FC2ブログ

もぎたて、とれたて、大速報!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】もぎたて、とれたて、大速報!
    ~entrepreneur's a whole new sensitivity
                        (文章:加藤忠)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ11月になりますね。
秋本番の最中、制作費100億円をかけた超大作『レッドクリフ』が、
11月1日より公開されます。

これは、『M:I-2』を手がけた巨匠ジョン・ウー監督渾身の作品で、
中国史に燦然と輝く英雄たちの物語である『三国志』を映画化したものです。
1800年の時を超えて、伝説の戦いと言われる「赤壁の戦い」を主なテーマに、
英雄たちの活躍や、愛や友情、信頼や裏切りといった人間模様を描いています。

『三国志』を詳しくご存知ない方もいらっしゃるかと思いますので、
ここで簡単に紹介します。

「三顧の礼」
「桃園の誓い」
「水魚の交わり」
「天下三分の計」
「泣いて馬謖を切る」

これらはすべて、『三国志』から生まれた言葉です。

今から1800年以上前、日本で言えばまだ卑弥呼の時代、
中国漢王朝末期以来の治乱興亡を描いた壮大なドラマで、
一般的には、陳寿が史実を忠実に叙述した正史である『三国志』よりも、
1300年代になって羅漢中がまとめた、史実を基にした物語『三国演技』の方が
広く知れ渡っています。

そのため、一般的に『三国志』とは、『三国演技』を指します。

この物語は、漢帝国衰退後、魏、呉、蜀、三国の興亡を描くという
史実を基にしながら、人間描写に優れ、ストーリーも起伏に富んで、
感情移入がしやすい内容になっています。

登場人物は500人以上を超え、特徴的なキャラクターが精彩を放ってます。
特に、魏を率い圧倒的な力を持つ曹操に対し、
様々な資源で魏に劣りながらも、蜀を率いる劉備とその仲間
孔明、関羽、張飛、趙雲らの活躍や人間模様が、
後生の私たちの心を捉えて離しません。

私が考えただけでも、

□勧善懲悪のストーリーとし、正義対悪の構図を明確にして、
 わかりやすく楽しむ
□人間関係や、それが織り成す光りと影について思いをめぐらす
□ゲーム感覚で、武将や軍師の優劣を競ってみる
□大きな歴史にうねりと流れを捉え、普遍的な原理原則を探る
□悲劇のヒーローに愛惜の念を投影し身を馳せる
□ビジネスの現場に置き換えて、自分が蜀の国の立場だったら、
 または、自分が孔明だったらどうするか、などをイメージする

など、いろいろな読み方や楽しみ方がある物語です。 

実際、以前私は、「三国志勉強会」という勉強会で、
三国志から学ぶ現代のビジネスについて、ディスカッションしていました。

それはさておき、『レッドクリフ』は、その『三国志』の中でも
最も有名な戦いである「赤壁の戦い」中心に、映画が作られています。

「赤壁の戦い」は、80万の大群を率いる魏の曹操に対し、
たった3万で立ち向かう孫権率いる呉+劉備率いる蜀が
長江の赤壁で繰り広げた戦いです。

戦いそのものに至るまでのプロセスと、その時何が起こり、
誰がどうやって歴史を動かしたのかを、簡単にまとめてみます。

1.「長阪坡の戦い」で劉備が曹操に敗北

2.孔明が呉の孫権との同盟をはかり、呉の魯粛と面会し、
  劉備と孫権が同盟を結び、曹操に立ち向かうことで意見が一致

3.孔明が呉の降伏を主張する張昭ら学者らと面会し、ことごとく論破

4.孔明が魯粛とともに孫権のもとを訪れて同盟をけしかけ、孫権がこれを承諾

5.孫権のもとに曹操から事実上宣戦布告の手紙が届き、張昭らが降伏を主張する

6.降伏論者説き伏せるため、孫権が周瑜を呼び寄せ、周瑜の演説により
  孫権が同盟を決断。最終的な劉備・孫権の同盟が成立。
  「赤壁の戦い」への準備が完了。

この背景には、孔明、魯粛、周瑜の3人の働きがあります。
3人の主な活躍内容と、思惑を推測すると、こんな感じかと思います。

 ●孔明:殺し文句で孫権をその気にさせた
  「若事之不済、此乃天也。安能復為之下乎。」
  まずは劉備を一国の殿にしたい

 ●魯粛:孫権をバックアップした
  「早計大計。莫用衆人之議也。」
  今は同盟するが、そのうち劉備を家来にしたい

 ●周瑜:臆病な降伏論者を、理を尽くし黙らせた
  呉を守り孫策の大恩に報いたい

いずれにしても、孫権との会見で行った孔明の弁が運命の鍵を握りました。
普通ならば、弱者孔明が強者孫権に「お願い営業」をするところだが、
ことを成立させるために「対等な立場」を主張し、win-winの関係を強調しました。

