FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 投資対効果を追求したウェブ構築で経営にインパクトを!』

 ~顧客にとってワン&オンリーな存在であり続けるために~

 株式会社クリエイティブホープ 大前創希社長 
 http://www.creativehope.co.jp/

 ※本講義録は、4月12日(日)19:00~21:00に
  大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールの経営者講義にて
  開催された講義をまとめたものです。
  
  複写・転用は禁じますのでご了承ください。


■目指 してきたもの

子供時代、家にはMacintoshとDOSの2種類のパソコンがあり、遊びながら習得し、
中学生の頃には先生にパソコンの使い方を教えたり、作業の手伝いをしました。

大学時代には、HTMLを使ってホームページ作成ができました。
当時は、今と違ってホームページを持っている人はほとんどいなくて、
HTMLが使えるだけでもヒーロー扱いされる時代でした。
当時、自分のサイトを持っていることは一つの優位性になり、
実際にホームページ制作の依頼をされることもありました。

私の強みがWEB世界であることは、このころから明らかでした。

大学では化学を専攻していましたが、自分の目指す方向性が違うと感じていました。
いろいろと考えましたが、自分の持つWEBの技術で稼いでいけると確信し、
大学中退を決意しました。

いつか起業することを視野に入れていましたので、まずはデ ザイン事務所、
フリーランスからスタートして地道に経験を積み上げました。
デザイン事務所でWEB制作の基礎となる フォント、配置、ロゴなどデザインの
基礎を学んだり、デジタルハリウッドで3Dを学んだりしました。


■起業のきっかけ

若い時からWEBに関するさまざまな経験を積んだことは、すべて現在に結び
ついています。
デジタルハリウッドで学んだ3Dの技術は、WEB制作でお金を儲けることに
直結していませんが、あるとき、当時のデジタルハリウッドの校長から
仕事の依頼をいただきました。何かきっかけになるかわかりませんが、
一生懸命取り組む姿勢は必ず誰かの目に止まっているということかもしません。

いただいた仕事はある展示会のプロデュース、これをきっかけに、
フリーランスとして、そして事業としての流れが生まれたように思います。


■ 起業までの道のり

WEB制作のようなデザイン業界というのは、
完全受注産業であるため仕事を頂くことはとても難しい世界です。
クライアントのコネクションが大事で、関係性が長いという安心感に加えて
技術力が認められていないとすぐに鞍替えされるものです。

起業するにあたり、営業スタイルをどのように確立するかが問題でした。
うちの親父(大前研一)は、すごくいい親父なので(笑)、
営業先を紹介してくると言ってくれましたが、自分なりの方法論でやってみたいと
いう気持ちが強く、親父には頼らずに進めました。

コンペに勝つためには、まずコンペの場に呼んでもらうことが必須要件です。
会社は自分の力で立ち上げたい、100%自分の出資で設立する。と、
考えていましたが、いろいろと検討した末、某有名WEB制作企業から
わずかながら出資していただき、その子会社として会社を設立しました。

株式会社設立に必要な資金は自分で賄えるだけの蓄えがありましたが、
あえて子会社としてスタートすることで、まずコンペの場に呼んでもらい、
営業しやすくしたのです。

会社設立後は、お客様の求める仕事をひたすらこなしてきました。
18,000ページものWebサイトを3人で構築したり、WEBを活用することで、
顧客のある商品の売上を半年で6倍にもしました。

一方、社内組織の問題は多々あり、十数名まで増えた社員が3名にまで
減ったりしたこともありましたが、人材教育についての考え方を学ぶ、
よい経験ができたと思っています。


■経営戦略の変わり目

2006年にオフィスを新宿に移転したころの時代背景として、
DELLのコールセンターやインドのソフト開発にみられるように、
労働力は人件費の安い国外へと展開し、海外でも高品質なサービスを
提供できる時代に移っていました。
第二次ITバブルの崩壊、リーマンショックにより、企業はコスト削減のため
IT投資削減を行いました。この状況を見て、WEBサイト制作は、
労働集約型でやっている限りは、外国人労働者にとって変わられてしまう
恐れがあるため、新価値を創造していくことが非常に重要だと
認識するようになりました。

オフィス移転をきっかけに、心機一転、事業を再構築し、
大きく3つの事業に分けました。

・WEBコンサルティング事業
・WEBインテグレーション
・WEBサイト構築

■将来に向けて

WEBコンサルタント事業について、もう少しお話ししますと、
WEBには答えがないことが多く、クリエイティブホープは
「WEB事業の立ち上げ・革新」をコンセプトにして
「事業の再構築・活性化・拡大」といった抜本的な施策をとることにしています。

