FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中谷先生のホームページに!

ABSの高岡です。
今日は皆さんに嬉しいご報告があります!

12月6日のブログに「ビジネス・コミュニケーション講座」終了後の
「中谷先生を囲んでの懇親会」について書かせてもらいましたが、
なんと、中谷先生のホームページの「中谷彰宏レター」第2813号に
そのときの模様を掲載してくださっているんです♪

中谷彰宏さんのホームページはこちら

受講生の方々のことを話題として取り上げていただけるなんて、
事務局として、こんなに嬉しいことはありません。
中谷先生、ありがとうございます!!

厳しい授業なのに、受講生の方が笑顔でいられるのは
中谷先生が受講生と真剣に向き合ってくださっているという
その熱意、情熱を感じ取り、
受講生の方々も本気で講義に臨んでいるからですよね。



さて、来年のことを言うと鬼が笑うといわれそうですが、
1月16日(水)に中谷彰宏さんの法人様向けセミナーが開催されます。

組織の永遠の課題ともいえる人材育成について、
中谷先生がワークショップを交えながらご解説くださいます。

「人を育てるための具体的な7つの方法」 の詳細はこちら


中谷彰宏先生の新刊です。
『なぜあの人は人前で話すのがうまいのか』(ダイヤモンド社)
スポンサーサイト

末吉孝生先生のワークショップセミナー

ABSの高岡です。
先日、ある企業のチームマネージャーとお話しする機会がありました。
その方は部下が自分の思い通りに仕事をしてくれないとか、
部下がどういう方向性(思い)で仕事に取り組んでいるかが理解できないとか、
とにかく「チームをまとめることの難しさ」について語っておられました。

今日、そんな悩みを解消すべく
末吉孝生先生のワークショップセミナー
『ビジネスリーダーのための人生戦略構築術
 -パーソナリティ分析による心理学的構築法―』が開催されました。

ABSの「創造的戦略思考講座」の講師でもある末吉先生は
経営戦略、マーケティングを中心としたコンサルティングだけでなく
経営幹部のコーチングなどにも従事されていて、
『セルフコーチング』『プロジェクトチームのためのチームマネジメント』など、
多数、出版されています。

セミナーでは、まずパーソナリティ分析手法をもとに作られた
30問の簡単な質問に答え、その答えから自分の潜在能力を把握する
というところからはじまりました。

「白黒はっきりしていないと嫌というタイプ」
「こうでなければならない!というタイプ」など5つの因子があり、
どの数値が高いかによって、自分の特性が分かるというもの。

私もそうですが、自分の特性って、なんとなく理解しているぐらいで、
ちゃんと把握できているという方は少ないのではないでしょうか。

リーダー自身が自らの特性を把握し、
さらにチームのメンバーの特性を把握することで、
最大のポテンシャルを発揮できるチームへと導く

ご参加いただいた方は、ぜひ職場などで活用していただければと思います。

このワークショップセミナーはお陰様でご好評をいただいたようです。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!!

08年1期開講講座の末吉先生の「創造的戦略思考講座」でも
パーソナリティ分析手法を解説いただけます。

講座の詳細はこちら


「07年第4期ABS合宿」

ABSの高岡です。
街は、すっかりクリスマスや年末ムードが漂っていますが、
ABSにもクリスマスや年末のような恒例行事がいくつかあるんですよ!

その一つが 「ABS合宿」!!

ビジネススクールで合宿って???
と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も最初は驚きました。というより、ビジネススクールの合宿
というと「スパルタ」というイメージがあって、
朝から晩まで勉強をさせられるのかと思っていました(笑)

実際の合宿では、
各講座で学んだ知識をグループワークで活かす場でもあり、
多くの参加者の方から知識を吸収できる成長の場でもあり、
現役受講生からOBOGまで幅広い人脈作りの場でもあり・・・
スパルタとはかけ離れた楽しい学び&気付きの場なんです!