長くなりましたので、この続きは映画の感想を踏まえ、次回お届けますね。

スポンサーサイト



2008年11~12月開催のセミナーおよび経営者講義


   最新セミナー・経営者講義を一括リストで見る↓
  http://www.attackers-school.com/site/as9ob_se.html


■セミナーNo.S08023
 
  『 実戦マーケティング・シミュレーション講座
    ~マーケティングの基礎から実戦応用レベルまで、
                体験的に、一気通貫に学ぶ 』
 
  ○講師:小川政信氏
      インスパーク株式会社/代表取締役
      『ベンチャー事業創造講座』講師
 
  ○日時:2008年11月27日(木)13:00~18:00 
  ○参加料金(税込):29,800円
   
………………………………………………………………………

 ■セミナーNo.S08022

 『 会社数字の基礎中の基礎【財務三表】の見方、使い方
        ~ この1日で苦手意識(?)とも決別です! 』

  ○講師:千賀 秀信氏
       マネジメント能力開発研究所 代表
       『計数マネジメント力基礎講座』メイン講師

  ○日時:2008年11月5日(水)10:00~18:00
       ※途中、昼食1時間 ティータイム30分
  ○参加料金(税込):28,900円

………………………………………………………………………

 ■セミナーNo.S08017-0~S08017-3 

 『 イノベーション・事業開発のための実践ビジネスモデル構築法
   ~ 既成の枠組や常識では生み出せない新たなビジネス感 』

  各回ごとに得られるスキル・知識は違いますので、
  それぞれ個別に受講することができます。

  ○講師:志村 勉 氏
      山形大学大学院理工学研究科
      工学部キャリアサービスセンター副センター長
      ビジネスデザイナー・ビジネスコンサルタント
 
  ○日時:[CHAPTER1]2008年10月17日(金) 14:00~18:30 終了しました
      [CHAPTER2]2008年11月14日(金) 14:00~18:30
      [CHAPTER3]2009年12月12日(金) 13:00~17:30
 
  ○参加料金(税込):38,000円/回

………………………………………………………………………

◆経営者講義 No.K08007

  『人と知のネットワークで情報氾濫の時代を“世直し”する
   ~こだわりの消費を支える情報ナビゲーター』

  ●講師:株式会社オールアバウト
       代表取締役社長 江幡 哲也 氏

  ●日時:2008年 11月13日(木)19:00 ~21:00

  ●参加料:5,000円

………………………………………………………………………

◆経営者講義 No.K08009

  『「できない」なんて言わせない!職人技を復活させよ!
          ~「跡取り娘」から「経営者」への道のり』

  ●講師:日本電鍍工業株式会社
       代表取締役 伊藤 麻美 氏

  ●日時:2008年 12月10日(水)19:00 ~21:00

  ●参加料:5,000円




        ★各セミナー・経営者講義の詳細&お申し込み★
  ⇒ http://www.attackers-school.com/site/as9ob_se.html

────────────────────────────────

起業家支援投資プロジェクト2 最終合格者2名のご紹介

【1】『最新情報! 起業家支援投資プロジェクト(SPOF) シーズン2』
    ~ 最終合格者2名のご紹介 
                  (編集:統括責任者 松戸治)


 第2期スタートアップ起業家支援プロジェクトの合格者2名の
 事業プランをご紹介します。

 お二人とも、事業を成功させるための壁は高いですが、
 斬新かつこれからの時代にマッチした内容である、
 と審査委員の方々からも高い評価をいただいております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★☆★  最後の審査会合格者 お一人目  ★☆★

    株)デジタルグルーヴクラブ 
    代表 早崎 泰輔さん 
    http://www.digitalgrooveclub.jp

 08年前期 ベンチャー事業創造講座 
 08年第3期 計数マネジメント力基礎講座 受講
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 はじめまして。
 08年前期「ベンチャー事業創造講座」受講の早崎泰輔と申します。
 現在、フリーのシステムエンジニアを営んでいます。

