FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大前研一塾長 最新発言


 ◆「2008年金融テロ」の衝撃~2009年の世界経済 (THE212009年1月号)

   ○戦争でも起きないかぎり米国経済は早期回復しない

 ”アメリカは、GDPの約七割が個人消費で、その個人消費の半分が住宅
 関連である。住宅が売れると、カーテンや冷蔵庫やテレビなども合わせて
 売れる。まさに、これまでアメリカ経済を駆動してきたのは住宅だったの
 だ。そして、住宅が売れることによってアメリカの景気はよくなり、その
 結果、原油の価格が上がってアラブ諸国がい、中国をはじめとする新興国
 も輸出が増え、もちろん日本も恩恵を受けてきたのである。

 ところが、住宅が動かず、当面アメリカの個人消費がよくなる材料が何もない
のだから、世界経済の低迷もまだまだ続くといわざるを得ない。

 それでは、アメリカの景気を浮揚させる策はないのだろうか。

 一部の学者は、一九二九年の大恐慌後にフランクリン・ルーズベルト大統領が
行なったニューディール政策にった新ニューディール政策の必要性を主張してい
るようだが、たとえばオバマのいうように貧困層に千ドル程度配ったところで、
それが消費に回る可能性は少ないし、その程度でははっきりいって焼け石に水だ。
「ヘリコプター・ベン」の異名をとるバーナンキFRB議長の持論のように、空
から無尽蔵にお金をばら撒けば、さすがに消費は増えるだろうが、その代わり国
民は勤労意欲を失うし、その後に必ずくるハイパーインフレも避けられない。

 また、TVAダム建設のような公共事業も、歴史的に検証すると〇・五%程度
の景気浮揚効果しかないことがわかっている。仮に千億円を公共事業に使っても、
せいぜい五億円分くらいしか景気への波及効果はないのだから、これも意味があ
る対策とはいえない。

 この百年間の反省としては、財政投融資、公共工事、国営化などの成功例は、
少なくとも先進国では皆無なのだ。さすがに二〇〇八年十一月十五日に、アメリ
カに集まったG20の指導者のなかからは新・ニューディール(この言葉自体は
国連の事務総長のもの)を提唱する人は現われなかった。

 公共事業をやるくらいなら、そのお金で国策のベンチャーファンドをつくって
若い起業家を支援するほうが、まだましだ。それとて、第二のマイクロソフトや
グーグルが育つまでに十年はかかるだろう。

 結論をいうと、戦争でも起こさないかぎり、アメリカ、および世界経済を短期
間で立ち直らせる方法はないのである。

 ということは、今後ドルが強くなる理由もないということだ。それどころか、
アメリカ政府は世界中のドルを集めて流動性を確保する仕掛けもつくらず、金融
機関などの不良債権買い取りや、二十五万ドルまでの預金保証を約束する法律を
通してしまった。ところが、現在、預金保険機構には四兆円程度しかないのだか
ら、新たにドルや米国債を刷らざるを得ないだろう。そうすれば、ドルの価値は
ますます低下することになる。
 すると、次に何が起こるか。一つの可能性として、アメリカ国民が弱いドルに
見切りをつけ、金融資産をいっせいにユーロにシフトしはじめるというのが考え
られる。これを食い止めるためには、ドルの金利をかなり上げなければならない
が、いまやアメリカにはそれだけの力は残っていまい。

 こうなると、いよいよ私が『新・資本論』(東洋経済新報社)に書いたように、
大西洋を挟んでドルとユーロが基軸通貨の覇権を争う「アトランチックの戦い」が
することになる。そして、現状をみるかぎり、アメリカはかなり厳しい結果を覚悟
しなければならないだろう。” 


◆◇◆ 大前研一最新発言!『大前研一ライブ!』 ◆◇◆

 毎週大前がその週に起こった日本や世界の主要なトピックやキーとなるニュースを、
 2時間、大前独自の問題解決の視点と分析力で読み解く。

 大前研一ライブはストリーミング映像でご覧頂くことができます。
 ご購入希望の方は↓
http://www.attackers-school.com/info/streaming.html

スポンサーサイト

綾部 貴淑(あやべ きよし)さん 19期起業戦略受講

ABSアソシエイツ・インフォメーション

   19期 起業戦略講座(現、ベンチャー事業創造講座) 修了
   「中小企業診断士 通勤講座 by KIYOラーニング」
    代表:綾部 貴淑(あやべ きよし)さん
                                 (編集: 松戸)
 
 綾部さんは現在もIT企業にお勤めでありながらも、二束のわらじで
 起業(教育事業)への夢を着々と現実のものへとたぐり寄せています!

