FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「感性マーケティング講座」 最終講義レポート 

■「感性マーケティング講座」 ※今期は『ブランドネーム創造講座』

「良くも悪くもホリエモンや三木谷社長みたいな挑戦する人間を最近見ないなあ」
「一方で、坂本竜馬や秋山真之、白洲次郎のような、気骨のある人間を扱う
番組が受けていますね」黒川伊保子先生はそう語り始めた。

脳科学の視点では人間には7年の周期があり、それに沿って時代や流行が繰り返される。
そこに照らすと、ホリエモンと三木谷社長が起業し急成長を遂げたのは、
真に努力をした者が勝つ「エリート<下剋上>」の時代。

そして球団の買収騒動や粉飾疑惑で両名に対する評価が一変したのが

04年~06年の「セレブ<自己愛>」の時代。

「エリート<下剋上>」の時代では、大衆には「勝ち抜けたい」気持ちがあるという。
そうして出る杭=ホリエモンと三木谷社長は賞賛された。
しかしその後「共感」が求められる「セレブ<自己愛>」の時代へ移ったため、
下剋上の勝ち抜けは目障りなものとなった。

そして現在。「共感」が求められる「セレブ<自己愛>」の時代から
「憧れ」が求められる「ヒーロー<自尊心>」の時代へと変わりつつある。
坂本竜馬や秋山真之、白洲次郎を扱う番組の高視聴率。
これは次の時代の波がすぐ足もとまで来ていることを示している。


マーケティングを端的に表すと「顧客の支持を得て行動を促す活動」である。
そのために世の中のマーケティング担当は、市場調査やマーケティングの4P・4Cに
即して戦略を練る。しかしどんなに戦略を練っても、期待する結果に結び付かなかった
経験が山ほどあるはずだ。
情報・モノ・サービス。顕在ニーズは既に網羅されている時代。
商品開発を目的としたニーズ調査は、既存を証明するに足りない行為ともいえる。

マーケティング理論は大事だ。でも私たちはそこに囚われすぎていないだろうか?
『証明は、真実を疲れさせる』
ふと気付く。これまでのマーケティング活動は「既存の証明」を
基盤にしていたのかもしれないと。

この講座では、脳科学の視点で人間の「感性(外界からの刺激を受け止める感覚的能力)」
を分解し、それを軸に商品開発へと広げていく。原点は「感性」。市場調査ではない。
ここが「顧客の支持を得て行動を促す活動」としてのマーケティングの
真のあり方なのかもしれない。と気づかされた。


     ↓黒川伊保子先生の講座内容はこちら↓
  http://www.attackers-school.com/site/as23ob_k.html
スポンサーサイト

「ベンチャー事業創造講座」 最終講義レポート 

■「ベンチャー事業創造講座」

ビジネスアイデアを理論立てて形にするのが基礎編なら、それを磨き上げ
事業の成功確度を高めていくのが実践編。この数ヶ月間、伊藤良二氏と
伊藤正宏氏両講師は、ビジネスの優位性や実現可能性、継続性等、あらゆる
角度から、ビジネスモデルの穴を丁寧に指摘し、問題解決のヒントを
与え続けてくれました。

これからは変化するのが当たり前の時代。たとえ今が追い風であっても、
数年後まで市場を予測すること。変化するのは市場だけでない。
今後の経済や政策いかんで、顧客企業ばかりでなくコンシューマーにおいても、
販売環境がガラリと変わる可能性がある。

最終回のテーマは「軌道修正」。
講座で磨き上げてきた事業計画書でも、目まぐるしく変わる環境の中では
足りないことが次々と発生するだろう。ベンチャー経営者は、都度捨てる
覚悟をもって、変化に応じていかなければいけない。
伊藤良二講師はその対応を、現在と将来における成長フェーズ毎に
解説してくださった。

受講生は “ゼロ”地点 ⇒ 新しいビジネスモデルを探していたり、
そこから1歩踏み出そうとしている段階で、数年後なんてとてもイメージ
できない、というのが思いがあったかもしれない。

でも、伊藤講師は最後の授業で、中長期のイメージを描かせ「軌道修正」
することを説明した。これまでの授業では、事業計画を練り上げてきた。
それがどんなに完璧で思い入れがあっても、今は変化する時代だ。
状況によって変えなければいけない。

生まれたてでまだ信用が無いベンチャーを、小さなエンジンで離陸させ、
変化の波にどうやってのせるのか、どんな風を選び目的地へと近付けるのか。
操縦の基本は変わらない。でも中長期でみると、機体の大きさやシステム、
旅客数によっては、判断する視点が異なってくる。
伊藤講師が伝えたいのは、こういうことではないかと考えた。


  ↓「ベンチャー事業創造講座」の内容はこちら↓
 http://www.attackers-school.com/site/as23ob_b.html

【2】みんな集まれ♪アタッカーズ☆クリスマス&大忘年会♪結果報告!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】みんな集まれ♪アタッカーズ☆クリスマス&大忘年会♪
     ~ 当日のオフ会の様子を徹底レポート!? 
─────────────────────────────────

こんにちは!