 『フリーのITエンジニアをサポートする仕組みを作りたい!』
 『日本のITエンジニアの地位向上を目指したい!』

 ひいては、
 『日本のIT業界の国際的な競争力を高めたい!』
 という思いから、
 SPOFにエントリーさせていただきました。

 自分が描いた事業モデルは、
 「現在すでに、フリーのITエンジニアとして独立している方」
 「フリーのITエンジニアとして独立しようとしている方」
 「フリーランスエンジニアという生き方に興味がある方」

 を対象に、優良な仕事の紹介を始めとして、
 独立に必要な業務を全面的にサポートしていく
 というビジネスモデルです。

 自分自身、独立当時を振り返ってみて、
 経費処理の方法や税務署への青色申告等、営業事務手続きなどの法務面、
 技術的な難問にぶつかった時、新規営業ルートや商流の悪さなど
 迷いや不安、誰に何を聞けば良いのか分からない状態でした。

 この不安や迷いを払拭し、フリーランスITエンジニアの方々を
 全面的にサポートしていきたいと考えています。

 『ITエンジニアとユーザー企業がWin-Winの関係になれる仕組みづくり』
 を基本コンセプトとして、
 現在、事業開始に向けた準備の真っ最中です。

 事業の本格開始は2009年1月末を見込んでいますが、
 当メルマガの読者の皆さんには、
 先にご案内したいと思っています。

 もし、フリーランスとしてエンジニアをされている方、
 または、フリーランスのエンジニアに興味がある方で、
 当サポート事業に興味がある方がいらっしゃれば、
 お気軽にお問合せください。
 mailto: hayasaki.taisuke@digitalgrooveclub.jp
 詳細をご案内させていただきます。

 また、当方のブログでも随時、告知をしていきたい
 と思っておりますので、併せてご覧くださいませ。
 ブログ:http://blog.digitalgrooveclub.jp/


 最後に、SPOFプロジェクトで、
 普通では考えられないような多くの有識者の方々から、
 ご支援やご指導を頂戴することができました。

 また、ABS事務局の皆様からは、並々ならぬご配慮を頂き、
 非常に感謝しております。
 この場を借りて御礼申し上げます。

 早崎泰輔


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★☆★  最後の審査会合格者 お二人目  ★☆★

    会社設立準備中(現在は Mid-Blue 活動中) 
    山田 康平さん 
    http://www.mid-blue.jp/

 08年前期 ベンチャー事業創造講座 受講
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【自己紹介及びSPOFにエントリーした経緯】

 学生時代に留学後の貧乏旅行の中で、国籍と世代を超えて人々が集い語らい、
 新しい何かを見つけて旅立っていく安宿の「場の魅力」に取り付かれました。

 帰国後、21歳の時横浜でカフェバー「Packer's Gate」をOPENし、
 旅人の入口出口を意味する店は若者達が集う憩いの場となりました。

 将来はまた起業し、夢を叶えるために強い組織を作り、
 経営していきたいという想いが常にありましたので最短で経営を学ぶべく、
 中小企業経営者様と仕事ができるマーケティング系コンサルティング会社の
 船井総合研究所に入社しました。

 それから4年間、会社勤めをしながら独立の準備をしてきました。
 自分達が温め、いきついた事業プランがはたして客観的に
 どう評価されるのだろうか? もし足りないとしたらどういう点なのだろうか?
 あらゆる角度から揉んでもらいたい。成功の角度を高めたい!
 そんな思いからSPOFエントリーしました。

【事業概要】

 私達は、増加を続ける『外国人(旅行客および国内在住者)に、
 Deepな日本を伝えるサイト運営、及び日本の才能を体感できる
 Realな場の提供』を実施していきます。

 結果、「真の日本」が深く広く伝わることで更なる訪日意欲UPと
 日本文化の世界発信に貢献。また、RealとWebの両面から
 企業の外国人集客ニーズを満たしていきます。

 事業拡大目標としてはイベントと広告、物販そしてコンサルティング事業を
 軸に3年で売上3億、通販とコンテンツ提供事業を軸に据え5年目7億、
 各事業拡大と多言語アジア展開で10年で20億を目標に据えています。