その恒例行事「ABS合宿」が12月8日(土)~9日(日)に
那須「モンゴリアビレッジ・テンゲル」で行われました。

ここは、その名のとおりモンゴルの住居「ゲル」に宿泊できる異文化体験施設。
今回の合宿でのグループワークのテーマは、
「モンゴリアビレッジ・テンゲルの集客を2倍にする方法」

まずは、経営者である株式会社オオシマフォーラムの武田取締役と
テンゲル支配人の藤村さんから、現状をお聞きすることに。

少しでも良い提案をしたいという参加者の思いから、
お話を聞いていくうちに議論が白熱する場面もありましたが、
参加者22名が5つのグループに分かれてのグループワークとなりました。

グループワークの内容が気になる!結果は?という方もいらっしゃると思いますが、
今回ご提案した内容によって、今後、「モンゴリアビレッジ・テンゲル」で
どのような取り組みをされ、どんな結果が生まれるかというところに
注目していきたいので、内容は参加した人だけのヒミツということで・・・

武田取締役、藤村さん、お忙しい中、お時間を作っていただき
ありがとうございました。お世話になりました。

幹事の皆さん、参加された皆さん、楽しいひと時をありがとうございました!

ゲルは円い空間なので、そこにいる人たちの顔が目に入り自然と会話が弾むんですよね。
お食事もおいしいし、お風呂から眺める夜空もキレイだし、何もかも大満足でした!

そう、星空がとってもキレイなんです!東京では星が見られないので感動しました。

海外へ行かなくても異文化を手軽に体験でき、さらに親睦も深められる
「モンゴリアビレッジ・テンゲル」に、ぜひ行ってみてくださいね!!


※ モンゴリアビレッジ・テンゲルの詳細はこちら

※ 支配人の藤村さんのブログにもABS合宿のことを書いてくださっています。
   藤村さん、ありがとうございます!!

TOTOの木瀬社長のご講演

ABSの高岡です。

こちらのコミュニティーをご覧の方は既にご存知かもしれませんが、
ABSでは、注目を集めている企業から経営者の方をお招きし、
起業のきっかけや、経営の極意などをお話いただく
「経営者講義」というものを行っています。

今日はTOTOの木瀬社長をお招きしての経営者講義が行われ、

「TOTOの経営戦略
~お客様・社会から必要とされる企業であり続けるために~」

という演題でお話してくださいました。

TOTOといえば、皆さんも日ごろお世話になっている
「ウォシュレット」を世に生み出した企業ですが
トイレというものにユニバーサルデザインを取り入れたり、
女性社員の活躍を推進する取り組みをいち早く取り入れたり、
時代の流れとともに変革しながら成長を遂げてきた
歴史ある大企業ですよね。

木瀬社長のお話の中で、私が素敵だなぁと思った取り組みをご紹介します。

その名も   「今月のブレックファースト倶楽部」

木瀬社長と社員の方が朝食を食べながらお話できるというものですが、
通常の会議などとは違い、仕事の話をすることはないということでした。

単独の従業員数だけでも約8000名もの大企業で
社長と会食できるなんて、素晴らしい取り組みですよね。

木瀬社長は国内だけでなく世界各国を飛び回っておられるので、
なかなかお時間がとれないとおっしゃっていましたが、
ご多忙な中でも社員の方とのコミュニケーションを大切にされていることに、
木瀬社長の温かいお人柄とフラットな社風を感じました。

木瀬社長、お忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。


ABSが毎週月曜と水曜に配信しているメルマガでは
経営者講義から一部を抜粋した講義録をお届けしています。
経営戦略に関するお話など、耳寄り情報満載です。

メルマガをご登録の方以外にはお届けしていない内容ですので、
まだご登録でない方は、この機会にご登録くださいね!

ご登録はこちら


今回、ほぼ満席状態で熱気に包まれていた会場を、
さらに熱くさせたのが大前研一塾長の突然の登場でした。

木瀬社長と大前塾長がご挨拶を交わすシーン
見たくても、絶対に見ることができない名シーンです。
この瞬間に立ち会えた方は本当にラッキーです。

こんなサプライズな瞬間がいつ訪れか分からないのも、
テレビや雑誌ではできないようなお話まで語ってくださるのも、
ABSの経営者講義ならでは。

08年に入ってからも経営者講義は行われます。
またセミナーも、ぜひご参加くださいませ!