ABS@NET幹事の山本早苗です。

第22回ABS@NETオフ会「アタッカーズ☆クリスマス&大忘年会」
師走の忙しい中、時間を作って参加された皆さま、お疲れさまでした!

今回はワークやプチコーナーが盛りだくさんで、懐かしい仲間と再会を
喜びながらワイワイ楽しんでいた方が多かったのが印象的でした。
ビンゴで全員におみやげを持ち帰っていただいたほか、事務局からの
プレゼントをゲットされた方々もあり、よいクリスマスになったのでは
ないでしょうか。

shuugou


さて、私から当日のオフ会の様子をレポートしたいと思います!

初めの歴史トーク第二弾では、
ABS事務局加藤さんと、我ら幹事の中でも“歴史マニア”中平さんと
パネルディスカッションを行いました。

今回は、時代の背景や登場した人物を紹介しつつ、
時代の変わり目に起きた歴史を語って頂きました。

幕末で私塾を開いた吉田松陰のごとく、
大前研一氏もABSを通して自分の意思を受け継ぐ人に、
これからの時代を切り開いて欲しいと願っていると、
ABS事務局の立場から(推測して)代弁して頂きました。

歴史マニアの視点から今の時代を見てどう感じるか?
歴史というのは良い時代と悪い時代の波があり、
歴史上では時代が悪いときには、立ちあがる人間が出てきているとのことです。

不況でしかも実力社会といわれる今は、時代が悪いといいますが、
やろうと必死に学んだ人間が活躍できる良い時代であり、
我がABSで必死に学んだ皆がこれから活躍できる時代である、
と語る加藤さんの言葉に心が熱くなりました。

当時は20~30代の高杉晋作や坂本竜馬が、
日本の歴史を変えるくらいの大きなことを成し遂げてきたことを振り返れば、
年齢や立場(生い立ち)なんて関係なく、まして携帯電話(!)もない時代に、
自分の足だけで人とつながり、大きなことを成し遂げてきたことを考えれば、
「今の私たちにやれない理由は何一つない」のだと更に激励してくれました。

今回もまた一つ、歴史から考えさせられました。
悪い時代だからこそ次に必ず来る良い時代の波に乗れるように、
来年も全力でがんばっていきましょう!



熱い歴史トークの後は1分間スピーチで、
お題は「2009年の反省と来年の抱負」
今年1年を振り返って各自いろんな思いを抱えていましたね!
1分間だけでは足りなかった人もいたかもしれませんが、
これからも、叶えたい夢や目標をいつでも声に出して宣言し、
ABSアソシエイツの皆と一緒に、お互い切磋琢磨し合っていきましょうね!



その後はクリスマス&忘年会ということで、楽しい宴を開始。
参加者よりABS講師陣の名言を集めた、
「アタッカーズビンゴ」を開催しました。
さらにABS事務局からのサプライズ賞品を用意して頂き、
プレゼント争奪戦が更に盛り上がりましたね!

ビンゴが一気に出そろった言葉は福島正伸氏のこの言葉でした。

「成功の法則、できるまでやる」

うーん。刺激になります!



今年最後のオフ会で、
エネルギッシュな皆さまとお会いできたことを嬉しく思います。
本当にありがとうございました!

来年もさらにパワーアップしていく皆さまにお会いできるのを、
心より楽しみにしています!



次回のABS@NETオフ会は、2月開催を予定しています。
詳細は決定次第ご案内しますので、どうぞお楽しみに!

★ @NET幹事会は、ツイッターでもつぶやきを始めました!
ビンゴで紹介した講師の方々の言葉やイベントについてつぶやいています。
ぜひフォローしてくださいね。
http://twitter.com/absatnet


それではよいお年をお迎えください!来年も皆さんがチャンスとハピネスを
たくさん手にできる年になりますように。

大前研一最新提言!『大前研一特別講義 講義議事録(前編)』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ■大前研一最新提言
  『 大前研一特別講義 講義議事録(前編)
    ~ 日本は逆境。 だから今がチャンスなんだ!』
 ※12月20日 アタッカーズ・ビジネススクール受講生向けの特別講義より
──────────────────────────────────

 アタッカーズ・ビジネススクール塾長・大前研一による、たっぷり
 3時間の生講義。世界や日本における大量かつ多様な情報が、
 辛口の大前節によってスルスルと飛び出す!
 
