FC2ブログ

『大前研一の提言!【人間力の時代】』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】 大前研一の提言!
  『【人間力の時代】鳩山民主党よ、
    本気で官僚と闘う気があるならこの改革をやってみせろ
    ~「バラまき方」を変えるだけでは改革とは呼べない 』
    ※SAPIO 9月9日号に大前研一が寄稿した記事を編集したものです
─────────────────────────────────

■カネをかけずに日本を復活させる「富を生む源泉」

鳩山民主党が本当に政権担当能力を持ち、本気で日本を改革する気持ちが
あるのなら、何よりまず、土壇場にきた日本経済の立て直しを
“税金を使わずにやる”ことが課題になるだろう。

それは可能であるが、自民党政権はやってこなかった。なぜなら、
自民党を裏で支え続けてきた官僚組織の権益を奪うことになるからだ。
逆に言えば、民主党がそこに踏み込めるかどうかは、「鳩山首相」の
リーダーとしての資質を問う最大の試金石になる。

世界で改革に成功したリーダーは、例外なく「これまでなかった財源を
生み出す」知恵を持っていた。ロシアのプーチン前大統領はフラット
ダックスにより、減税をしながら大幅な税収増を実現した。

地下経済を表に引っ張り出したからである。最近ではインドネシアの
ユドヨノ政権(とくにスリ・ムルヤニ財務大臣)が、過去の脱税を不問に
付することで税収を1.5倍にした。

そのカネでやったことがまた奇抜で、官僚の給料を3倍に上げたのである。
国民は怒りそうなものだが、これによって官僚の腐敗がなくなり(悪事に
手を染める必要がなくなった)、国の改革が進めやすくなったのである。

ユドヨノ再選はこうした改革が支持されたことを示しており、
この「眠れぬ大国」もいよいよ発展段階に入った、と私は見ている。
台湾の馬英九総統は、陳水扁前政権の8年間に中国と断絶したことで経済が
停滞した点を国民に訴えて支持を受けた。

大発展する中国の経済に乗っかることが台湾にとっても必須となって
きている。したがって、彼の主張(三通=中国間の通商、通航、通信)が
正しいことを今後の経済発展で証明できるかどうか、具体的施策をいかに
巧みに繰り出すことができるかどうかが腕の見せ所となる。

逆に、アメリカのブッシュ前大統領や韓国の盧武鉉前大統領を見るにつけ、
リーダー1人の失敗で国家全体が大迷走してしまう脅威も忘れるわけには
いかない。


さて、日本はどうやって新たな財源を生み出し、経済発展を成し遂げるべきか。
まず考えなければならないのは、先進国で最もひどい財政状況である。

日本政府の借金(国債や借入金の合計)は09年6月末現在で過去最高の
約860兆円に達し、税収(約46兆円)の19倍近い水準になっている。

民主党はすでに「子ども手当」や農家への戸別所得補償などの
バラまき政策を公約しているから、新たな支出が増えることも確実だ。
民主党は予算の無駄を省き、いわゆる「埋蔵金」を活用するなどで

まかなえるというが、たとえそれができたとしても、しょせんは限られた
予算の分配方法が変わるだけであり、しかも税収以上の支出を続ける
赤字財政も是正できない。

本当は、日本は非常にユニークなポテンシャルを持っている。だから
税金を使わずに経済発展=税収増を実現できるのである。ヒントになる
のは大発展を遂げる中国の都市・産業基盤開発だ。

中国では土地はすべて共産党のものである。そのうち農民に与えられて
いる土地が「新たな富を生む資源」となっている。政府や自治体は農地を
農民から接収し、代替地を与える。接収した土地の羊頭を商業、産業
などに変更し、民間業者に49~79年くらいでリースし、開発させる。

そのリース料が政府のポケットに入ってくるので、税金を使わずに
都市や産業基盤の建設資金が捻出される。このやり方によって中国は、
この20年くらいの間に新しく180以上の巨大都市(人口100万人以上)を
造り上げてきた。

これなら全く財政負担をせずに経済を発展させることができる。
国民も重税に喘ぐことがない。見方を変えれば農民が搾取されているのだが、
その多くは新しくできた都市で労働者となっている。世界一広大な土地を
所有する共産党にとっては、国家発展のための「源泉」は、ほぼ無限
なのである。これが世界中があまり理解していない「中国マジック」だ。