 本格的に独立へのベースができ、今年4月いよいよ本格始動されるようです。

 
◆現在の事業内容

「中小企業診断士 通勤講座」という、中小企業診断士試験に合格する
ためのオンライン講座を運営しています。
http://manabiz.jp/

特長は、通勤時間で学習できること、2倍速音声や学習マップといった
効率的な学習ツールで学習すること、テーマ別に購入でき経済的なことです。
昨年の10月にオープンしましたが、お陰様で受講者や売上も順調に増加
しています。


◆ABSを受講したきっかけ

私は既存の仕組みの中で働くよりも、新しい仕組みを作る方が好きなので、
以前から起業を1つの目標にしていました。
ところが、会社に入って働くうちに、日々の仕事に埋もれてしまい、
事業プランも具体化できないまま時間が過ぎていきました。
「これではまずい」と思い、様々な経営書を読んだり、事業アイデアを
考え始めたものの、一人で考えることに行き詰ってしまいました。
そんな時にABSの存在を知り、説明会で「起業戦略講座」では自分の事業
プランを完成できるという事を聞き、「これだ!」と思って入学しました。


◆受講してみて

まず驚いたのは、周りの受講生のギラギラした感じ(笑)です。

普段、会社関係で出会う人達とは、全く違ったユニークさ、やる気、
目標を達成する姿勢を持った、すばらしい人達と出合ったのが、最初の
驚きでした。

また、講師の先生も受講生以上に「熱い」のに、さらに驚きました。
まさに、起業のためのコースだと実感しました。

授業内容は、事業プラン、マーケティング、ビジネスモデルなど、起業に
必須の内容でした。ただ聞くだけでなく、自分で考えるスタイルだった
のが後でとても役に立ちました。

最終的に、事業プランを作成しました。これは今の事業内容とは全く
違うのですが、事業プランの作成の流れを経験したのは大きかったと思い
ます。

ちなみに、この時の事業プランを基にした事業計画を会社に提案した
ところ、採用され、会社の中で事業を行うことができました。
これは自分で事業を始める前に、とても良い経験になりました。


◆ABSで学んだことをどう生かしているか?

まず、様々なビジネスモデルを学んだのがとても役にたちました。
実際に成功しているリアル事例を基に、なぜ成功したのかを分析し、
そこから役に立ちそうなアイデアを、自分の事業に取り込みました。

例えば1000円カットのQBハウスの事例からは、「何をやらないか」が
重要だということを学びました。

そこで、通勤講座では、

・重いテキストを無くし、通勤時間で学べるようにする。
・駅前の教室を無くし、受講料を安くする。
・アルバイト講師を無くし、常に質の高い講座を提供する。
・初期一括契約を無くし、受講した分だけお金を頂く。
・質問票を無くし(今はネットで調べられるので)その分安くする。

など、重要なコンセプトの形成に役立っています。

また、事業プランや、マーケティング戦略の作成では、ABSで頂いた
フレームが大活躍しています。

さらに、ABSの同期と時々会うことで刺激を受け、モチベーションを
維持できたのは重要だったと思います。


◆今後の展開について

まずは、今年の8月から実施される中小企業診断士試験に向けて、
質の高い講座をリリースしていき、合格者を沢山出すことが目標です。

その後、効率的な学習をテーマに研究を重ね、他の学習コンテンツにも
展開していきたいと考えています。

規模は追いませんが、実際に役立つ学習方法・コンテンツを生み出すこと
で、人々の本来の能力を発揮するお手伝いが出来れば嬉しいです。


◆アソシエイツの皆さまへのメッセージ

私も日々試行錯誤している状態ですが、結果が自分にストレートに
はね返ってくる起業というのはとてもやりがいがある仕事だと思います。

今回、起業する前に「試してから考える」ことを行動指針としました。
以前は、考えはするものの動けないことが多かったですが、この指針の
おかげで、試しては修正をくり返すことで、スタートを切ることができ
ました。多少なりともご参考になれば幸いです。

また、何かメッセージなどございましたらお気軽にご連絡ください。
(kayabe@manabiz.jp)

駄目出しでも、協業のお話でも、相互リンクの依頼でも結構です(笑)
また皆様とどこかでお会いできることを楽しみにしています。

綾部 貴淑

09年2~4月開催のセミナーおよび経営者講義

最新セミナー情報 『 短時間で成果を出す実践セミナー 』 

        ▼     ▼     ▼
    http://www.attackers-school.com/info/seminar.html
 
   また、ABS厳選、経営者講義も開催しています!
   最新ラインナップ、ぜひお確かめください!


