
日々行うことが構想力を鍛錬する上で重要になってくる。

また、構想したものを実現させていく力も大切である。構想したものを実現させるために
は、実行に移す道筋が重要である。つまり、大きな変化を起こすためには、小さな変化が
必要であり、とにかく明日から出来る小さなプロジェクトまで落とし込むことも重要であ
る。


■アジアのマーケット

中国はとにかく規模が大きい。例えば、日本の高速道路は7600km整備されており、最終的
には11,500kmまで整備する計画である。他方、中国は6万km整備している。今後も1年で1万
キロ新設する計画である。また、鉄道にして言えば、日本は2万キロ敷設しているが、中国
は8万キロ敷設済みで、さらに4万キロの新設を計画している。

携帯電話について言えば、日本での契約者約1億人に対し、中国の契約者は約6億人いる。
チャイナモバイル1社で5億人の契約者を抱えており、年間契約者の純増数は日本のドコモ
の契約者数と同じ5000万人である。

80年代はアジアといえば、日本であったが、今は中国である。昔はアジアの発展途上国は
日本にならえの雁行モデルであったが、いまは中国・ブラジル等新興国が自分で絵を描き
ながら発展している。


示したように、アジアが大きく成長している。世界的に見て、富裕層は1.75億人、中間所
得層14億人(アジアで8億人)。残念なことに、日本の多くの会社は富裕層だけを相手にし
ているが、富裕層だけなく、現在は中間所得層に大きなチャンスがあるので、その層を狙
った方が良い。

また、BOP層(Bottom of Pylamid)は世界に40億人いるが、これもねらい目でもある。BOP
層向けのビジネスとして例えば、ユニリーバは浄水器を無料で配っている。また、小分け
した、石鹸、シャンプーを配布し、それを欲しくなったら購入してくださいとリピーター
を増やす戦略を取っている。これがBOP層商売の1つのモデルである。

さらにBOP商売モデルの例を挙げると、マンダムは整髪在を銀紙に包んだものを売ってイン
ドネシアで大流行している。インドでは綿棒を1本づつ販売している。バンドエイドも1枚
づつ販売している。ユニチャームは日本では若い女性が減っているため、老人用オムツ、
ペット用オムツでなんとか商売をしているが、実はインドネシアで大きな利益をあげてい
る。

インドネシアは平均年齢27歳で若い女性の人口が増えている。女性用品、赤ちゃん用オ
ムツも若い女性がたくさん購入しており、当初ユニリーバ、P&Gが強かったが、市場研究と
商品開発を徹底的に行い、参入から約10年でシェアの6割を獲得して今はインドネシア市場
で1位である。大塚のポカリも常夏のインドネスアでは良く売れており、今では国民的ドリ
ンクになっている。

つまり、アジアなど太陽が当たっているところにいくべきと考える。世界にはまだ事業チ
ャンスはたくさんあるのである。


■日本企業が世界を制するための“壁”
 ※週間ポスト「ビジネス新大陸」の歩き方5月28日号

私が今日本で注目しているのがファッションのネット通販サイト「ZOZOTOWN」を運営して
いるスタートトゥデイの創業者・前澤友作氏(代表取締役)だ。これまで基本的にインタ
ーネットでは、どこで買っても差のない“一物一価”の航空券や書籍といった左脳型商品
は売れるが、感覚や感性や感触が重要なポイントになる洋服や靴などの右脳型商品は売れ
ないとされてきた。

ところが、ZOZOTOWNはネット通販で162店・1178ブランド(2010年3月末時点)を扱い、年
間売上高が約170億円(同年3月期)に達している。ZOZOTOWNは、CGを駆使してリアル店舗
に行ったような感覚でお客が買い物を楽しめるようになっている。また、各ショップのマ
ネージャー、バイヤー、プレスなどが、サイト内のブログで新作アイテムや発売前のアイ
テムを紹介している。

そうした工夫が利用者に支持されて人気が高まり、「ビームス」「ユナイテッドアローズ
」「シップス」など有名セレクトショップも委託販売するようになった。セレクトショッ
プ側としては出店リスクがなく、在庫リスクも低いからだ。その結果、有名セレクトショ
ップが出店していない地方都市の若者たちが、続々と買いにくるようになったのである。
セレクトショップのプラットフォームになりつつあるZOZOTOWNは、右脳型商品を扱うネッ
ト通販としては数少ない成功例の一つであり、もしかすると“大化け”する可能性もある
と思う。