日本にはそんな土地はもうない、と思うかもしれないが、実は同じような
「未開発の富を生む土地」が山のように残されている。それこそが官僚利権に
よって隠された日本経済復活の源泉なのである。

■必要なのは「税金を使わぬ開発」の1つの成功例

富を生む土地をどうやって開発するかは政治のリーダーシップの見せ所となる。
官僚の抵抗を排し、なおかつ乱開発にブレーキをかけながら進めるには強い
政治力が不可欠だ。

中国で都市開発が進展するのは、市長などに強い権限が与えられているからだ。
日本のように、市の開発計画に県や国が文句を言ったりカネを出したりはしない。
逆に、自治体が国を頼ったり、責任逃れをしたりもしない。

市長が自分の才覚と権限で開発し、成功したら評価され、失敗したら更迭される。
一方、日本では何をするにも国の認可が必要だ。たとえば、細川護熙元首相は
熊本県知事時代、国道のバス停を20m動かすために何回も上京して建設省と
交渉したという。また、大阪市が国道の御堂筋の歩道に郷土出身の彫刻家の
作品を置こうとした時も、市長が何度も東京に足を運んだ。

こんなふうに自治体の発展を邪魔してきた中央集権をやめ、日本でも開発
の主体は市や区に移すべきだろう。それが官僚主導国家からの真の地方
自治国家に変わる第一歩となる。

そして、今後の都市開発は(よくある役人の手垢の付いたものではない)
純粋かつ厳格なPFI方式(PrivateFinance Initiative/公共事業を民間の
資金、経営、技術を活用して行う手法)で進めることが重要だ。

乱雑な開発とならないよう、再開発の単位を大都市部でも1辺500m以上の
区域に分け、しっかりとした地盤整備をし、その上に道路、住宅地、学校、
公園、商業地、オフィスなどを練り込んでいく。

大事なことは、官僚に恣意的な判断をさせないことだ。すべてのルールは
住民が決める。建物の高さや色なども住民が自分たちの街並みはこうしたい
と決めたら、行政はそれに従う。

もちろん最低限必要な都市機能の整備や耐震、耐火、水害などに対する
安全基準にはルールを設けるとしても、官僚が全国一律に決める必要は
全くないのである。

住民に任せると、意見が対立して意思表示ができないケースもあるだろうが、
それはそれで一向にかまわない。やりたいところからやればよい。我々が
欲しいのは税金を湯水のごとく注ぎ込んだ「均衡ある国土の発展」ではなく、
税金を使わない最初の成功例なのだ。

それが1つ出てくれば、街づくりの競争が始まるだろう。そうなれば、
もう官僚の権限も財政支出も必要なくなる。それが真の地方自治である。


民主党が本気で官僚支配からの脱却と地方自治を目指すのであれば、
彼らに無限の財源を与えればよい。埋蔵金ではなく、市街化調整区域と
湾岸工業地帯、そして大都市部の空中にある埋蔵された富を掘り尽くせ、
と言いたい。

国家の基本となる街づくりと経済復興を税金と官僚の手を使わずに実現してみせよ、
とアドバイスしたい。それができれば、国民は政権交代が起きて良かったと
評価するだろうし、官僚支配から脱却した象徴にもなるだろう。

                                 以上
スポンサーサイト



【1】『ABSアソシエイツの活躍 SPOF合格者が得たもの!』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】『ABSアソシエイツの活躍 SPOF合格者が得たもの!』
   ~ コラム 多くのビジネスパーソンが今直面していること!?
                         (編集:松戸)
─────────────────────────────────
 
 総選挙が終わりました、果して日本が本格的に変わる序章となるので
 しょうか? でも、ABSのアソシエイツの皆さんなら国や政治にのみ
 期待することなく、自分自身に期待し自らの手で掴み取りに行きますよね!
 