  ………………………………………………………………………
 ■セミナーNo.S08031  明日開催です 小川ワールド必見です!

 『 実戦事業判断・シミュレーション講座
  ~攻めるか退くか、土俵を変えるか、事業判断の核心に迫る! 』

  ○講師:小川 政信 氏
      インスパーク株式会社 代表取締役
      『ベンチャー事業創造講座』講師
 
  ○日時:2009年2月10日(火)13:00~18:00
 
  ○参加料金(税込):29,800円
   特別セミナー会員価格:19,800円
   

  ………………………………………………………………………
   注目
 ┏┛  ┗┓
 ┃┃┃┃┣┃
 ┗┻┻┫┣┛
    ┗┛
 ■セミナーNo.S09001

 『自分プロデュース!"ビジョン"という最強ツールがそれを可能にする
  ~「自分本来の姿」=「会社の中での自分」あなたはイコールですか?』


  ○講師:佐々木直彦氏
       株式会社メディアフォーラム 代表取締役
       元ABS『起業戦略講座』講師

  ○日時:2009年3月13日(金)19:30~21:30

  ○参加料金(税込):7,000円
   特別セミナー会員価格:6,000円


  ………………………………………………………………………
 ◆注目!経営者講義 Ⅰ
 『 インターネットが広げる新しい可能性を事業へ  
   ~顧客視点で最高の体験を創り出すネットイヤーの挑戦 』

  ○講師:ネットイヤーグループ株式会社
      代表取締役社長兼CEO 石黒不二代 氏
 
  ○日時:2009年2月20日(金)19:00 ~21:00
 
  ○参加料金(税込):5,000円
   特別セミナー会員価格:4,000円


  ………………………………………………………………………
 ◆注目!経営者講義 Ⅱ
 『 未来の日本ため、そしてそこで働く人のために農業を革新する!
        ~「儲かる農業」を目指すトップリバーの挑戦 』

  ◇講師:有限会社トップリバー
      代表取締役 嶋崎秀樹 氏
 
  ◇日時:2009年3月10日(火)19:00 ~21:00
 
  ◇参加料金(税込):5,000円
   特別セミナー会員価格:4,000円


  ………………………………………………………………………
 ◆注目!経営者講義 Ⅲ
 『 美味しくて体によいものを! 食の安全は我々が守る
     ~ 顧客価値を最大化させる「思い」と「戦略」  』

  ◇講師:オイシックス株式会社
     代表取締役社長 高島宏平 氏
 
  ◇日時:2009年4月7日(火)19:00 ~21:00
 
  ◇参加料金(税込):5,000円
   特別セミナー会員価格:4,000円

  ………………………………………………………………………

        ★各セミナー詳細&お申し込み★
  ⇒ http://www.attackers-school.com/info/seminar.html

────────────────────────────────

映画、ドラマに見るアントレプレナーシップ

【4】もぎたて、とれたて、大速報!
    ~entrepreneur's a whole new sensitivity
                        (文章:加藤忠)

 アタッカーズ・ビジネススクールと言えば、アントレプレナーシップですが、
 映画やドラマの中の主人公達の姿に、それを垣間見ることができます。
 アントレプレナーシップとは、新価値創造スキルであり、行動様式、
 思考様式であり、そして自らの生き方を示しています。
 ABSでは、何も起業家のみを指し示す言葉ではないと思っています。

 今回は、特に、そのアントレプレナーシップを感じられる作品を中心に、
 最近話題の映画やドラマを紹介したいと思います。

 まず、その筆頭として挙げられるのは、ご存知人気海外ドラマの『24』です。
 キーファー・サザーランド演じる主人公ジャック・バウワーは、
 どきどきキャンプがものまねするするなど、日本でも大変有名ですね。

 今年の1月から米国では、『24』シーズン7が始まりました。
 このシリーズは、本来昨年の1月から放映される予定でしたが、
 脚本家のストライキなど様々なトラブルにみまわれ、
 放映が延期になっていたものです。

 『24』シリーズは、過去には、大統領暗殺未遂や、核兵器・細菌テロ、
 はたまた大統領が仕掛けた陰謀など、様々な国家の危機をテーマに描かれています。
 ジャック・バウワーは、何度も死の瀬戸際に立たされながらも、
 その度不死鳥の如く蘇えり、時には痛みを伴いながらも大義に基づく
 意思決定をして、国家を救出しています。