これだけWEBが当たり前になった時代でも、
WEBが企業の顔として効率よく働いてくれていないのが各企業様の現実です。

企業の問題は、社内で解決できないことが多いものです。
曖昧な根拠をもとにWEB戦略を立案し、何のためのWEBなのか
考えられていないのです。そのため、私たちは企業のWEB担当者・経営者も
含めて、出来る限り多岐にわたる現状分析を行うため、顧客に事業計画まで
ヒアリングを行いながら優先課題を見つけていきます。

WEB業界の今後に必要な考え方は、
成果を追求し、何を目標とするのか明確にすることです。
そして、不要なものを削ることも大切なのです。

問題を改善するには、必ず「現状分析」が必要です。
社内の問題、自社の置かれている環境を把握し、
現状を認識する(今を見極める)ことがとても重要です。


■所見

講義出席者から、優先順位の付け方について質問があったとき、
「経営に直結する問題かどうかを考える」と答えていました。
「WEBコンサルタントとして、No,1でありたいと思います。」と語る大前氏は、
顧客の求めるものに期待以上に成果をあげようと努め、
自分の信念を貫くために1ヵ月間もかけて顧客を説得したとのことです。
WEBコンサルタントのプロフェッショナルとしての熱意を感じた素晴らしい講義でした。
スポンサーサイト

■ 大前研一塾長の提言! ≪ 安藤忠雄 ≫ × ≪ 大前研一 ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 大前研一塾長の提言! ≪ 安藤忠雄 ≫ × ≪ 大前研一 ≫

 『 戦国武将の競争の精神に学べ! 
    ~  世界に名を馳せる二人が見ている日本とは? 』

 ※「VOICE」2010年4月号に掲載された記事を編集したものです
──────────────────────────────────

■繁栄するアジア、置き去りの日本

安藤:ここ20年くらい、欧米での仕事が多かったのですが、
   4~5年前から、中国、韓国、台湾、アブダビ(UAE)、
   バーレーンといった国からの依頼が徐々に増えてきて、
   昨年4月頃からはとくに多くなっています。

   しかし一方、日本からはこの1年間、依頼があまり
   ありません。秋田県で藤田嗣治作品を展示する県立
   美術館、以前上野でつくった国立国際子ども図書館の
   増築をするくらい。世界が猛スピードでエネルギッシュ
   に変わっていくなかで、日本だけが止まっている印象を
   受けてしまいます。

大前:1970年代には日本にもスピード感があって、アメリカ
   から「やがて追いつかれる」と怒られたほどでした。
   ところが90年代に入って経済成長が止まる。それから
   15年間、GDP(国内総生産)の伸びは完全に平らです。
   あらゆる統計を見ても、国としての日本のピークは95
   年。それ以降、平均所得は下がりつづけ、GDPも円高の
   状況下、ドル換算でも伸びていません。これは先進国
   に共通の現象化と思いきや、アメリカやヨーロッパの
   国々はこの間も成長を続けている。原因をきちんと
   分析・把握して政策を考えなければなりませんが、
   日本の政治家にはそれができていません。

安藤:当時の日本の勢いは大変なもので、同じようなエネル
   ギーを司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』からも感じます。
   あるいは敗戦から5年くらいたって日本へ来た外国人も、
   「この国は必ず復活する。日本人はとてもよく働き、
   そして子供の目は輝いている」といったそうです。
   しかし平成の日本を見てみると、大人はほどほどにしか
   働かず、完全に目標を見失っている。

   たしかにまだ建築設計や土木技術において、日本は世界
   有数のレベルを保っています。ところが社会としての
   勢いがないから、その優秀さを生かしきれていない。
   私の事務所が担当する日本の建築現場には中国や韓国、
   台湾の人たちがよく視察に来ますが、現場で「そっちに
   行ってはいけませんよ」というと、逆に必ずその方向へ
   行こうとする(笑)。
   「何か隠しているのではないか」「面白いものがあるの
   ではないか」というわけです。

   ところが日本人に同じことをいっても、まったく反応が
   ありません。いわれたとおり、整然と歩くだけ。よく躾
   られていて、感覚が大人なのかもしれませんが、とかく
   パワーを感じられない。
   おそらくまだ日本人の多く、とくに50代以上の人は、
   わが国はアジアのトップクラスに位置していて、指導的
   立場にあると思っているのでしょう。しかし実際にアジア
   で仕事をしていると、日本だけが置き去りにされている
   ことを痛いほど感じるのです。