 ぜひお楽しみにください!


■データから事業機会を読む

日本の国は、いったいどういう国になってきているのか。
皆さんは非常にラッキーなことに、これから逆境の中で勝負をする。僕らの頃
は、全てが上り調子だった。しかし日本のピークは95~96年で、その後は全て
の指標で落ちている。日本はもはや、世界でも珍しい老大国なんだ。大きな特
徴は、家計保有金融資産で、預貯金つまり現金が多いこと。そして所得と資産
は減少。物価の動きもあまり良いとは言えないな。

今から20年前。家族と言えば夫婦と子供だった。ところが2005年にクロスして
、単身世帯が日本で一番大きな世帯になってしまった。現在では、単身世帯が
31.2%、夫婦と子供で構成する世帯が27.9%、夫婦のみの世帯が20.1%。20年
という短期間で、大きな構造変化が起きている。

皆さんも事業を考える時に、誰を対象に、何をやるのか考えるだろう?
では、なぜGMS(General Merchandise Store/郊外の大規模量販店)やファミレ
スが売れなくなってしまったのか。
GMSは、家族を前提に成り立っている。車で乗り付けて、トランクいっぱい買い
付ける。車のトランクいっぱい買うなんて、子供が3人、4人といっぱいいる
家族だけだよ? 単身だったらそんなに買う必要はないよね。ポーションが大き
すぎる。これからは100グラム単位でなく80グラム単位で売ったほうが良いに決
まっている。単身者なんて、食べるものより冷蔵庫の中で腐るものの方が多い
んだから。NHKの料理番組でも、4人前の料理を作っていたのが、去年からよう
やく2人前になったんだ。

そしてファミレス。単身者が1人でファミレスに行くほど癪に障るものは無い
。でも一人用のレストランが無い、一人用のレストランがあれば儲かるよ。そ
こは若干寂しいけれども、カウンターバーみたいな雰囲気のお店で、ちょっと
だけ可愛い子と雑談しながら、煮つけかなんか食べて帰っていく。一人用のレ
ストランで何とかやっているのは、日本では大戸屋だけだ。

日本の標準モデルが変わっているのに、ほとんどの経営者がこれに気が付いて
いない。20年前は、20~30歳の若い年代に単身世帯が最も多くて、年代が上が
るとその数は減っていた。今はどの年代を見ても単身世帯が多い。未婚や晩婚
、離婚に死別・・・。どの年代をとっても、単身世帯が増えているんだ。

皆さんはフレッシュな心で、日本の最大のセグメントである単身世帯を狙いな
さい。現在ほとんどの会社は、20年前・80年代の分布を対象にしているのだか
ら、事業機会は山ほどある。データは見るだけでは駄目。データを見ながら、
意味するものを考えると、無限の事業アイデアが出てくる。皆さんは、グラフ
を眺めるだけでなく、考える癖をつけなきゃいけない。


■寝ている日本の現状

日本のGDP成長率は、95年からほとんど変化がない。誰にも頼まれないのに、
この国は寝ちゃっている。この間、緊急経済政策300兆円、第二次補正予算…
等10いくつの経済対策をやったにも関わらずだ。これが今のマクロエコノミー
。こういう国は世界に無い。日本は紛れもなく世界2位の経済大国だった。と
ころが中国を見てみると、どうだ。

僕はちょうど平成元年に『平成維新』(講談社)という本を書いた。その表紙
は世界地図。各国のGDPの大きさを国の面積に反映して世界地図を描いた。当
時の中国は、ちょうど九州くらいの大きさだったんだよ。 でも09年12月、中
国は日本を抜いた。年間GDPでは日本の方がちょっとだけ大きいが、来年は中
国が確実に日本を抜いてくるよ。月次ではちょうど日本を抜たところだ。

その一方で、EU27カ国は、トコトコトコトコ伸びて行って米国を抜いた。EUは
もはや国家だ。最もGDPが大きな国は米国ではない。EUだ。2位は米国、3位
は来年から中国。日本は4位。

中国と日本とでは、GDP成長率が7%違う。ということは2020年には、中国は
日本の倍になる。もし中国が現在の成長率を維持すると、2050年は日本の10倍
以上の規模だ。にも関わらず、日本は頼まれもしないのに寝ている。なぜ横に
なるのか。それは経済対策をするからだ。