【事業内容】

 観光スポット(観光地や店舗)だけでなく、
 「JRの電車来る時のメロディーは、駅ごとに異なる」
 といった日本人の生活に溶け込んでいるが、外国人からしたら
 「Cool」な情報を口コミと言う形で掲載していきます。
 もちろん、テキストだけでなく、写真、動画、音楽などのアップも行います。

 日本に来た際には、そういったスポットへ行ってもらうだけでなく、
 私達が企画するコミュニティーやイベントへの参加ができるようにいたします。

 私達は、約2年間、約50人のスタッフとともにこのようなイベント・交流会
(ブランド名はMid-Blue:創造を応援する中心という意味)
 を毎月数回、テーマに合ったクリエイティスト達と行い、
 安定した集客(延べ人数で約6,000人)実績を残せました。
 また徐々にですが、外国人参加比率の高まりと海外で活躍したい人達の
 熱を身近に感じることが多くなってきました。
   http://www.mid-blue.jp

 今後はより一層、在日外国人や国際派の日本人、
 加えて海外に伝統文化や日本の才能を発信していきたい
 「0から1を創造する能力を持った人々」(※私達はクリエイティストと呼ぶ)
 と交流できる場に育てていきます。

 私達は、「来日する外国人とRealな日本体験のポータルになる」ことで、
 彼らのニーズ・嗜好性データそして名簿を蓄積していきます。

 そしてWeb広告モデルをはじめ、より適切な集客・送客・ブランディングの
 対企業コンサルティングを行うと同時に、
 創造者の海外に向けての販売・マーケティング部分を支援していきます。


【事業の独自性】

 事業差別化の基本戦略は、「Webの徹底強化」であり、
 RealでDeepな日本の情報をできるだけ多く細かく口コミ発生的に
 無料で提供できる点です。

 また、日本人、外国人の双方によって口コミ投稿したり、
 人気スポットランキングが見れる信頼の置ける情報提供をベースに、
 友人がどこを訪問したのか、自分は前回どこを訪問したのかなどの
 履歴確認ができることでリピート性も高くなります。

 加えて、旅行前にスポットを順に選んで
 オリジナルマップが作成でき、予算チェック機能も利用できます。
 そしてサイト内では、選択スポットの中にクリエイティストを交えた、
 日本人と仲良くなりながら今の日本を体感できるRealイベントを
 組み込むことで差別化を図っていきます。

【今後の展望】

 2009年中盤に自社WebをOPENさせ育てていきます。

 イベントは自社集客と平行して国内旅行代理店
 インバウンド事業企業とコラボレーションして集客力の
 更なる増強を図ります。

 その後は、英語圏での成功事例とノウハウをもとにアジア圏での
 欧米的旅文化の高まりに合わせてまずは韓国、そして台湾、香港、
 中国本土へと個人旅行文化レベルの高い順に横展開をしていきます。

●以下は直近の収益モデルおよび将来的に視野にある事業内容です。

 ○直近の収益モデル
 ・イベント事業
 ・外国人対象企業に対してのコンサルティング事
 ・Webおよびイベントへの広告掲載
 ・クリエイティスト作品・企業商品・航空券・ホテル予約などの物販事業

 ○2年目以降に考えられる収益モデル
 ・国内旅行代理店ツアーへのイベントコンテンツ提供
 ・クリエイティスト作品、企業商品の通販事業
 ・外国人向けに貸し出す携帯キャリアへのWebコンテンツ提供
 ・高所得層旅行客向け物販事業
 ・国内外旅行代理店業
 ・外国人旅行者向けの口コミベースのフリーペーパー発行
 ・外国人旅行者と交流のできる有店舗事業
  (カフェ・文化体験施設・ゲストハウスなど)

 これからの計画をベースに、
 日本のタイムリーな魅力が伝わる国際交流のインフラを築き上げ、
 外国人と日本人の双方が容易に行き来できる
 ビジネスできる、文化を分かり合えるサービスを提供していきます。



 今、我々が一番必要かつ急ぎたいのは、
 ●外国人旅行客と日本を繋ぐOnlyOneの双方向性のあるWebメディアの制作と育成です。

 順じて以下のような方の力を求めています。

  ○Web制作やマーケティング、システムに自信がある
  ○日本の真の魅力をWebやイベントを通じて外国人に伝えたい
  ○外国人が好む日本の良品や才能を海外市場に伝えていきたい
  ○とにかくインバウンドビジネス(外国人旅行者向けサービス)に興味がある
  ○外国人富裕層に紹介したい商品がある
  ○中国語が英語、または韓国語に自信がある
  ○国際交流やイベント企画が好き、Happyな場作りの追求に興味がある