 彼の中にあるのは、国家を守るという大義。そして信念。
 そのためには、時に非情とも言える決断を余儀なくされたり、
 どんな危機に陥っても、自らリスクを省みず飛び込む勇気が求められます。
 また、上司の命令も無視してでも、正義のために行動する力に、
 惹き付けられるものがあります。
 この姿勢に、アントレプレナーシップを感じさせられます。

 シーズン7では、舞台がロサンゼルスからワシントンD.C.に移されます。
 CTU(テロ対策ユニット)は政府によって解体され、
 代わりにCIP(Critical Infrastructure Protection)という機関が登場します。

 エンジニアの誘拐から始まり、ジャック・バウワーが上院公聴会で証言させられる
 というシーンが、いきなり衝撃的です。
 そして、かつての仲間で、死んだと思われていたトニー・アルメイダが、
 敵として登場するとも公式発表されています。

 一体、今回はどんな展開が待ちうけ、どんな結末になるのか?
 今からとっても楽しみですね。

 ちなみに、シーズン6とシーズン7をつなぐ特別エピソードは、2008年の11月に
 米国で放映されています。日本でのDVDリリースは、2009年3月19日を予定しています。


 次に挙げるのは、ご存知『007』シリーズ。
 大人気シリーズのこの映画ですが、まさに主人公のジェームズ・ボンドには、
 もの凄い魅力があります。

 今回公開されている『慰めの報酬』は、初めて、前作の続編という設定で、
 作品が展開されます。

 前作『カジノ・ロワイヤル』でジェームズ・ボンドは、
 愛した女性ヴェスパーに裏切られる悲劇の結末を迎えます。
 その後も、組織に溶け込めず、孤独の葛藤にさいなまれる日々をむかえ、
 時にはライセンスを剥奪されそうになったり、時には航空券も買えない
 仕打ちを受けます。

 それでも、崇高な理念と高い志を持ち、自分の中にある高い目標を目指します。
 そして、どんな強い敵と戦っても、どんな逆境に立たされても、
 どんなピンチな状況でも、慌てず騒がないクールな身のこなしが、
 アントレプレナーシップを感じさせます。

 何かあった時に、決して逃げない。
 何かあった時に、おたおたしない。

 そんなところが、ジェームズ・ボンドの魅力ですよね。


 そして、最後が、野球アニメの『MAJOR』です。
 1994年から連載開始し、現在もNHKで放送されています。
 現代20歳前後の主人公は、日本のプロ野球チームに所属することなく、
 メジャーリーガーとなって、世界を相手に戦っています。

 テレビでは、WBC(ワールドベースボールクラッシック)をモチーフとして
 野球版ワールドカップに備え、日本代表が勢ぞろいしたところです。
 (日本代表には、イチローや松井、松坂選手などをモデルにした選手が
 多数出場します)

 また、劇場版として、『メジャー 友情の一球(ウイニングショット)』も
 公開されています。

 少年向けの野球アニメですが、以外と大人もはまります。

 主人公・茂野吾郎は、典型的な野球小僧で、まっすぐでひたむき。熱い性格です。
 野球選手だった父親の影響を受け、幼少から野球に興味を持ちます。
 そして、父親の死後も野球への情熱を失うことなく、持って生まれた才能に加え
 努力を重ねて、常にチャレンジし続けます。

 アニメ全体を通じて、「友情」「家族愛」「努力」「情熱」という
 キーワードに加え、「逆境」「不屈の精神力」「挑戦」というキーワードが、
 作品を貫いています。

 誰でも、できれば恵まれた環境で、スポーツをしたいと思います。
 誰もが、できれば恵まれた環境で、仕事をしたいと思います。

 でも、主人公は、常に厳しい環境に、弱小チームに身を置き、
 やる気や自身が無い仲間の心を、情熱のプレゼンテーションで動かし、
 チームが一丸となって進んでいく姿が、とても印象的です。
 また彼は、ピンチになる程、力を発揮します。

 アントレプレナーシップの重要な要素である
 仲間を説得や強制ではなく、共感と感動で動かすことを、
 自ら手本となることで示す主人公に、
 ピンチでワクワクしチャンスに変える主人公に、感情輸入してしまいます。

 もちろんアニメなのですが、忘れていた熱い気持ちを思い出せます。


 よかったら、この3作品、ぜひご覧になってみてください。
 単純に面白いですよ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。