緊急経済対策は、土木工事が多い。300兆円の土木工事をやるんだ。土木工事
を緊急にやるには、すぐに土地を買える所でしかできない。そうすると東京や
大阪、名古屋等の大都市が手つかずになる。一方で、国が20年計画でやらなけ
ればいけないことは、沢山ある。しかもそこにニーズがあり、金もあり人も存
在する。でもそこに金を使わない。
公共工事に経済のちょっとは効果があるのか。ほとんどない。日本が途上国な
ら、沢山インフラを作れば経済効果につながる。先進国では上昇効果は非常に
乏しい。

日本だけが寝ている。金利をゼロにしてマネーサプライをジャブジャブにして
、300兆円の緊急経済対策をやって何の効果もない。つまりマクロ経済は効き
目がない。マクロ経済は途上国でしか効かない。先進国は皆が金を持っている
のだから、心理経済を使うのだ。そうすると皆何か買おうという気持ちになる
。マクロではなく、ミクロ経済。金利やマネーサプライをいじらないで、心理
をいじる。

ドイツ首相のアンゲラ・メルケル。車の売り上げが大きく落ち込んだ2009年1
月、9年落ちの車を新車に買い換えれば2,500ユーロ払う政策を出しました。そ
の時たまたまドイツに行ったら、ディーラーの前に大破した自動車が置いてあ
って2,500ユーロと貼ってある。この政策は1年限り。皆がチャンスだと思う
。だからドイツは先進国の中で唯一自動車販売数が、前年対比マイナスになら
ずに済んだ。これも心理。いつか買い換えるのなら、今年がいい。日本もそれ
を真似したけれども、条件が複雑で効果が薄い。But、Howeverは駄目。つまり
先進国を動かしているのは心理なのだ。



前編はここまで、

後半ももっと確認触れる内容がぞくぞく登場します。
次回をお楽しみに!

『大前研一の提言!【議論する力】』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4◆ 大前研一の提言
    ~PartⅡ【議論する力】「傾聴」「質問」「説明」この三つの力を磨け
   ※THE21 11月号に大前研一が寄稿した記事を編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●議論の質を高める「悪魔の主張」とは?

もう一つの「説明する力」に必要なのは、一にも二にも論理的で
あることだ(それ以前に、「私はこう考える」という自分の考え
をもっていることが大前提だが)。多少言葉は拙かろうが、論理
的に説明できさえすれば、どこの国の誰が相手であっても、必ず
話の意図は伝わるのである。その意味で、世界共通言語というの
は英語ではなくロジカルシンキングのことだと私は思っている。

論理的というのは、①主張が明確で、②その主張を支える具体的
、客観的な根拠(データ)があり、③根拠と主張のあいだに矛盾
や飛躍がなく、双方向に(So What?/Why So?)の関係となってい
る状態をいう。

しかしながら、とっさに論理的な説明をしようとしても、慣れな
いうちは難しいだろう。そこで、事前に自分の主張を論理的に組
み立てておくのだ。それには、ピラミッド・ストラクチャーを書
いて整理するのがいい。まず、三角形の頂点に自分の主張を書き
、次に、根拠となる事実やデータを底辺に列挙する。最後に、根
拠と主張のあいだを論拠(理由付け)で埋め、全体像をつくりあ
げるのである。

これをやると、事実の裏付けのない部分や、たんなる思い込みに
すぎないところなどが一目瞭然でわかるので、自分の主張が論理
的かどうかを判断するにはもってこいなのだ。

こうして話す前に論点をまとめ、ストーリーを組み立てたうえで
、「私の主張はこうです」と最初に結論を述べる。そのうえで、
「その理由は三つあります。一つは・・・と説明していけば、あ
なたの主張の説得力は格段に高まるだろう。

また、相手の主張に反論する際にも、頭のなかにピラミッド・ス
トラクチャーをつくりながら検証していくと、論理的でない部分
がすぐわかる。そうしたら、「その主張はどんなデータに基づい
ているのか」「その事実からその結論に至る論拠を説明してほし
い」といったように質問をしていけばいい。

反論というと、日本企業の会議では面と向かってしづらい空気が
ある。しかし世界では、議論を深めるために参加者の一人が故意
に反対意見を唱えることも珍しくない。
これを「Devil's Advocate(悪魔の主張)」というが、反論が出
ると、お互いに緊張して議論するため、切磋琢磨から従来よりも
よい答えが導き出せることがある。このことを世界のトップビジ
ネスマンはよく知っているのだ。だから、あえて反対意見をいっ
てくれる人はありがたい人、ということになる。