 例え上記に当てはまらなくても、私達の事業や私に少しでも関心を
 持っていただけたのならば、ご遠慮なくどうぞ!
 info@mid-blue.jp

 山田 康平

ABSアソシエイツ・インフォメーション 細井保裕さん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ABSアソシエイツ・インフォメーション

   08年第1期 EQプログラム全講座「7講座」修了
   ☆細井保裕(ほそい やすひろ)さん
                      (編集:松戸)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 細井さんはいつでもポジティブで、周りの人たちを元気にしてくれます。

  『“やらなきゃよかった”は、後でけっこう笑えるけど、
      やっておけばよかった”は、後になって笑えないよね。』

 これは細井さんの言葉です!
 この言葉を胸に秘めている細井さんの目標や人柄に迫ります!
 

◆ABSを受講したきっかけ

 以前、海外に住んでいた際、様々な国の方々と出会い日本人との違いを
 強く感じました。とにかく自立している。ここでいう自立とは親からの
 自立はもちろん、個々の物の考え方、明確な目標やビジョン、ハングリー
 精神も含めてですが、皆、明確に持っていると強く感じました。

 帰国後、とにかく行動しなくてはと思い、その当時はビジネス書を
 読むことぐらいしか思い付かず、ひたすら書籍を読みあさっていました。
 そんな思いのままでしたが、かねてから興味があったホテル業界
 に就職をしました。

 日々お客さまに価値を提供していく中で、仕事に関する考え方や取り組み方に
 ついていろいろと思いをめぐらすようになりました。
 日本人(企業)にはすばらしい文化や考え方がたくさんあります、
 これは世界目線で見ても間違いない事実だと思います。
 しかし、悪しき習慣や考え方も数多く存在していました。

 『残業することが美徳』『がんばればいい』『言われたことだけこなせばいい』
  これらを以下のように変えて行かなければならないと強く感じました。
 
             ↓ ↓ ↓ ↓

 『仕事の質を上げ、時間内にコミットする。
      そして自由な時間を個々の成長への時間へと充てる』
 『がんばるという漠然とした目標では社員が戸惑う、
            明確な目標設定やミッションが必要だ』
 『個人のアイデアや意見が顧客価値を生み出す風土を創り上げる』


 そこで私は大前氏の「古い秩序は起業で破壊せよ!」というスローガンを
 掲げたABSに非常に興味を持ちました。
 ホテルでの勤務が5年を過ぎた時、試したい自分という欲求が最大限にまで
 高まりABSの門を叩きました。


◆受講してみて
 
 半端なことのできない私は、勢いあまって全7講座を受講しました。


 【ビジネスモデル構築講座】でアウトフレームを学び、
 【創造的戦略思考講座】で1から新規事業の立ち上げ方、データ分析を学び、
 【メガヒット企画発想講座】で大衆のサイレントマジョリティーという
   見えない欲求の判断方法、先取りマーケティングを学び、
 【感性トレンドマーケティング】で大衆の脳のトレンド、未来予測手法を学び、
 【計数マネジメント力基礎講座】でキャッシュフローの大切さ、数字から考える
   真の経営体質というものを学び、
 【アントレプレナーシップ講座】で不屈の精神、何万通りもある手法を学び、
 【ビジネス・コミュニケーション講座】で他人を巻き込む共感力や自分の
   売り込み方を学びました。

 受講していくなかで自分の考えていたことが間違いではないことを確信でき、
 長年モヤモヤとしていたものがスッキリとした感覚を味わっています。

 人生が大きく変わってきているのを感じられずにはいられませんでした。
 日々の中で出会う人が素晴らしい人達になった、以前であれば落ち込んで
 いたであろう状況が格段に少なくなった、何をしていても何を見ていても
 『気づける力』が身に付いた、そう思います。


 もう一つ大切なことを学びました、ABSの講座は1つ1つの講座は別々で
 完結しているように思われていますが、最後は全て一つに繋がるということでした。
 
 この事実をさらに深く考察するに、これはビジネスだけではなく、
 すべての事象の本質は、「チェーン」をなしている、
 すなわちすべては根底で繋がっている。
 これは私の中で大きな発見でした。


◆今後どう学び続けるか?