 さて、8月29日に開催されたABS@NETのオフ会で、4名の合格者に
 プレゼンテーションをしてもらいました。
 彼等はこのSPOF審査の一連の流れの中で、ご本人達も気が付かないうちに
 様々なものを手にされていたようです。
20オフ会4
 
 数々のプロセスを歩んできた中で、彼等が手にしたもの、それは。
 事業プランの精度はもとより、人脈、そして”人に伝えること”、
 特にプレゼンテーション能力の高さには、参加された皆さんは驚かれたと思います。

 明確な目標に向かい、一心不乱に歩んでいる彼等は、
 知らず知らずに大きな成長を遂げられていたのだと、改めて感じました。
 

 今後もABSの仲間(アソシエイツ)として、彼等を応援して行きたいと思います。
  
 ※オフ会の様子は、ABS@NETの幹事の方が後述していますのでご覧ください!


      ★☆★ 合格者 ★☆★

◇坂口泰子氏(さかぐちたいこ)『アントレキッズ育成事業』
◇今聴夫氏(こんきくお)『キャリア教育支援事業』
◇張間浩明氏(はりまひろあき)『書籍のコンテンツWebサービス』
◇川辺剛氏(かわべごう)『大人の体験学校”Tomorrow College”』

  ────────────────────────


【★コラム ~多くのビジネスパーソンが今直面していること!? 】


私たち多くのビジネスパーソンが今直面していること、それは、
【 問題は明確に見えているのに、解決策を見出せていないことです。】
今までは問題の本質が解れば、ある程度の解決策が見えてくるとされてきました。

確かに多くの場合はそうかもしれませんが、クリティカルな問題の場合は
そうはいきません、理論的なアプローチ法だけでは解決策を見出せなく
なっているのです。。。

たとえば、
 ◆今の仕事に充実感を得られないのは、自分自身に明確な目標がないから、
  ⇒じゃあ、どうすれば明確な目標を作れるのか?

 ◆あらゆる広告を試したが効果が上がらない、
  ⇒じゃあ、どんな訴求手段を講じればいいの?

 ◆自社製品は顧客の潜在ニーズを掴んでいない、
  ⇒じゃあ、どうすればニーズを掴める商品を開発できるの?

これはラーメン屋さんの理論と同じで、
ラーメン屋さんをヒットさせるにはうまいラーメンを作ること。
⇒では、うまいラーメンってどうやって作るの?


上記の例は飛躍した部分もありますが、解決策には理論的な要素、
プラスαクリエイティブな思考が不可欠になってきています。
すなわち理論の延長線上に、“答え”は落ちていないのです。

今、私たちのアタッカーズ・ビジネススクールでは、
「何もない(ゼロ)」状況下においても「有(1)」を生み出せる
ようなクリエイティブ思考と理論性を兼ね備えたカリキュラムを
今は皆さんにお届けしています!


自分人生の経営者は、誰しもが自分です。

解決策を自らの手でクリエイトしていきたいですね!

【2】『大前研一の提言!「経済没落の日本」しか知らない若者に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】『大前研一の提言!「経済没落の日本」しか知らない若者に
     もう一度「進取の精神」を』
    ※SAPIO 8月26日号に記載されたものを編集したものです
   (編集:松戸)
─────────────────────────────────

どうも昨今の日本を論じようとすると、危機感をあおる話ばかりになって
少々気が引けるのだが、これも事実だからご容赦いただきたい。


日本経済が衰退を続けている間に、アジアでは中国、インド、インドネシア
など新興国の経済がいろいろな尺度で日本を凌駕するようになった。

“いくらなんでも言い過ぎでしょう”というのは現状認識が甘い。

たとえば、中国企業の時価総額が日本企業の時価総額を大幅に上回っている
現実は極めて重い。上海取引所の時価総額が東京を抜いた、と報道されて
いるが、これに深センと香港を加えると、すでに東京の倍以上になっているのだ。

中国に追いつかれてきたと思っていたら、アッという間に追い抜かれ、
どんどん背中が小さくなっているのである。

個々の中国企業の“実力”は、まだまだ日本企業より下だ。それでも時下総額が
逆転するのは、投資家が中国企業の価値が今後も上がると見込んで株を買うからだ。

つまり、時価総額の差は将来の企業価値の差だと考えなければならない
(もちろん投資家が常に正しいかは別問題だが)。
そして、時価総額の逆転が重大なのは、これが“武器”として使えるからである。

たとえば、時価総額の高いほうが低いほうを株式交換で買収することは簡単だ。
中国移動(時下18兆円)がNTTドコモ(同6兆円)を、中国工商銀行が日本の
メガバンクを買収することは、その気になれば難しくないのである。