ことほどさようにプラットフォームという概念は、どの商売にとっても重要になっている
のだが、ここにきて日本は世界の有力プラットフォームから離脱しつつある。その最たる
原因は言語の壁だ。日本人は英語が苦手である。しかし、私が『新・資本論』で指摘した
通り、今や英語は言語における世界最大のプラットフォームになった。2番目のプラット
フォームは中国語だ。やはり13億人が使う言葉は強い。つまり世界では英語のプラットフ
ォームを制する者が1位、中国語のプラットフォームを制する者が2位と決まってきたので
ある。1億2700万人しか使わない日本語は、いわばローカル線のプラットフォームであり、
そこから生まれる富も高が知れている。

日本企業がプラットフォーム・ビジネスで世界を制するためには、まず言語の壁を乗り越
えなければ、ガラパゴス化することは避けられないのだ。


                                     以上

事業立上げに特化した特別講座 情報

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
『 あらたな事業を立上げるための2つの特別講座 
    ~ 事業立上げのノウハウが身に付け、実現可能な事業プランをつくる 』
  説明会 ⇒ http://www.attackers-school.com/site/102db6_g.html
  --------------------------------------------------------------------

  ・将来の起業を決めている方
  ・新規事業を立上げなければならない方
  ・事業立上ノウハウをマスターしたい方
  ・事業経営者の方

■『 ベンチャー事業創造講座 』 ※事業を立ち上げるならこの講座

 大前研一が認めた、事業立ち上げのプロ中のプロである講師陣が
 あなたのプランに直接コンサルします。
 
 このスクールの出身者から、実際に800を超える企業が立上がっています。
 時代や時勢をしっかりと見据え、教科書を遥かに超えた実践型の講義です。

  ▽講師:伊藤良二氏 松本孝利氏 谷口正和氏 伊藤政宏氏
  ▽日程:2010年7月23日~2010年12月19日 
  ▽募集人数:15人限定
  ▽価格:47.25万円(税込み)

 詳細は⇒http://www.attackers-school.com/site/102db6_bo.html


■『 スーパーアントレプレナー養成講座 』 ※特別エクステンション講座

 約1年間かけ、福島正伸さんが、経営ノウハウはもちろん、人脈、
 リソース確保の方法など、福島先生がお持ちのものをすべて
 一人一人フルサポートでお伝えする講座です。

  ▽講師:福島正伸さん 株式会社アントレプレナーセンター代表
  ▽日程:2010年6月25日~2011年4月23日 
  ▽募集人数:20人限定 (6月1日現在、残り枠10名さま)
  ▽価格:79.8万円(税込み)

 詳細は http://www.attackers-school.com/site/102db6_sentre.html


★2つ講座の無料説明会はこちら↓
 http://www.attackers-school.com/site/102db6_g.html

▽ ABSエクステンション講座 情報 ▽

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】『「スーパーアントレプレナー養成講座」事業成功のシナリオを描き切る 
     ~ 福島正伸氏さんが約1年間かけ、参加者全員を真の事業家へと誘う 』
    http://www.attackers-school.com/course/superentre.html
──────────────────────────────────────

 「スーパーアントレプレナー養成講座」は、起業や新規事業の立上げを目指す方、
 既に経営されている方で、新しい事業展開を考えられている方に向け、
 作られた特別講座です。

 約1年間かけ、福島正伸さんが、経営ノウハウはもちろん、人脈、
 リソースの確保の方法など、福島先生がお持ちのものをすべてお伝えする講座です。
 この講座の開講はまさに福島先生の夢でありました。
 限定20名の方々と長期に渡り、今まで培ってきたものをひとりひとりに手渡して
 行きたいと申しておりました。

 開講は6月25日からになります。
 残り定員が10名となります、ご興味がございましたらお早めにご検討ください。

==================================================================== 
■講座名:『スーパーアントレプレナー養成講座』

■講師:福島正伸氏 株式会社アントレプレナーセンター代表
■日程:2010年6月25日~2011年4月23日 
■募集人数:20人限定 (6月2日現在、残り枠10名さま)
■価格:79.8万円(税込み)
■講座内容:福島講師の講義12回+付帯サポート
■詳細: http://www.attackers-school.com/course/superentre.html

■福島正伸先生から、受講を検討されている方へのメッセージです!

 私は、いつか実現したいと思っていたことがあります。
 それは、参加者一人一人と長期間にわたって深く関わり、
 次代の日本そして世界を担う本物の起業家を育成するということです。
 しかし、一人一人と深く関わるためには、時間がかかります。
 参加される人数を最小限にする必要があります。

 それでも私は、自分のすべての経験とノウハウを提供して、
 いつかじっくりと本物の起業家支援がしたいと思ってきました。
 たまたま昨年末、アタッカーズ・ビジネススクールの責任者の加藤さんと
 お話しした際、同じ思いであったことに驚き、
 いよいよその時が来たと確信しました。
 そして、とうとう本企画を実現することができたのです!