■道州制でこの国を目覚めさせよ

大前:もはやこの国がスペインやポルトガルのように何百年にも
   わたって長期衰退する道を避けるためには、人々や社会の
   エネルギーを開放するかたちに統治機構を変えるしかない
   でしょうね。

   そこで重要になるのが「競争」です。そして、ここでも
   「なぜ中国はこれほど元気なのか」を考えることがヒント
   になります。中国の政治体制はいまだ完全に中央独裁ですが、
   経済運営についてはその全権限が市長に委ねられている。
   先ほど98年以降、中国が大きく変わった、と述べたのは、
   当時の首相である朱鎔基が「8パーセント以上成長すること」
   「暴動など社会不安を起こさないこと」「腐敗をしないこと」
   という「三つの約束」を果たすかぎり、
   経済運営に関する全政権を市長に委譲する、としたからです。

   その結果、よい意味で市長同士が競争するようになった。
   安藤さんが中国で引っ張りだこなのは、「安藤忠雄の作品が
   欲しい」とA市長がいえば、「われも負けじ」と他が追随
   するからです。私もいま中国の11の市長から「経済顧問に
   なってほしい」と頼まれれていますが、私が大連市のソフト
   パーク化で8万人の雇用を創出した、という中央電視台
   (CCTV)の番組を見て、そのような声が一斉に掛かるわけです。

   土地の使用法も含めて、市長の権限はほぼ無限です。
   外国からのお金も、市民からの税金も、国ではなく市に入る。
   市長はそれを使ってより競争力を高めるかたちでインフラや
   ハコモノをつくる。この仕組みこそ、98年からわずか12年で
   中国経済がここまで成長したいちばんの理由です。

   翻って日本の場合、すべて中央が物事を決めようとして、
   結果的にがんじがらめになっている。地方分権といいながら、
   その地方には財源も、権限もない。そう考えればやはり
   「道州制を導入せよ」が結論となります。

安藤:ちょうど私も先日、韓国の財閥系企業から、済州島で美術館
   をつくってほしい、という依頼を受けました。
   そのダイナミックさを目の当たりにすると、やはり中国や
   韓国や台湾は「生きている」という印象を受けます。
   一方で何度もいいますが、日本は眠っている。もう30年以上
   眠りつづけているわけです。さすがにもうそろそろ、目覚め
   なければいけません。そのためにも道州制の実施は一つの
   切り札になるでしょうね。

大前:このような話をすると、「では戦いに勝てなかった道州はどう
   なるんだ」という話が出てくる。日本ではいつも、弱者救済の
   話が先に立つわけです。しかしそうやって負けたものばかりを
   助けていくうち、真に勝つものが出てこないために国全体が
   没落する。受け取るお金の競争ではなく、自分がどういう経営
   をしたいか、どのようにして世界から富を呼び込んだか、と
   いうことを競わせる、日本に残された道はこれしかありません。

   そういう意味で、安藤さんは先ほど理想として『坂の上の雲』
   の明治時代を挙げられましたが、私は日本がいちばん元気の
   よかった時代は戦国時代だと思っています。当時はもちろん建築
   基準法などありませんでしたから、戦国武将は思い思いに
   それぞれの城をつくることができた。織田信長の安土桃山時代の
   原図を見れば、治水や山のかたち、敵の襲来などを考えた非常に
   優れたものだとわかります。そうやって文字どおり、生死を懸け
   た競争を行ったからこそ、当時の日本の建築技術は世界最高の
   水準を誇った。姫路城などはいまでも世界から礼賛されている。

   江戸時代以降は日本はずっと中央集権のままですから、めざす
   べきはやはり戦国時代でしょう。そしてまさにいま、中国の
   各市長はこのような群雄割拠の戦いを繰り広げているわけです。

安藤:そうですね、中国などの会議に出ると、たとえその場にトップが
   いても、設備技術者、構造技術者、法律家などがガンガン議論を
   戦わせます。闘争的な会議をしながら物事を前に進めていく
   わけですね。日本の場合はトップがいると、その人に遠慮して
   会議にすらならない。そういう心理的な意味でも、戦国時代、と
   いう言い方がぴったりくる。

   いまこそかつての「活力ある日本」を取り戻すにはどうするか、
   エネルギーのある中国、韓国、台湾などのアジア諸国とどう
   関わり、そのパワーをいかに取り込んでいくかを議論しなければ
   ならないでしょう。残された時間はもうあまりないのですから。