それが起きないのは、日本企業に成長性が無く魅力的な買収対策ではないからで、
これまた喜べない話である。

中国の富が日本よりはるかに大きくなってしまったという今回の危機は、
日本が過去に経験した元寇、黒船到来、第二次世界大戦敗戦、日本貿易
摩擦、プラザ合意後の急激な円高などと違って、物理的に見える危機ではない。

だから日本人にあまり危機感がないのだが、経済の仕組みがわかる人間なら、
これがいかに決定的な敗北か、異論をはさむ余地はないだろう。

開国か攘夷かで国論を二分した黒船到来に匹敵する「国難」に直面しても、
空理VS空論、あるいは広告代理店のにわか仕込みの作文マニフェスト合戦、
といった風情の総選挙しかできない日本の未来は暗い。


■日本バッシングは、むしろありがたかった

しかしながら、いったん危機を正面から認識すれば、日本人は奮起して
立ち上がる十分な資格を持っている。歴史を振り返り、日本人の“棚卸し”
をしてみればわかる。

日本人は外国からのさまざまな圧力に接し、幾度となく進取の精神を発揮してきた。
たとえば、飛鳥時代~奈良時代には渡来人の文化を応用して藤原宮や平城京を造った。
また、ポルトガル人が種子島に鉄砲を伝えたのは1543年だが、
1600年の関ヶ原の戦い当時には、日本が鉄砲の保有数でヨーロッパ全体を上回っていた。

鉄砲伝来からわずか50年で、日本はヨーロッパよりも工業化が進んで世界最強の
武器保有国になっていたのである。

幕末から明治維新にかけては、20代・30代の若い人たちが中心となって改革を進め、
西欧列強に気後れすることなく世界に打って出た。
植民地や王制のままだったアジアで、日本だけが西欧文明を取り込んで近代化に成功した。

大事な点は、そうした偉人たちを輩出したのが、いずれも外国からの強い圧力を
受けた時代だったことだ。もっと言えば、日本人は屈辱をはね返して伸びてきた。
外圧を受けないと動かない特質を持っているのかもしれない。

つまり、これまで日本字は、窮地に陥ってもくじけたことがない。
むしろ窮地に陥るたびに強くなってきたのだ。

ところが、バブル崩壊後の「失われた10年(もしくは15年、あるいは20年)」は、
日本人の染色体まで変えてしまったように見える。進取の精神は消え失せ、
内向き・下向き・後ろ向きになった。

「草食系男子」(協調性が高く、家庭的で優しいが、恋愛と所有に積極的でないタイプ)と
呼ばれている若者たちは、仕事においても欲望や野心が乏しい。
彼らは明るいニュースが何もない時代に成長し、暗鬱とした世相の中で、
ファミコンやプレステをやりながら巣ごもり的に育ったから無理もないのだが、
そういう若者の増殖が、日本の衰退に拍車をかけていることは間違いない。


■こんな時代だからこそ政治の出番だ

残念ながら、日本人の“棚卸し”をしてみると、只今現在の“在庫”には、
正直ロクなものがない。能力、気力、体力、すべての面で、過去2000年間の
難局で示した日本人の姿が見えてこない。

しかし、それでは困るのだ。私は、こんな時こそ政治に期待すべきだと思う。
21世紀の経済戦争に勝つためには、まずは中央集権の統治機構を変える
ところから始め、徹底的に国を造り変える必要があるからだ。

そうでなければ、優秀な日本企業から順に海外に出て行くことになる。
そして優秀な企業ほど、日本人ではなく外国人を雇いたがるだろう。
好むと好まざるとにかかわらず、それがグローバル経済の鉄則である。

そもそも、これから人口が減り始める日本では、マーケットも縮小するの
だから、企業は海外に出て勝負しなければ生き残れない。

自動車やエレクトロニクスばかりではない。すでにユニ・チャームは、
女性も赤ちゃんも減り続ける日本国内市場の将来は暗いとみて、主力の
生理用品は東南アジアや中国などをターゲットにしている。インドネシアと
タイでは巨人P&G(プロクター&ギャンブル)を凌駕する大成功を収めている。