 今回、アタッカーズ・ビジネススクールさんとともに、
 20名という限定されたメンバー一人一人と、個別に関わりながら、
 夢の実現のための最高の機会を創ります。

 私の持てるすべてのノウハウを提供し、次代を担う見本となるべき、
 本物の起業家を育成すべく、全力でご支援させていただきます。


「夢しか実現しない」
                           福島正伸

▽ イベント企画 ABS@NETオフ会(OBOG会) ▽

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】『 ABS@NETオフ会 第25回 6月27日(日)開催のご案内
     ~ 一人一人が輝き幸せを感じるチームづくりとリーダーのあり方 』
    https://www.bbt757.com/abs/form/eventForm4.asp?gcd=1406
─────────────────────────────────────

こんにちは!
ABS@NETの幹事 中平です!

いよいよワールドカップも開幕しますが、ABS@NETも負けないぐらい熱く進めて参ります!

さて、今回のオフ会は、福島正伸先生の「アントレプレナーシップ講座」を受講し、
夢を育まれ、昨年の「ドリームプランプレゼンテーション2009」にて、
みごと感動大賞を受賞された石田 和之さんに、講演をお願いしました。

石田さんは経営コンサルタントとして、会社が障がい者の雇用を検討、
導入する際のコンサルティングを手がけていらっしゃいます。
あくまでも障がい者はちょっと違う個性を持っているだけで普通の人と同じ、
普通の人たちが職場でどう輝くかというのも障がい者とどう支え合って
働けるかというのと同じだという立場です。

そして、「障がいがあってもなくても、一人ひとりが輝き“働くしあわせ”を
感じられる社会をつくる」という夢にむかって日々精力的に活動をされています!

石田さんの講演後は、定番となりました「ワールドカフェ」で、
参加者同士の対話を深めましょう。

・メンバーの個性を活かすチーム作りとは?
・多様な個性を受け入れ、持てる力を存分に発揮し、成果を分かち合う、
・そのために必要なリーダーのあり方とは?
・一人一人が輝き、幸せを感じられる経営とは?

休日のひととき、今回は人の活かし方について、皆さんといっしょに
考えてみたいと思います。

前回に引き続き、
★★オフ会会場にてPRコーナー設置 利用者募集★★
 PRするものがある方は ABS事務局 松戸宛まで abs@bbt757.com
 展示内容を確認させていただきますので、必ず事前にご連絡ください。

 
  皆様のご参加を心からお待ち申し上げております。

――【 ABS@NETオフ会 第25回】―――――――――――――

■テーマ:「一人一人が輝き幸せを感じるチームづくりとリーダーのあり方」
■日時:2010年6月27日(日)14:00~ ※17:00より懇談会!
    開場13:45~ (遅れての参加、懇談会のみの参加も大歓迎♪)
■参加費:2,500円 (懇談会に参加されない方は2,000円)
     ※サンドイッチやスナック菓子等の軽食、ソフトドリンク
      (アルコール無 し)を用意いたします。
■会場:アタッカーズビジネススクール B1Fセミナールーム
■参加資格:ABSアソシエイツ限定(一般の方の参加はできません)
■参加申込みは以下よりお願いします。
 https://www.bbt757.com/abs/form/eventForm4.asp?gcd=1406

※当日の参加はできませんので、参加の際は必ず事前にお申込みください。
─────────────────────────────────

★ABS@NETのTwitterアカウントです。こちらで講師の方々の言葉や
 イベントの予定、当日の様子などを発信しています。
 http://twitter.com/absatnet/
 また、今回のオフ会はUStreamで中継しますので、
 参加できない方はアクセスしてみてください!Twitterで案内します。

▽ 注目!新企画「こころ」と「からだ」作りセミナー ▽

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】『 2ランク上のビジネスパーソンが取り組んでいること!?
     ~ビジネススキル以外に、大切な要素「心」と「体」を作るセミナー 』 
    http://www.attackers-school.com/seminar/index.html#health
─────────────────────────────────────

 ビジネスでパフォーマンスをあげるためには、知識やスキルが必要なことは
 言うまでもありませんが、それを使いこなす【自分自身】の
 「こころ」と「からだ」の健康は、能力を存分に発揮するための大切な要素です。

 今回、弊社の新たな取り組みとして、
 ビジネスに役立たせるビジネスパーソンのための
 『健全な「こころ」と「からだ」を保つセミナー』を開催してまります!!