                           ここまで。

『 大前研一最新提言 ~ もはや国債の発行余力を失った日本政府 』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■『 大前研一最新提言
     ~ もはや国債の発行余力を失った日本政府  』
    ※日経BPnet【時評コラム】に2010年3月10日発行に
     大前研一が寄稿した記事を編集したものです。
──────────────────────────────────

■≪もはや国債の発行余力を失った日本政府≫2010年3月10日

金融経済危機に対応するため、2009年は国だけでも新たに25兆円ほどの負債が
増加したとされ、政府の借金は増加する一方だ。もちろん地方政府、つまり
自治体の財政も厳しく、膨大な負債を抱え込んでいる。

◆政府部門の「正味資産」がマイナスに転落したらしい?
政府も地方自治体も国債や地方債に頼っているということは、将来の日本国民
から借金をしていることにほかならない。日本はその借金をずっと続けてきた。

しかし、それもいよいよ限界に来たようだ。政府部門の「正味資産」が2009年末
に“ついにマイナスに転落したらしい”。政府は財政健全化の道筋を早期に示す
必要がある。

この「正味資産」とは、国と地方をあわせた政府部門の資産から負債を差し引い
たものだ。具体的には、土地や株式などの資産から、国債や借入金などの負債を
引いたものである。これが2009年末に初めて“マイナスになったらしい”という
のだ。民間企業であれば、債務超過の状態である。

これにより政府関係者は、「国債や地方債の増発余地が乏しくなった」と言うが、
私から見れば「何を今さら」という感じだ。

◆「道路・土地等」の資産は実際にはお金の価値がゼロに等しい
2008年における政府部門のバランスシートによると、
資産部分は、「非金融資産」として「道路・土地等」が491.2兆円、「金融資産」
として「現金・有価証券等」が504.2兆円と書かれている。しかし、よく考えて
みてほしい。国が持っている道路や土地は現金化できるものではない。
資産の大部分は現金化できるはずがないことは誰が考えてもわかるだろう。
「道路・土地等」は実際にはお金の価値がゼロに等しい資産なのである。

要するに、国が持っているのは、流動性がきわめて低い資産だけである。
バランスシート上に書かれている金額ほどの価値はない。
「マイナスになるらしい」どころではない。
現実はマイナスもマイナス、大マイナスなのだ。

◆「実は正味資産はマイナス」と言われたら?
自民党政府は、「正味資産はプラス」としていたから、気前よく国債を発行していた。
しかし、「実は正味資産がマイナスでした」と国が認めた、となれば、国債を
引き受ける側が困る。国債を買っていた国民からすれば、「資産があるという
から買っていたのに」「本当は資産なんてありませんと今さら言われても」と
恨むのが普通だろう。

欧州連合(EU)ではドバイ危機からの連想でギリシャの経済危機が危惧されている。
その連想でPIIGSという言葉もささやかれている。ポルトガル、イタリア、
アイルランド、スペインにギリシャを加えた財政破綻予備軍の総称である。
しかし、国家財政の実態は日本のほうがこれらの国々よりはるかに悪い。

◆日本の公的債務に関する錯覚
学者の中には、ギリシャ国債は外国が買っており、対外債務であるから危機に
なるのであって、日本国債は国民および日本の金融機関が買っているので投売り
は起こらない、すなわち暴落の危険性は少ない、と解説する者もいる。まさに
「曲学阿世の徒」と呼ぶにふさわしい解釈である。

海外の投資家が日本の公的債務をまだ比較的安全と見ているのは錯覚に基づいている。
つまり、危なければ誰も買わないか、高利回りにしなくてはいけないだろう
(現にギリシャが先週行ったユーロ建て10年もの国債発行では6.25%もの利回り
としなくてはならなかった)。それが、日本の場合にはまだ1%台で発行し、
買い手がいるのだから安心なのだ、という錯覚である。

しかし、買い手は金融庁に睨まれた銀行とか生保、亀井大臣の大本営が経営する
郵貯や簡保、そして日銀や中小企業金融機関などである。もちろん国民は
そんなことは知らない。いざとなれば自分たちが預けたものは返ってくる、
と信じているが、どの金融機関も日本国債がコケた時には返済資金は当然ない。

もう一つの錯覚は、外国人が持っているわけではないから(ギリシャやアメリカ
などとは違う)、というものである。約6%(44兆円)は外国人が所有している。
彼らが一斉に売り浴びせれば、ダイナマイトどころのインパクトではすまない。
日本の金融機関も当然パニックに襲われ、狼狽売りせざるを得ないだろう。
そのとき国民は初めて自分たちの安全と思った貯金や生保、信託などが実は裏側で
国債に化けており、それが国家のルーズな財政を助長していたのだ、と気がつくのだ。