イギリスでは高校時代から、授業で徹底的にディベートの練習を
させられる。北欧では小学校低学年から、自分で考えて意見をい
うことを求められる。かたや、日本の学校では答えを覚えさせる
ことには熱心だが「議論する力」を鍛える教育はいっさい行われ
ない。そういう意味では、日本のビジネスマンは最初から大きな
ハンディを背負っているといっていいだろう。

しかし過去を振り返れば、ソニーの故・盛田昭夫氏、富士ゼロッ
クスの小林陽太郎氏など、「議論する力」を身につけて世界で認
められた日本人経営者も少なからずいるのである(とくに盛田氏
は、英語はお世辞にもうまくなかったが、その説得力は抜群だっ
た)。

私がマッキンゼー時代に指導した約五百人の部下たちも、仕事を
通して「議論する力」を身につけ、いまさまざまな分野で活躍し
ている。だから私は断言できる。「『議論する力』は、日本人で
も訓練すれば絶対に習得できる」と。


                         以上

必見!? アタッカーズHP、完全リニューアル!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
必見!?アタッカーズ・ビジネススクールHP、完全リニューアル!
     ~ 情報サイトとしての機能も充実 生まれ変わりました!
   http://www.attackers-school.com/site/dnaex_h.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 アタッカーズ・ビジネススクールのHPを完全リニューアルしました。

 今回のリニューアルしたサイトの特徴!

■ビジネス情報サイトとしての機能を充実

1.アタッカーズ・ビジネススクールで開催した「経営者講義・
  起業家講座」のなどの講義録を掲載しています。

  最近開催されたものはもちろん、さかのぼること11年前の
  講義録も掲載しています。当時、一世を風靡した経営者や
  今や巨大企業に発展した企業のカリスマ経営者の当時の講義内容が
  ご覧いただけます!
  
2.ABSスタッフが独自に厳選した書籍の書評や皆さまに
  おすすめしたい書籍をラインアップしています。

3.大前研一ニュースの視点で紹介された「大前研一の提言」を
  過去のものも含め、掲載しております。
  テキストだけでなく、グラフや資料を掲載している記事も
  ございます!

■受講生の成長の軌跡?

 アタッカーズ・ビジネススクールを受講された方々の生の声を
 掲載しています。受講動機やどんな未来を目指してどのような努力を
 しているのか? そして、どうなれたのか? など。

 これからもいろいろな方々のお声をアップしてまいります、
 皆さまも共感するところがあるかと思いますので、
 ぜひ参考にしてみてください。

■その他
 できるでか分かりやすく、見やすくをモットーに講義カリキュラムも
 ご紹介させて頂いております。

 実際の講義の様子のストリーミング映像の視聴や
 無料で経営者講義を視聴できるサイトも充実させてました!
 


 お時間がございまいたら、ぜひご覧になってください!

         ↓新サイトはこちら↓
   http://www.attackers-school.com/site/dnaex_h.html

アタッカーズ・ビジネススクール 新期講座内容が決定しました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10年第1期(来年1月24日開講)の講座内容が決まりました!
     ~ 8講座中4講座が新規開講講座です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   10年第1期開講の講座は、全8講座になります。

 ◆【7講座】個人の実践力をそれぞれのスキルごとに強化する講座
----------------------------------------------------------------
<1> ☆New☆ アントレプレナーシップ講座 講師:中谷彰宏氏
----------------------------------------------------------------
<2> ☆New☆ ブランドネーム創造講座 講師:黒川伊保子氏
----------------------------------------------------------------
<3> ☆New☆ 実践マーケティング講座 講師:小川正信氏
----------------------------------------------------------------
<4> ビジネスモデル創造講座 講師:末吉孝生氏
----------------------------------------------------------------
<5> ☆New☆ コミュニケーション・デザイン講座 講師:関橋英作氏
----------------------------------------------------------------
<6> 計数マネジメント力基礎講座 講師:千賀秀信氏
----------------------------------------------------------------
<7> 戦略思考講座 講師:石黒不二代氏
----------------------------------------------------------------

 ◆【1講座】起業・新規事業など、ベンチャー事業の経営を目指す講座
----------------------------------------------------------------
<8>     ベンチャー事業創造講座
   講師:伊藤良二氏 松本孝利氏 谷口正和氏 伊藤政宏氏
----------------------------------------------------------------


     ★↓詳細はNEWサイトでご覧ください↓★
  http://www.attackers-school.com/site/dnaex_i.html


Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。