 【有名歌手】【エグゼクティブのトレーナー】【心理学者】【治療家】の方など、
 多彩な講師の方々がビジネスパーソンの方に向けて、さらに成長を遂げるための
 考え方や方法、そして健康術をお伝えしていきます!

        開催セミナーの詳細は↓をご覧ください。
    http://www.attackers-school.com/seminar/index.html#health


■6月 4日(金)19:30~21:30 参加料:2,000円(ABS会員1,000円)
 『 いつでも全快で業務ができる、健康の秘訣!?
      ~ ビジネスパーソンのための「食」と「サプリメント」 』
-----------------------------------------------------------------------
■6月28日(月)19:30~21:30 参加料:5,000円(ABS会員3,500円)
 『 「こころ」と「からだ」を変え、ブレない精神を手に入れる
      ~ 経営者&歌手 堀澤麻衣子が実証する武士道式"丹田呼吸法 』
-----------------------------------------------------------------------
■7月 6日(火)19:30~21:30 参加料:5,000円(ABS会員3,000円)
 『 ベストセラー「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」の著者
       山本ケイイチ氏が送る成功体質の作り方 』
-----------------------------------------------------------------------
■7月13日(火)19:30~21:30 参加料:3,000円(ABS会員2,000円)
 『 心のフィットネス! 頭で考えても心は誤魔化せない
      ~ しなやかさ精神と耐性を保つ"ストレス対処"の考え 』
-----------------------------------------------------------------------
■7月23日(金)19:30~21:30 参加料:2,000円(ABS会員1,000円)
 『 日々の"姿勢"が変われば人生が変わる!
      ~ ノートPCユーザー必見! 業務中の姿勢テクニック 』
-----------------------------------------------------------------------

【4】『 大前研一特別講義 (5月23日) 「講義録(前編)」

~ いつも以上に熱かった大前講義!いち早く講義録をご紹介します! 

  ※5月23日(日)アタッカーズ・ビジネススクールで開催された講義の内容を
   抜粋したものです。複写・転用はご遠慮ください。
─────────────────────────────────────

鳩山総理が辞任され、さらに混乱を増すであろう日本経済。
5月23日に開催された大前研一塾長の鬼気迫る講義は、 
まるでこのことを予測していたようでした。

大前研一特別講義の様子を、2回に分けてレポートいたします。
今回お伝えする前編は、今生きている環境を認識すること、
そして日本が抱える問題や世界の動向についての内容になります。

─────────────────────────────────────

■お金の流れの変化を理解する

世界に目を向けると、アメリカ、EU、中国、新興国と名目GDPは伸びている。
他方、日本だけが先進国の中でこの15年程成長が止まっていおり、
今後も大きな成長も見込むことが出来ないのが現状である。
このままでは日本の先は暗いということをまずは認識すべきだ。

名目GDPベースで見ると90年代、2000年代とアメリカはずっと右肩
上がりに成長している。そのアメリカをEUが2003年にすでに抜いてしまった。
日本が世界第2位の経済大国であるが、2010年は中国が日本を抜くことになる。

また、新興国全体という括りで見ると、2008年から新興国はEUを抜いている。
この理由は先進国の年お金、生命保険、預金等の不要不急のお金が、ファンド、
金融機関等を通じて新興国の市場(マーケット)に行くようになったためだ。
これは人類史上初めてで、成長産業がある国にお金が向かうことを示している。

日本を除いては、世界は成長の歩みを続けている。


ここで、新たに起きている2つ現象を把握しなければならない。
・金利、マネーサプライを変化させても通用しない
・新興国へお金が流れている

マクロ経済原論は、金利、マネーサプライを変えることにある。
しかし今の日本には通用していない、お金利ゼロにしても、マネーサプライを
ジャブジャブに供給しても、企業は利用しない、もしくはできない。
まさに銀行の役割が無くなってしまった。

また、20世紀は先進国が新興国を救済するため善意により税金を投入し、
ODAという形で、政府を通じてお金が流れていた。
しかし、ODAのお金は先進国の景気に左右されるため金額は不安定でかつ、
政府役人が都合良く政府に関連する企業だけにお金を流すため、
当該国の一般企業にお金が流れることはなかった。