 とにかく行動し結果を残すことを目標にしています。
 学ぶ事とは「知る」ことではなく、結果を残すためのツールにしか過ぎない
 と思います。結果をともなわない「学び」にどれだけの意味があるでしょうか?

 これからもインプット⇒気づき⇒行動(結果)⇒反省⇒改善 = 「学び」という
 スタンスで様々なことに挑戦していきたいと考えております。
 まだまだ周りの方々に比べると未熟な部分が多々あるので自分を高めていく為、
 日々精進していきたいと思います。

「経歴」
 高校卒業後、調理の道で4年程働きその後カナダバンクーバーで1年生活、
 帰国後ホテルに就職し5年と少しの期間を経て退職。
 退職翌日に台湾へ1ヶ月間生活し帰国、ABSで残りの講座を受講し現在に至ります。

◆私の未来

 講座修了時点で台湾での起業を考えて事業計画書も作成してみました、
 しかしながらまだまだ甘い部分が多く、またなぜ私がそれをやる必要があるのか
 という問いに対して明確な答えが出せず起業の難しさ、自分の未熟さを身を
 もって体験できました。

 この経験が現在自分の中で非常に貴重な経験となっています。
 「落ち込んだ=本気」ということが自分でも確認でき、それでも起業したいという
 気持ちは消えていません。これは私の生き方がより明確になったからかもしれません。

 そして現在、起業をしたいという傍ら、ホテル産業で培ったホスピタリティー能力を
 活かして再度ホテル業界で働きプロフェッショナルとしての道を極めることも
 「通るべき道」ではないかとも考えています。
 
 一つだけ言えるのは世の中に価値を創造するという強い気持ちが自分の中で
 何よりも最優先である今、目標は明確に定まったので、それに向けての回り道で
 あれば喜んでその困難も克服していけると感じております。


◆読者の方々へのメッセージ

 ABSで出会えた多くの方々は最高の宝物です!
 これからも宜しくお願い申し上げます。
 面白い話やブレストなどの機会が御座いましたら是非教えて下さい!

 いつか皆さんとお会いできることを楽しみにしております。
 
 細井保裕

「ABS@NET」コミュニティ情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】「ABS@NET」コミュニティ情報

    ◆12月5日(金)第18回オフ会-ABSアソシエイツ忘年会開催!
      ~講演会『健康を取り巻く環境の変化とビジネスチャンス』◆
              (文章:三山清 ABSアソシエイツ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABS@NETは、ABSアソシエイツが中心となり、そのネットワークをさらに
拡げたり、ABSアソシエイツが持つリソース(知識・人脈・スキル等)
を有効活用することを目的とし、様々な活動を行っています!

その一つとして、オフ会という形で学びと交流のイベントを開催しています。

来る12月5日(金)は年末ということもあり、忘年会を兼ねた企画となります!

ご興味のある方はぜひ、ご参加ください! 

 ●お申し込みはこちらから・・・
 ⇒ https://www.bbt757.com/abs/form/eventForm3.asp?gcd=1020

 ※参加される方は、必ず申込みをお願いします。
  申込みをされないと、お席をご用意できませんので、
  予めご了承ください。

今回は、ABSアソシエイツで、『図解 健康業界ハンドブック』、
『高くても売れる!7つの法則~平成ニューリッチとラグジュアリー
・マーケティング!』の著者、高橋千枝子さんをお招きします。

メタボリックやうつ病をはじめとした健康問題は、企業にとって、
対策を講じることが喫緊の課題として重要なテーマとなっています。
今回の企画では、この問題について、第一線のコンサルタントとして
活躍されている高橋さんに講演していただくことになりました!

【高橋千枝子さんご紹介】

■三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、シニアコンサルタント。
 近畿大学・神戸学院大学客員教授。経営学修士(MBA)。中小企業診断士。
■著書:
 ・『高くても売れる!7つの法則 ~平成ニューリッチと
    ラグジュアリー・マーケティング 』(ダイヤモンド社)
 ・『図解 健康業界ハンドブック』(東洋経済新報社)
 その他、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーターなど。

健康問題。自分は大丈夫、と思っていても、ビジネスリーダーとして
活躍するには、我が身だけを考えるだけではダメかもしれませんね。
新著を出す予定もあるという高橋さんの講演、とても楽しみです!