経営者講義・セミナーのご案内はこちら

中谷先生を囲んでの懇親会

ABSの高岡です。
今、ABSでは07年第4期の講座を開講しているのですが
早いもので、どの講座も全6回の講義の折り返し地点を過ぎ、
いよいよラストスパートに差し掛かってきたという感じです。

ABSで講座を受講されたことのある方はご存知だと思いますが
講義の後に、ほぼ恒例となっているのが受講生の方々での懇親会です。

昨日は中谷彰宏先生の「ビジネス・コミュニケーション講座」の日。
こちらでも講座終了後にも懇親会が行われました。

昨日は、な、なんと!!講師の中谷先生もご出席くださったんですキラキラ(オレンジ)

ABSの1回分の講義時間は3時間。その半分に当たる
約1時間半もの間、先生もご出席くださいました。

懇親会では受講生が中谷先生を囲み、
先生のお話に聞き入っているという場面が多かったのですが、
中谷先生は、これまでの講義で受講生一人ひとりが
話した内容などを詳細まで覚えて下さっていて、
受講生の方の成長ぶりを誉めてくださる場面も・・・

受講生同士でもお互いの成長ぶりを褒めあったり、
懇親会での中谷先生のお話からの新たな気付きを
話し合ったりと、とても和やかな一時となりました。

ある受講生の方によると、
「こんなに長時間、中谷先生が懇親会に
ご出席くださるのは私の知る限り初めて」とのこと。

この場をお借りして、中谷先生、お忙しい中
お時間を作っていただき、ありがとうございました。


実は私も以前、ABSの受講生でした。
ABSでは受講生同士の結束が強く、
幅広い交友関係が築けるところも魅力でしたが
ご多忙にも関わらず、講師の先生が受講生との
交流を大切にしてくださるところに私は感激しました。
今回の懇親会を見ていて、その頃の記憶が蘇ってきました。


現在、講座を受講中の皆さん、
ラストスパートに向けて頑張ってくださいね!

『2007年の年間ベストセラー』

ABSの高岡里果です。

まず、みなさまにお詫びがあります。
長らく、こちらのコミュニティサイトをお休みし、
ご心配をおかけしました。

また新たなテイストでABSでの出来事など・・・・
つれづれと書き綴っていきたいと思います。
ご愛顧のほど、よろしくお願いします!!

ところで、みなさんは普段どんな本を読まれていますか?

今日、書籍取次大手のトーハンから
『2007年の年間ベストセラー』が発表されましたね。

それによると、

第一位は『女性の品格』(坂東眞理子著、PHP研究所)
第二位『ホームレス中学生』(田村裕著、ワニブックス)
第三位『鈍感力』(渡辺淳一著、集英社)だそうです。

「年間ベストセラー」の詳細はこちらより・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071204-00000034-mai-soci

本のタイトルに使われている
「品格」「鈍感力」という言葉。

またユーキャン発表による
2007年流行語大賞にノミネートされた
「ハンカチ王子」「そんなの関係ねぇ」など。

なぜ人々は、その言葉に惹かれ、
2007年の流行につながったのか?

現在開講中の「感性トレンド講座」の講師、黒川伊保子氏は
世界初の語感分析法『サブリミナル・インプレッション導出法』
を開発された語感分析、感性分析の第一人者 キラキラ

黒川先生によると、人が言葉を発するとき、
脳が「気持ちいい」と感じる音があるそうです。

また人の気分というのは目に見えないものですが、
大衆の気分はブレインサイクルと呼ばれる
ある一定のサイクルに基づいて変化しているそうです。

2007年という時代の流行は、ちゃんと、
これらの法則に基づいているんですよ。

そのサイクルが理解できれば、
人々の気分を先読みできるということですね。

詳細をご紹介すると長くなってしまうので
それって、どういうこと?気になる!
と思われている方にお知らせです。

ABSでは毎週月曜と水曜にメルマガを発行しています。

現在開講中の講座から内容を一部を抜粋して
ご紹介していることもあるので、ご登録でない方は、
この機会にぜひ!ご登録はこちら!!

あなたの「2007年のお勧め本ベスト3」は何ですか?

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。