◆民主党の「度胸のよさ」には感心してしまう
金融も財政も、すべては物理学の法則に従う。将来から借金すれば、
誰かが将来払わなくてはならない。呼び方や経路を変えても「質量保存の法則」のように、
マジックはなく、収支が一致しなくてはいけない。借用証書を書いて時間軸をずらす
ことはできるが、負債が消えることはない。とくにデフレ下で人口減少とくれば、
より少ない人で過去の太った借金を返していかなくてはならない。

10年以上も前からこの問題の危険性を指摘し続けてきた私でさえも、ギリシャからの
連想が日本に飛ばないように「今は声を潜めなくてはいけない」という認識がある。

巨額の赤字国債が発行される今、「実はマイナス」と言い出した民主党の
「度胸のよさ」には、私は感心してしまう。本当は、赤字国債の発行余力などないのに、
これからどうしようと言うのだろうか。

【2】『 最新のセミナーや経営者講義のご紹介 』 

─────────────────────────────────

■『 投資対効果を追求したウェブ構築で、経営にインパクトを! 』
     2010年4月12日(月) 19:00 ~21:00

     講演:大前創希氏  株式会社クリエイティブホープ 代表取締役
     ★大前研一塾長のご子息です!
-----------------------------------------------------------------------
■『 感性羅針盤
    ~脳が作り出す「人生の波」、年代別"生きにくさ"の解消法』
     22010年4月27日(火) 19:30 ~21:30
     講演:黒川伊保子さん

-----------------------------------------------------------------------
■『 B/S、P/L、C/F【3つの決算書】の繋がりを半日で理解する
    ~会社数字の読みこなし術、経営活動に活かす"計数感覚" 』
     2010年 5月11日(火)13:30~18:30
     講師:千賀秀信さん
-----------------------------------------------------------------------

【3】ABS@NETオフ会 第24回 4月29日(木)開催のご案内

こんにちは!
ABS@NETの幹事 浅田です!

今回のテーマは“お金”です。資金調達、決算、税金など起業を志す人はもちろん、
そうでない方でも、たいへん興味深い内容だと思いますよ!

今回の講師は、09年2期のアントレプレナーシップ講座の受講をきっかけに、
サラリーマンから税理士事務所を立ち上げた迫田修(さこたおさむ)さんです。
迫田さんは税理士でありながら、社会保険労務士や行政書士の資格を有しており、
起業を行う人へ、ほぼワンストップなアドバイスを提供している方です。

起業手続きや起業後のことについての疑問や、予めみなさまから頂いた質問へ
の回答時間を設けますので、実践的なアドバイスをいただけると思います。
ぜひこの機会に、実践的なノウハウを手にマスターしてみてはいかがですか?!


迫田さんの講演後は、「ワールドカフェ」で、参加者同士で議論し深めます。
お題は迫田さんのお話に関連して、当日発表します。お楽しみに!!!!


前回に引き続き、
★★ 好評!オフ会会場にてPRコーナー設置 利用者大募集! ★★

日々奮闘されているアソシエイツの事業を支援することを目的に
PRコーナーを設置します!!
ご自身の事業を宣伝したい方など、ABS事務局までお問合せください

abs@bbt757.com (ABS事務局 松戸宛)

★★

皆様のご参加を心からお待ち申し上げております。


――【 ABS@NETオフ会 第24回】―――――――――――――

■テーマ:「目からウロコ!起業前に知っておきたいお金の話」

■日時:2010年4月29日(木)18:00~  ※20:00より懇親会!
(遅れての参加、懇親会のみの参加も大歓迎♪)

■参加費:2,000円 (懇談会に参加されない方は1,500円)
※今回の懇談会は、ノンアルコール・軽食とさせて頂きます。

■会場:アタッカーズビジネススクール B1Fセミナールーム

■参加資格:ABSアソシエイツ限定(一般の方の参加はできません)

■参加申込みは以下よりお願いします。
https://www.bbt757.com/abs/form/eventForm4.asp?gcd=1352

※講師の迫田さんへご質問がある方は、参加申込み時に備考欄に記載してください。

※当日の参加はできませんので、参加の際は必ず事前にお申込みください。
─────────────────────────────────


  ABS@NETのTwitterアカウントです。こちらで講師の方々の言葉や
  イベントの予定、当日の様子などを発信しています。
  http://twitter.com/absatnet/
  今回、UStreamでオフ会を中継します!!!

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。