懇親会では、来年に向けた景気付けとして、多くの方々と交流を
深めたいと思います。

皆様のご参加をお待ちしております!


※参加ご希望の方は、下記URLよりお申込みをお願いします!


 《ABS@NET第18回オフ会概要》

 □日程:12月5日(金)19:30~21:30 受付開始:19:00~
 □場所:ABSセミナールーム
 □参加費:3,000円(懇親会含む、当日会場でお支払い下さい)
  ※終了後、会場にて懇親会を行います。
 □参加資格:ABSアソシエイツ及びそのご紹介者

 ●詳細とお申し込み
 ⇒ https://www.bbt757.com/abs/form/eventForm3.asp?gcd=1020

 ※参加される方は、必ず申込みをお願いします。
  突然のご参加はご遠慮いただきますので、ご了承ください。


 皆様のご参加お待ちしております。 

毎期恒例のABS合宿が11月15・16で開催されます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】毎期恒例のABS合宿が11月15・16で開催されます!
    ~ 今期はABS史上初 女性幹事長の登場です。
             (文章:小野路子 ABS合宿幹事)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お時間のある方は、ぜひ参加してみてください!
 日々の生活からでは得られない「何か」が掴めると思います。
 ※参加はABSの修了生に限ります

はじめまして。
2008年第3期・ABS合宿の幹事を務めさせていただいております、小野路子です。

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
今年も11月15日・16日の日程で合宿を開催することとなりました。
日ごろの疲れをリフレッシュし、楽しい時間と空間をプロデュースすべく、幹事一同、張り切っております。
下記のとおりご案内させていただきますので、ぜひご参加ください。

日程 : 11月15日(土) ~ 11月16日(日)
* 集合は13:00を予定、翌日チェックアウトは11:00

場所 : マホロバマインズ三浦 (http://www.maholova-minds.com)

費用 : 19,800円 (現地までの交通費につきましては各自ご負担ください)
* 11/15(土)宴会(20:30~)より参加・宿泊の場合 : 17,800円
* 11/15(土)宴会まで参加(宿泊なし)の場合 : 10,000円
* その他の参加形態につきましては応相談とさせていただきますのでお問い合わせください。

テーマ : そうはつ - 創発・双発・想発 -

内容 : ワークショップ、宴会、ヨガ体験など
* コンサルティング会社「HRインスティテュート」のチーフコンサルタントを講師にお招きします
 (講師詳細はこちら : http://www.hri-japan.co.jp/corporate/member/tomotaka-moriya.html)

定員 : 先着60名
 (宿の予約状況が60名以上とするのが困難な状況ですのでお早目のお申込をおすすめします)

申込締切 : 第1次締切 10/31(金)、最終締切 11/7(金)

申込方法 : 下記メールフォームに必要事項をご記入のうえ、幹事長・三田裕子までお申込ください。
* 三田裕子連絡先 : sanchos@sf.starcat.ne.jp


 --- 申込メールフォームここから ---

■お名前 :

■携帯電話番号 :

■メールアドレス :

■ご希望・ご質問等 :

--- 申込メールフォームここまで ---


キャンセルについて : 3日前よりキャンセル費用がかかりますのでお早めにご連絡ください。
* 3日前(11/12)より30%
* 前日(11/14)まで50%
* 当日ならびに無連絡の場合100%


参加費お支払方法 : 11/7までに下記口座までお振込をお願いします。
三井住友銀行 麹町支店 普通 8819192 オノミチコ 
(恐れ入りますが振込手数料は各自ご負担ください)
* ご入金確認後、折り返しメールにて入金確認完了のご連絡をさせていただきます。


なお、合宿に先立ちまして、本合宿用のwebサイトを立ち上げております。
企画内容、ならびに会場へのアクセスなどはそちらに詳細を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
幹事ブログは毎日更新の予定としていますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

http://weareattackers2008.web.fc2.com/

なお、お問い合わせにつきましては幹事長・三田裕子(サンダユウコ)までお願いいたします。
メール/sanchos@sf.starcat.ne.jp
携帯/090-9124-8273

素敵な秋の出会いに期待しています。
最後までお読みいただきありがとうございました。


2008年第3期 ABS合宿幹事 小野路子

Template Designed by DW99