だからこそ、ここは政治の出番なのだ。日本を土台から造り直し、企業が発展
できる環境と、世界に打って出て戦える人材を育てる仕組みを整えなければ、
日本の衰退を止めることはできない。「老後の安心」が争点の政権交代では
日本人は幸福にはなれない。過去の貯金で細々と生きていけるほど、日本に
余力はない。改革を実現する突然異変のような優れたリーダーが、突如、
日本に登場することを祈るメサイア待望論はやや消極的だが、今回の総選挙後に
予想される政界再編劇の中で、一縷の望みを託してみたい。


【3】ABS@NETコミュニティ情報 オフ会(OBOG会)結果報告!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】ABS@NETコミュニティ情報 オフ会(OBOG会)結果報告!
    ~ 真夏の暑い語らい、やる気と勇気をもらえた!? 
─────────────────────────────────

20オフ会5

 先日8月29日に開催されました記念すべき第20回目の
 ABS@NETのオフ会、たいへん盛り上がり、すてきな会になりました!

 参加された方々へのお礼として、また参加できなかった方のために
 幹事の山本早苗(やまもとさなえ)さんが議事録を作成してくれました!

 ぜひ、ご覧ください!


   ────── ─────   ────── ─────

こんにちは!

ABS@NET幹事の山本早苗です。


第20回ABS@NETオフ会
「SPOF合格者と語ろう ~ 合格までの軌跡と体験談 ~」
に参加された皆さん、お疲れさまでした。

当日は、OBOG、現役生が40名以上集まり、
SPOF合格者4名のプレゼンを真剣に聞き入っていました。
20オフ会1

4名の方々に共通していたのが、
これからの日本を良くしていきたいと願い、
事業プランに落とし込んでいたことでした。

積み重ねてきた経験、築きあげてきた人脈、趣味にいたるまで、
フルに使って新規事業に活かしていて、すばらしいと思います。

特に、最年長合格者の川辺さんは、数々の成功実績や資格のみならず、
サラリーマン時代でのたくさんの失敗経験を自分の強みとし、
何歳になってもチャレンジしていることに感銘を受けました。

SPOFは、「背中をポンと押すファンド」という名のとおり(?)、
彼らの事業立ち上げ当初の悩みや迷いから、初めの一歩を踏み出すきっかけ
となっていることを実感。

審査過程で自分の熱意をアピールするだけではなく、
審査員の先生方のフィードバックやABSアソシエイツの仲間たちの
助言を得て、事業プランをさらにブラッシュアップされることが
よくわかりました。


でも、このSPOFの最大の価値は、”事業資金を受けることよりも、
申込むことによって、自分のアイデアに真剣に向き合う機会を
得られたことです”と発表者の方がおっしゃってたのが印象的でした。

ブレない自己軸を作ること、まさにアントレプレナーだなと感じました。
アイディアが浮かんだら取り合えず申込むんでみてもいいかもしれませんね。
(SPOFの審査料は無料!)


合格者プレゼンの後には、ABSの第1期生OBである
株式会社エムケーキャピタルマネージメントの加藤一郎太社長から、
ご自身の事業の経験や熱い想いを語っていただきました。
※2006年3月に東証マザーズに上場されています。

特に印象的だったのは、ベンチャーを立ち上げるために必要なのは
「知恵」「お金」「勇気」の3つだとおっしゃっていたことです。
合格者と私たちへの鼓舞激励の言葉をたくさんいただきました。


プレゼン会終了後、合格者へのこれからの旅立ちに向けて祝賀パーティも行いました。

これから出発する方への応援メッセージとして、
参加者のみなさまからSPOF合格者へ色紙に寄せ書き(ベタですが…)しました。

また特別なこの日のために懇親会では市ヶ谷「シェ・シーマ」のシュークリーム
をご用意させていただきました。
予想どおり反響が大きく(笑)、次回以降、食事もサプライズを考えたいと思います!


合格者のみなさま、参加されたみなさま、
本当にありがとうございました!


次回のABS@NETオフ会は、学習の秋、食欲の秋ということで、
【10月30日】の開催を予定しています。
またまったく違う企画を考えていますよ。

詳細は決定次第ご案内しますので、どうぞお楽しみに!


20オフ会2
20オフ会3

Template Designed by DW99