ところがリーマンショック後、お金は、先進国の景気後退を後目に、
先進国から新興国に直接お金が流れるようになった。


■世界金融危機のなかの日本

現在、世界は金融危機のまっただなかで、いつ何が起きてもおかしくない状況にある。

まず、歴史から学ぶんでみる。
97-98年のアジア通過危機を見ると、タイ発で起きた通過危機は
周辺国、マレーシア、韓国、ロシアへと飛び火した。
その中でも、韓国が一番深刻な通貨危機が起きた。

ドバイショックが起きたとき、アブダビが救済して終わったが、
トレーダーの心理から、財政危機となっている国を見まわしたときに、
民主主義の発祥地で国力がないのに、年金・子供手当などの
お金のバラマキをやっているギリシャへ飛び火したのだ。

今、財政危機であげられているのが、
「PIGS」と呼ばれるポルトガル(P)、イタリア(I)、ギリシャ(G)、スペイン(S)がある。
「PIIGS」ではPIGSにアイルランド(I)を加えたもの、
「PIIGES」は、更にイングランド(E)を追加したもの。
そして、その先に見えるのがわが国日本だ。

日本には個人金融資産が約1400兆円、個人の負債が約400兆円ある。
つまり、ネットで約1000兆円の個人資産があることになる。これを生保、郵貯、
銀行に預けているが、ほぼすべて国債の購入に当てられている。

理論上国債発行額800兆、国民のお金融資産1000兆で、約200兆の
国債購入原資があるが、毎年50兆円の国債を発行したと仮定すると、
あと4年で購入原資がなくなってしまう。4年後に確実に危険くるとわかっていて、
いつまでも国債を保持している人はいないだろう。
つまり、いつ国債がデフォルトしてもおかしくないという状況である。

日本の財政状況は2007年に財政破綻した夕張市と同じである。
夕張市の1万倍が日本の状況である。破綻しないのは
輪転機(お金を刷る事ができるかどうか)を持っているか、持っていないか
の違いだけである。このような現状を見て、日本人は政府に出費をやめさせ、
税金を増やせ、と声を大にして言わなければならないのである。


■現在の日本三大問題

日本の三大問題は、少子化、高齢化、単身世帯の増加である。

▼「少子化が与える影響」
少子化で一人っ子が多くなっていることはは想像している以上に問題だ。
日本企業の戦後の一時期グローバル化が上手くいったのは、
親のことを考えずに行動できる、次男、三男が多かったのためだ。

家族から離れる人がいなくて、海外へ行く若者が少なくなっている。
バイオリズムが落ちた大きな理由は、安定志向の強まりによって
リスクテイカーが少なくなったためだ。

▼「高齢化が与える影響」
日本が最も景気が悪いとされた失われた15年間で、個人資産が
700兆円から1400兆円へと倍になった。
不景気に、資産が倍になる、そんな国は日本をおいて他にはない。 

全部がマーケットに出て行けば景気が回復しただろう。
また将来に不安を持つお年寄りが多く、目的もないまま、
「将来、いざというために」という漠然とした不安のために、 
お金を貯め込んでいった。

スウェーデンのように国が全部面倒をみると約束すれば、
誰も心配することないから、貯蓄ゼロで暮らしていけるのだ。

日本は誰も国を信用していないために三重投資している。
「貯金」「年金」「保険」と同じ目的でお金を貯め込んでいる人が多く、
景気が良くならないのだ。日本人は死ぬ時が一番お金持ちで、
平均3500万円を持って墓場に行く。

日本の平均年齢が50歳を超えると、企業の成長が見込めない。
高齢化で、しかも臥せてから5~10年は長生きすることがあるため、
社会的にコスト高となりる。若者、働き手が少なくなり、面倒を見なければ
いけない人が多いということで、バランスが崩れている。

さらに、若者が少ないために、警察・自衛隊・消防に携わる人さえ少なくなり、
国を守る力が弱くなっていく。


▼「単身世帯が及ぼす影響」
今の日本は、世帯構造の変化が起こっている。GMS、百貨店、ファミレスなど
多くの企業は20年以上の前と同じ世帯構成「ファミリー」をメインターゲットに
してきた。しかし今の日本最大の家族構成31.2%が単身世帯だ。
未婚、晩婚、熟年離婚、死別など、どの年代においても単身世帯が多い。

ファミリーレストランの売り上げが下がるのは当然で、
ファミリー世帯自体が少なくなっている。
コンビニが冷蔵庫変わりと言われ、贅沢したければデパ地下に行く。

一人で生活を営むことに何なら障壁はないが、
彼らにとってコミュニティは必要なものであろう。
いかに単身を消費にかりたてるのかは、これが事業チャンスになるだろう。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。